編集  

轟焦凍単語

トドロキショウト

轟焦凍(とどろき しょうと)とは、漫画僕のヒーローアカデミア』の登場人物である。

概要

 

『しっかりしろよ 大人だろ?

CV:梶裕貴 誕生日1月11日 身長176cm 好きなもの:そば(温かくないやつ)

雄英高校1-Aに所属するデククラスメイト八百万と同じく特待生。
個性の影からか、右が白髪・左が赤髪髪色の違い、瞳の色も左右で違うオッド・アイ少年
顔の左側にはの下まで火傷の跡がある。

性格は非常にクール
敵急襲という緊急時にも取り乱すようなことはなく、状況を冷静に分析したり、敵の個性の発動に警して距離をとったりするなど、高校生になったばかりとは思えないほど冷静で的確な判断力を持っている。
ちなみにUSJでは知らないうちに葉隠を凍らせかけていたことを知った時に、『凍らすとこだった』と内心ドキドキしていたので、冷酷なわけではなさそうである。
また、デク勝利宣言をしたり、爆と取っ組み合いのデッドヒートを繰り広げたりもするなど、一番になることに非常に強い執着を持っている。

クラス委員長推薦投票の際、大半のクラスメイトが自分に投票して1票になる中での名前は書かれていなかったが、これは彼が自分ではなく八百万投票していたため。

個性把握テストでは八百万に次いでの2位。 後述する個性が極めて強であることに加えて、判断運動も際立って優れており、エリートいの雄英ヒーロー科の中でも彼の実は頭一つ抜きんでている。
その実クールな性格が相まって時にナチュラルに他者を見下すような言動を見せるが、特に驕っている様子はく、あくまでも彼を客観的に評価した結果を口にしているようである。
事実平和徴」にしてナンバーヒーローであるオールマイトには一置いているようで、彼の本気をの当たりにした時はヒーローを志す一人の少年としてそのと覚悟に圧倒されていた。

オールマイトに次ぐNo.2ヒーロー「エンデヴァー」の実の息子。彼のことは「クソ親父」と呼び険悪しているようだが…

生い立ちについて

ネタバレにつき観覧注意!※

彼のエンデヴァーは非常に上昇志向の強い人間であり、それ故生ける伝説としてNo.1に君臨するオールマイトに異様なほどの対抗心を燃やしていたが、結局彼はオールマイトえることはできなかった。
自身がNo.1になることが出来なかった彼は次なる手として自分の子をNo.1にすることを決め、より強い個性を持たせることだけを的とした「個性婚」(第2,3世代辺りで問題となったもので、現在は前時代的なものとされている)で母親となる人物と結婚した。そうして生まれた「」が焦凍である。

焦凍はオールマイトえるために5歳からスパルタのような特訓を強要されており、それに反対した暴力を受け、焦凍の記憶の中では常に泣いていたと言われるほど辛い思いをしていた。
エンデヴァーへの憎しみは日に日に彼に似ていく焦凍の左側(エンデヴァーの個性を継いだ方)すら醜く感じてしまうほど強くなってゆき、最終的には焦凍に煮え湯をかけるというDVにまで発展している(常に暴力を働いていたわけではなく、状況的な不運が重なっての突発的な行動ではあるが)。
エンデヴァーが焦凍のことを自身の欲求を満たすための具としてしか見ていないこともあり、庭事情がどのようなものであったかは想像に難くない。

このような経緯の上、息子をNo.1ヒーローにしようとする理由が全にエンデヴァーのエゴでしかないため、焦凍は父親クズ呼ばわりするほど拒絶している。そのための個性である燃焼を一切使わずにNo.1になることで彼を全否定しようとしていた。

しかし体育祭の決勝トーナメントデクと対決した際、彼のがむしゃらなまでの行動と発破、そして『君のじゃないか!!』という一言でいつの間にか忘れていたの言葉を思い出す。

『いいのよ、おまえは。血に囚われることなんかない…なりたい自分になっていいんだよ』

この言葉とともに彼がヒーローになりたいと思う本当の理由を思い出した焦凍は、あれほど強く拒んでいたエンデヴァーのことを忘れ、「半冷半燃」のを解放した。

その後、自身の存在がを追い詰めるという想いから入院以降一度も会っていなかった母親に会いに行き、たとえが望んでいなくとも彼女を救け出すことを決めた。そしてとの対話により「何にも捉われずに進むことが母親にとっての幸せであり救いである」と知ったは、左のを含めた”自分の体”で、再び全ヒーローになるを歩み始める。
体育祭編以降はかつての冷たい雰囲気が消え去っており、若干天然が入った素直な性格になっている。
ただしエンデヴァーとの関係は以前よりだいぶマシにはなったものの全に吹っ切れたというわけでもなく、未だへの反発心は彼の心に残り続けている。

現在母親には休日の度に会いに行っている模様。長い間会っていなかったためまだギクシャクした会話になってしまっているが、基本母親にはだだ甘である。を残念がらせたくないという想いからさんヨーグルトを進んで飲んだり、授業参観の録画を渋々了承する姿は非常に微笑ましい。

最終的な的がNo.1ヒーローになること=オールマイトをもえることであったため、そのオールマイトとの繋がりが随所に感じられるデクに強い対抗心を持っていると思われたが、実は彼もオールマイトに憧れていたので、ひょっとしたら嫉妬的な感情もあるのかもしれない。

ちなみにが2人・が1人いるが、彼らはエンデヴァーの理想的な個性ではなかったのか、焦凍と違いスパルタな訓練のない普通の生活を送っている。
長女の美は焦凍に何もしてあげられなかったことを負いに感じ、教職を志した。現在小学校教諭。焦凍の授業参観などは基本美が担当しているようだ。

個性

個性は「半冷半燃(はんれいはんねん)」。右で接したものを凍らせ、左からは灼熱の炎を噴出する。
特に冷凍は建物全体を凍りつかせるほどの範囲、下手に動けば体が崩壊する域まで達する極低温、ワープで飛ばされた直後に多数の敵を一気に行動不にさせられる速効性、組み合ってる人物の片方のみを凍結させられる調整を全て備えている。
体育祭では会場のドームの高さをえる氷柱ができるほどの大氷結を見せた。これにはデク達生徒のみならず、教師や会場に来ていたヒーロー達すら驚愕しており、彼がいかに高校生離れした実を持っているのかを知らしめた。

当初は冷凍としており、燃焼凍結状態を解除する程度にしか使っていないが、どちらのも範囲・温度ともに高校レベルえたものであり、紹介でも〝化け物”と称される程の凄まじく強な個性である。
体育祭以降は炎の個性を解禁しているが、冷凍と違い長い間積極的に使っていなかったせいで細かい出調整が課題となっている。また
合宿を経て氷と炎の同時使用も可となったが、使用時動きが鈍くなるといった欠点もあるためこちらも課題持ち。

冷凍の個性は長時間断続的に使用すると凍傷になるので、燃焼の個性で体温を調節しなければならない。実際冷凍を連続で発動した後は右半身に霜が降りており、身体が震え反応も鈍くなっていた。
燃焼の方のデメリットは、エンデヴァーの個性「ヘルフレイム」が使い過ぎると体に熱がこもって身体が低下する、という内容だったので恐らくそれと同様だと思われる。
冷凍と燃焼の両方を適度に使い分けることで互いのデメリットが打ち消し合い、燃焼も冷凍も使い放題になる。
体育祭編で燃焼を解禁した試合後に、エンデヴァーをして「全上位互換となった」と言わしめたのはこの個性のデメリット解消をしていたのだろう。

非常に強な個性であるが、強すぎる故にその個性にかまけて挙動が大雑把になっているという弱点も摘されている。

ヒーローコスチューム

初期バージョン

コスチュームシンプルカッターシャツにズボン。体温調節用のタクティカルベストに加えて、左半身にはい氷の塊のようなスーツを着ている。左側のい部分にスーツを着ているため、漫画的には全身真っ白状態となる。

冷凍に対応した機ばかりで燃焼に対する機は一切搭載されていない。左側を覆い尽くす外見上からも、父親を徹底的に拒絶していることが伺える。

12巻カバー裏に掲載された初期項は左側がだいぶシンプルになっており、正直今よりもカッコイイデザインだった。

体育祭編後

体育祭編後は新コスチュームを着用。新には”左”の個性を積極的に活用するようになった事に合わせて、冷凍・燃焼両方に対応した機が組み込まれている。詳細は以下の通り。

まとめは「かっこよくなったね」。つか前のがダサすぎただけじゃ…

ちなみにこのコスチュームを担当した人物はデクコスチューム善も務めているため、デザインや材質にちょっとした類似性がある。機会があれば見べてみると面いかもしれない。

僕らのヒーロー解体新書その⑤「炎と氷のカーニバル」轟 焦凍

  • ‘s毛:地毛。
  • ‘s口:割と不躾。
  • ‘s全身:引き締まっている。
  • ‘s足:速い。
  • ‘s火傷:…。

THE・補足

容姿端麗、成績優秀、性格も問題なく庭も裕福というTHE・リア充の権化とも呼べる存在のだが、A組女子たちには「親父がエンデヴァー」の一点のみで恋愛から除外されている(めんどくさそうとか息子に厳しそうとかなんとか)。
実家日本屋だからフローリングは落ち着かないという理由で、寮の部屋を即日和室にリフォームするというビックリの技の持ち。本人く「頑った」とのこと。

体育祭でのデクステイン戦での飯田と、彼と関わった友人二人が立て続けに腕に後遺症を残しており、は自身に関わると腕を壊してしまうハンドクラッシャー的な呪いがあるんじゃないかと悩んでいる。
デク飯田は冗談と受け取り笑い飛ばしたが、当人は割と深刻に考えてたりする(実際小説2巻の合宿中でも気にしていた)。

コミック2巻のおまけで紹介された際は、彼を取り巻く環境明らかにされていなかったので詳しい紹介はされなかった。じゃあ詳細でてから紹介しようよ。
作者く、かっこ悪いところがないように描いているという生イケメン。 
単行本5巻はまさに彼が役と言っていいほどの活躍であり、デクオールマイトを差し置いて初の単独での単行本表を飾っている。
また、第一回人気投票では惜しくも主人公であるデクに敗れたものの2位を獲得。二回でも3位を獲得しており、安定して高い人気を誇っている。

初期設定の段階でほとんどキャラは出来上がっていたが、両親との関係が今よりさらに重い
また、現在とは逆で半身を傷つけたを嫌い、めるキャラとなっていた。しかしは強い者にしか心を開かないので、より強くなり、彼をえるためにヒーローしている…という設定だった。

NARUTO作者岸本は、物語を引っれる魅的なキャラと称賛している。

アニメスタッフの間でも彼の人気は高く、キャストからは「おとど様」の敬称で呼ばれている。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BD%9F%E7%84%A6%E5%87%8D
ページ番号: 5290233 リビジョン番号: 2628582
読み:トドロキショウト
初版作成日: 14/12/02 04:42 ◆ 最終更新日: 18/09/28 16:39
編集内容についての説明/コメント: 個性のデメリットについて
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


轟くん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

轟焦凍について語るスレ

85 : ななしのよっしん :2018/07/28(土) 17:31:04 ID: QisTfIJEpR
炎出しても火傷しない皮膚の癖に100度以上いかない熱湯では火傷するってどういう構造してんだコイツ
86 : ななしのよっしん :2018/08/04(土) 22:17:27 ID: q8ZqUWKATV
だんだん天然キャラになってく。こいつでもち○こって言うんだな
87 : ななしのよっしん :2018/08/25(土) 15:02:02 ID: 4gClP2ITdz
>>85
ドラえもんで言うとこの「フグが自分ので死ぬか!?」でしょ(適当
88 : ななしのよっしん :2018/09/14(金) 22:03:29 ID: p9Sdta9YSE
ストリートファイター3ギル
89 : ななしのよっしん :2018/09/24(月) 05:31:28 ID: aBUOZqp8yv
ってエンデヴァーの特訓いつまで受けてたんだろう
高校の時点で氷と炎の同時使用が不れだったり、大雑把だって言われたりしてるし
母親が入院してからは特訓突っぱねてるんだろうか
もしくは中学か辺りで拒否でもしだしたか
90 : ななしのよっしん :2018/09/24(月) 05:36:35 ID: YiffWe8UGD
顔面やけどした時にはお前のせいだって言ってたし、その時点でストライキしたんじゃない?
91 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 07:01:29 ID: QisTfIJEpR
なんでアレだけ訓練させてたエンデヴァーストライキを許したのか気になったけど妻の件で流石に思うところはあったのかな。
92 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 15:59:44 ID: 9+pUUpX1Ml
アニキ荼毘疑惑とか血液型とかこの子前世に何かしたん?ってレベル庭方面の地雷が多い
93 : ななしのよっしん :2018/10/19(金) 03:38:33 ID: reBdhxYcRa
八百万は4人がかりでくべきだった、あいつは窮地に陥ってからの組み立てが強い」とか知ったような解説かましといて当のヤオヨロは拳タイマンになった時点で勝つの諦めてるのには笑った。個人では負けたがチームは勝ったオチかと思ったら結局0-4の敗だったし
94 : ななしのよっしん :2018/12/03(月) 05:59:26 ID: il0gspoOen
虐待ネタはきついっす
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス