辺境の老騎士単語

ヘンキョウノロウキシ

辺境の老騎士』とは、小説家になろう支援BIS氏が連載していたファンタジー小説である。2012年から投稿が開始され、2014年7月Web完結

2014年3月からはKADOKAWAから書籍版が発売され、2015年7月発売の3巻まで刊行された。書籍版のイラストレーター井一個。

その後2016年9月には『辺境の老騎士 バルド・ローエン』のタイトルで、ヤングマガジンサードにおいて菊石生による漫画版の連載が開始されており、ニコニコ静画 (マンガ)でも第一話と第二話と最新話が開されている。

あらすじ

大陸の辺テルシアに長年使えていた騎士バルド・ローエンはとある事情で職位と財産を返上しに出た。
路を共にするのは老いて一線を退いたスタボロス
気の向くままに世界をめぐり、美味しい食べ物を食べるはのちに大陸中でり継がれる冒険譚の始まりになることを、バルドは考えもしていなかった。

概要

地球とは異なる世界、その一つの大陸舞台に老いた騎士バルドの戦いを描いた冒険活劇小説
バルドの視点から描かれる淡々とした文章は、叙情あふれる異世界風景と気高く誇り高い騎士の姿が描かれている。

世界観や騎士などの設定が非常に精巧に形作られており、指輪物語ロードス島戦記のような世界観を彷彿とさせているのが特徴。
また登場人物との相関関係も複雑で、ストーリー内のいたるところに伏線をしかけ、それを全部回収しているのも見どころの一つである。

なおの最中に登場する多種多様な料理の描写で、読者を強く刺してくる飯テロ小説でもある。書籍化の際に帯などに記された売り文句は「Webで大ヒットグルメ・エピックファンタジー、待望の書籍化!」というものだった。

登場人物

バルド・ローエン
 主人公物語開始時点で五十八歳。
魔獣が溢れる辺クラの守護を担っているテルシアの元筆頭騎士
「人民の騎士」と呼ばれ、四十年もの間、魔獣や賊と戦い続けてきた傑。
近隣の領コエンデラの陰謀で窮地に落ち行ったテルシア危機ぐために退職し、流れの騎士としてへ出た。
Web版のみ、バルドのセリフにはかぎ括弧が付かないという特徴がある。

スタボロス
 仕えていたアイドラからバルドへ送られた
三十一歳とかなりの高齢で、すでに現役から退いている。
は衰えているがバルドの示をきちんと理解し、抜群のコンビネーションを見せる。

ヴェン・ウリ
 「」と恐れられる凄腕の騎士
すさまじい技量を持った技を修めた達人。
コエンデラに雇われ、バルドの前に立ちふさがった。

ジュルチャガ
 「腐あさり」の異名を持った盗賊。
大盗賊と自負し、人懐っこさと嬌を持ったちゃっかり者。
戦うことはないが身軽さと口上手を武器に、あらゆるところに潜り込んではさまざまな情報を集めることで活躍する。

関連静画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BE%BA%E5%A2%83%E3%81%AE%E8%80%81%E9%A8%8E%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

辺境の老騎士

5 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 15:27:56 ID: 8J2SUJEGfR
余所の作品でもその作品に対して3と同じ事いう絶対いるね。 そいつらで盛大に潰し合わないかねぇ
6 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 15:29:52 ID: CGXbKsZa5/
むかーし連載中にWebで途中まで読んだことがあったが、コミック化されとったんか…
7 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 12:48:08 ID: mS9F/s48hV
古き良きファンタジーを思い出す流れの作品だから、時代遅れというか今時のノリが好きな人は合わないだろうとは思う
他にもこういう雰囲気の見かけたことはあるんだけど短編だった
これ漫画絵師も当たり引いてるよね
8 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 00:52:54 ID: HLcghSW0rz
いやー買ってはいるけど静画でも見れるってのはありがたいねぇ
絵師の人もとてもうまく表現できてるし漫画は大当たりだわ
ただ長編作品だから完結まで行くかがとても不安だけどな!
9 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 13:48:34 ID: 66p+f9MsEP
原作web版第一話もその内漫画化してほしいなあ

10 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 15:14:14 ID: Z5EBi8ToXN
個人的に、なろうにおいて最果てのパラディンと並んでまともなファンタジー作品だと思う
11 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 01:10:01 ID: 03VBTcWmRr
おいおい
他のなろうとは違うというから読んでみたが一緒じゃねーか。

読点の多用、淡々と情報を羅列するだけで表現しようともしない文章。

何が違うんだよ何が。
12 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 16:37:48 ID: xzHlX8CPH+
※11
それはなろうじゃなくてラノベ全体に言えること
※3みたいなヤツの言いたい事はそういうんじゃなくて作品の傾向の事だと思うぞ
13 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 16:42:50 ID: Mq3hUhR+i6
他のなろうとは違うと言ういつものなろう
14 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 16:43:24 ID: xzHlX8CPH+
※7
古き良きファンタジーって言うけどラノベに限って言えば昔も今もあんまり変わらんぞ
異世界転生系なら15年前ぐらいからあるし、中二病満載無双ファンタジーならそれこそ30年前から既にある。
古き良きファンタジー作品なんてそもそも存在しない。それっぽいのはせいぜいTRPGRPG明期の同人作品ぐらいなもの。

急上昇ワード