近江鉄道220形単語

オウミテツドウニヒャクニジュウガタ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

近江鉄道220形




 近江鉄道220形とは、近江鉄道通勤電車である。
  
 
 
 
 
 

概要

1991年1996年にかけて、老朽化の進んでいた100形203形と役に立たなかったLE10形を置き換える的で登場。自社の根工場で1年1両のペース新造された。…という事になっているが、実際は床下機器は置き換え形式の100形203形(+131系)、体は体(西武701系)、台近江鉄道200系203形から持ってきたもので、運転台は新規製造し、それらを切断、つなぎあわせたという形になっており、実質上は更新である。なんというリアル鉄道模型

近江鉄道初の冷房電車であり、近江鉄道近代化に貢献した名である。しかし・・・。

魔改造

VVVFインバータ流になった平成の時代に製造された車両ながら、近江鉄道お得意の床下機器を在来から流用した結果、電動機は鉄道戦前に設計したMT15コンプレッサーコアファンから人気のあるAK-3形、制御器は旧ファンにはお染みCS5を装備してしまっている。

つまり、吊り掛け駆動なのである。

しかし、ブレーキHRD電気ブレーキ化されていて、さらに台車空気バネFS40を履いているという近代的な一面もあり、鉄道界の中でも1、2を争うほどの魔改造である。人に限らず、見たで判断してはいけない。

登場の背景

しかし、なぜわざわざこんな博物館級の古い電装品を使い回したのか、という疑問が生じる。西武701系から体を貰ってきたならついでに電装品も持ってくりゃあ良かったのに…と思う方も多いだろう。

端的に言ってしまえば、近江鉄道本線日野間や多賀線のような較的乗客が少ない区間用に1両で走れる車両(近江鉄道ではこのように単行運用可車両を「単」と呼ぶ)が欲しかったのである。しかし西武701系のようなカルダン駆動の車両は2両以上でしか運行出来ないものが多い。それなら、従来の100形203形のような単の機器を流用して自分たちで1両で走れる車両を作ってしまおうじゃないか!という日曜大工のような発想に至った訳である。電装品だって傍から見れば旧の代物かもしれないが、近江鉄道では過去何十年も使ってきた実績があるのだし、特段扱いに困る事もない。

こうして出来上がったのがこの220形である。しかし、旧の電装品を使ってしまったせいで裏側では戦前の旧形電とだいたい同じ性になってしまっているが・・・。

近江鉄道にとって、そんなこと、どうでもよかった 迷列車シリーズより

デザイン

当時の近江鉄道は、湘南顔や500系のような旧スタイル車両が多く、さすがの近江鉄道イメチェンを図ることにした。時はすでに平成である。
220形は、前述したとおりこれまでの近江鉄道車両イメージをひっくり返す形となった。前面は大の運転台を三枚(行き先表示機の部分も含めると計4枚)取り付け、それらのの部分からライト上まで塗装することにより、大きな1枚の運転台に見えるようにし、一体感を持たせた。ライトLE10形のようなコンビネーションランプを採用。これらは時期からして、JR221系の影だろうと思われる。この’’近江顔’’は800系にも受け継がれた。さらに側面は近江鉄道初の両開きドアを導入。これは西武701系由来のもので、が固定式になったのと運転台後ろの戸部が埋められた以外は、内にも面影を残している。冷房装置も架線から直接得た1500Vの電気で稼動する冷房装置を採用し、外観上は近江鉄道イメージを一新できた訳である。

主電動機について

ところで、本系列が鉄道設計のMT15を電動機として装備していることは前述したが、このMT15が戦前製造されたものかどうかは実は怪しいというのも、本系列が装備しているのはMT15の中でも「MT15E」という種類のものだが、鉄道が製造したのは「MT15D」までなのである。ではこの「E」というのは一体どこから来たのか?という疑問が生じるが、実はこれがよく分からないのである。

未確認情報として「MT15Eは戦後西武鉄道が製造したもの」という偽不明の噂があり、仮にこれが本当だとしたら本系列が装備している電動機は戦前ではなく戦後に製造されたものとなる。

これについては情報が不足しており現状では何とも言い難いが、ともかく本系列が装備しているのが戦前設計電動機であるという事は確実である。

各車両ごとの主な特徴

モハ221

1991年製。籍上は203形モハ205からの改造となっている。連結器周りの形状が他とだいぶ異なっており、籍流用元のモハ205のそれに酷似している。それって、もしかして

2006年頃に長らく入れ替えや工臨に使われてきた電気機関車の代わりとして、ジャンパ管増設、抵抗器変更などの改造が施され、ホキなどを引く電気機関車として使用されている。そのため前述のとおり、客運用には入れない。

モハ222(除籍済)

1992年製。籍上は203形モハ203からの改造となっている。方のレオマークがかすれ、さらにヘッドマーク(以下HM)を取り付けるためのが、貫通サイドにあいている。そのほか他べ少し前面形状が異なっており、ライト若干内側に寄っている模様。

2014年3月ダイヤ正(後述)以降運用入りが確認されておらず、彦根駅構内での入れ替えの際は他に牽引されている様子が撃されていたが、実は後述の224と共に除籍されていた事が判明した。除籍日は224と同一と思われる。

モハ223

1993年製。籍上は100形モハ101からの改造となっている。特徴がないのが特徴。かつて、中日新聞ラッピング車両になっていたことがある。

2013年下半期頃に一度故障したものの後述の226の故障により入れ替わりで運用復帰していたが、2014年5月226が復帰して以降は再び隠居状態となってしまい、彦根駅構内での入れ替えの際は222と同じくに牽引されている模様。

モハ224(除籍済)

1994年製。籍上は100形モハ102からの改造となっている。現在びわ環境関連塗装になっており、地元の人々には「電」と呼ばれている。

2013年5月時点で故障(フラッシュオーバー)を起こして本線走行が不可能になり、長らく運用離脱していた。彦根駅構内では自走する姿が度々撃されていたものの、残念ながら2014年3月31日付で除籍されてしまったようである。

モハ225

1995年製。籍上は100形モハ103からの改造となっている。モハ223よりも前に中日新聞ラッピング車両になっていたが、現在伊藤園「お~いお茶」のラッピング車両になっている。

2014年3月ダイヤ正以降、に定期運用で使用されているのはこの車両である。

モハ226

1996年製。籍上は131系モハ132からの改造となっているが、同2001年頃に大半の電装品が残された状態で庫に放置されているのが確認されており、モハ226とどこまで関わっているかは不明。

近江鉄道ラッセル車両代わりにするためスノープロウが取り付けられている。このスノープラウについては「大のスノープロウ」という説明が時折見受けられるが、元はといえばLE10形が装備していた物の流用品であるため別にそこまで大きい訳ではない。またモハ222と同じように、HMを取り付けるためのがあいている。ちなみに形式内で一番モーター駆動音が大きく、また他べて台車若干外側に寄っているなど220形の中でも少し個性的な車両である。

2014年1月時点で故障を起こして運用離脱していたが、同年5月に運行された団体臨時列車への充当をきっかけに稼働可な状態に復元された。その後は貸切列車での運用を中心に活躍しているが、稀に225の代走で定期運用に充当される事もある。

運用

単行車両(単)で小回りがいいことから、老朽化した機関車の代わりとして、客運用以外に入れ替え作業に使われることが多い。

2009年以降は基本的に八日市線には入線せず、電気機関車代用のモハ221以外の5両は専ら多賀線本線の八日以南(一部原まで乗り入れる運用もあった)で活躍していた。しかし、2014年3月ダイヤ正で本系列の運用が大幅に削減され平日は午前中の根・多賀大社線(米原高宮~多賀大社前間)の一運用のみ、土休日に至っては全ての運用が消滅した。2015年3月ダイヤ正ではこの最後の1運用も2両編成に置き換えられる可性があるため、記録はおめに…。

引退

長らく、隠れた名脇役的な存在として活躍を続けてきた本系列だが、1両編成の車両ではさすがにラッシュ時の輸送には耐え切れず、また冷房装置の効きが悪く場はサウナ状態であったため乗客からも次第に嫌われるようになっていった。そのため、西武101系改造2両編成の車両の投入により本系列は置き換えられる事となり、順次運用から離脱していく。2013年6月にはその第一編成である900形901Fがデビューし、故障により運用離脱していたモハ224を実質的に置き換える形となった。更に2014年には上記の通り運用が減し、余剰となっていた222224が前述の通り遂に除籍されてしまった近江鉄道の縁の下の持ちであった単の生き残りである本系列から除籍が出た事は、近江鉄道にとっても一つのピリオドえよう。

今後は900形の後継である100形(2代)の増備とともに222224以外の車両順次運用落ち(≠即解体)していくと思われるが、可性として、機関車代用であるモハ221と、ラッセル代わりであるモハ226は離脱せず、他の車両が順にリタイヤしていくものと思われる。

形式名称について

また、本系列の形式名については現在正式な名称は明確には判明していない2013年までの公式時刻表の形式紹介欄には何と221と記されており(2014年3月の物から220形に修正されている)、この記事での呼び方はあくまでこの記事での名称と受け入れたほうがいい。

とりあえず220221の数字と近江鉄道の字さえそろえておけば意味は通じるはずである。

関連動画


220形について詳しく説明されている。

関連コミュニティ

関連項目

近江鉄道車両引退車両斜体で表記)
車両: LE10形 - 1系・131系 - 100形 - 200系・203形 - 500系 220(今ここ) - 700系 - 800系・820系 - 900系 - 100系(2代)
電気機関車:  - ED31ED4000形 - 

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E9%89%84%E9%81%93220%E5%BD%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

近江鉄道220形

17 佐知太郎
2012/05/01(火) 17:04:05 ID: I27COrGsEt
ところで、近江鉄道コミュニティって需要ありますかね?
18 糸切餅
2012/05/01(火) 18:31:21 ID: MOoDUBnGHY
>>17
さぁどうでしょう?需要が少しでもあるなら、作っておいたほうがいいんじゃないですかね。
あとこれからは佐知太郎さんのユーザー記事で書き込みしてもいいですか?
19 佐知太郎
2012/05/01(火) 18:49:26 ID: I27COrGsEt
>>18 いいですよ。たしかに、220系の話題から全にそれてましたね。
20 ななしのよっしん
2012/05/04(金) 07:57:48 ID: zsYPZ9y/ZZ
記事作成乙。また随分と詳しいな。

…ところで、「吊り掛け駆動」のくだりなんだが、近江鉄道的には問題ないんだろうかね?
いや、問題いから採用したのは判るんだが、保守部品とか大丈夫なんだろうか。
そろそろ生産終了部品とか出てきてもおかしくなさそうなもんだが…。
21 佐知太郎
2012/05/04(金) 08:09:05 ID: I27COrGsEt
>>20 おそらく500系や1系の発生品を予備部品として保管しているものと思われる。
22 ななしのよっしん
2012/05/04(金) 10:53:58 ID: zsYPZ9y/ZZ
>>21
すばやい回答ありがとうございます。てか、本当にい(汗
23 佐知太郎
2012/05/04(金) 13:38:39 ID: I27COrGsEt
>>22
いえいえ
24 佐知太郎
2014/04/04(金) 21:23:48 ID: I27COrGsEt
ながら、Wikipedia先生よりも詳しい記事になってきた気がする。


論これからもどんどん加筆していきますよ?
25 ななしのよっしん
2014/05/10(土) 20:03:36 ID: ciZkb43055
電気機関車っての消しちゃったのか……
26 ななしのよっしん
2017/05/12(金) 01:00:57 ID: 9vUzzyHHUO
厨房の頃場のテスト期間中でこれに乗る羽になってた。本当に地獄だったわあれは...

急上昇ワード

2019/10/19(土)08時更新