近藤喜文単語

コンドウヨシフミ

「近藤喜文」(こんどう よしふみ 1950.3.31 ~ 1998.1.21)とは、劇場用アニメ耳をすませば」の監督であり、日本アニメ界の巨匠高畑勲」と「宮崎駿」が争奪戦を繰り広げたと言われる伝説アニメーターである。

日本というより世界折りのアニメーター鈴木敏夫
「絵のうまい人ならいる。だけどそれを立体的に動かし“感じ”といえるものを出せる人はいなかった」高畑勲

業界関係者からは「近藤喜文(こんどうきぶん)」と呼ばれて親しまれていた。

概要

1950(昭和25)年3月31日生まれ。新潟県出身。

3歳の頃に肺を患った事から身体が丈夫ではなかったが、新聞とはさみを持つと1日中何かを作っていたという少年時代を過ごし、高校生の頃は美術部に所属して毎日スケッチブックを持ち歩いていたと言われ、高校卒業後に上して東京デザインカレッジ・アニメーション科に入り、卒業後は専門学校の講師を務めていた大塚康生のいた「Aプロダクション」に入社し、才を認められてTV第1シリーズの「ルパン三世」等の原画を担当し、劇場用映画パンダコパンダ」では、後にスタジオジブリ作画面を支える事になる「高畑勲」と「宮崎駿」に出会った。

1978年日本アニメーションに移籍し、宮崎駿と共に「未来少年コナン」に参加し、「赤毛アン」ではキャラクターデザインを手掛けた。1980年にはテレコム・アニメーションフィルムに移籍して宮崎駿監督した「名探偵ホームズ」のキャラクターデザインを担当する等、友永和秀と共に活躍した。

 

しかし、体に負担のかかるアニメーション制作作業が、幼少時に肺を患った事から持病としていた自然気胸を悪化させて入院する事になり、テレコム・アニメーションフィルムを離れた。

1987年スタジオジブリに入ると、高畑勲監督作品の

にてキャラクターデザイン作画監督を担当した他、宮崎駿監督作品の、

では作画監督を、

では原画を担当してスタジオジブリの特徴である優しくて暖かみを持ちつつ、時には悲しみも覗かせるキャラクターを生み出し、1995年には、初監督作品で生涯一の監督作ともなった

制作して映画監督デビューした。

1997年には、宮崎駿監督を務めた「金曜ロードショー」の新オープニングでは、作画・演出を担当した。

高畑勲が「火垂るの墓」を、宮崎駿が「となりのトトロ」を同時に制作しようとしていた際には、近藤喜文をどちらのスタッフにするかで争奪戦が繰り広げられ、高畑勲は、近藤喜文さえスタッフに加えられれば残りのスタッフは全て宮崎駿が先に選んで良いと言い切る程で、挟みになった近藤喜文はプロデューサー鈴木敏夫に相談し、

宮ちゃん宮崎駿)は自分で描く事が出来るから

と助言した鈴木敏夫宮崎駿を説得すると、

それなは入院する。腱炎だ

と言って宮崎駿は抵抗を試みたが、夢の中で近藤喜文を殴ってすっきりしたからと言う事で折れ、高畑勲の「火垂るの墓」のスタッフとなり、こうして日本人そして海外まで号泣させる人を量産するアニメに携わる事になった。

しかし、普段から無口で絵を描いている時が一番幸せそうな顔をしていたと言われる近藤喜文にとって、「耳をすませば」で宮崎駿との間で演出面等での衝突を繰り返し、変更を要し続けるといった過酷なアニメーション制作作業は、180cm近い長身ながら痩身小食で、自然気胸を持病に持つ身体に容赦なくダメージを与え、スタジオジブリ映画制作中に何度も入退院を繰り返し、締め切り近くに入院しなければならない状況になると、針治療でごまかして作業を続けたと言われている。

そして「もののけ姫」がヒットを記録していた1997平成9)年の暮れ、自宅で解離性大動脈瘤に倒れた近藤喜文は、病室に届けられた画用に何かを描こうとしていた最中の1998平成10)年1月21日、47歳の若さで帰らぬ人となった。

スタジオジブリの後継者とされていた近藤喜文の死を知った宮崎駿は、「耳をすませば」での自分の過酷な要

自分が終わりを渡してしまったようなもの

っている。

葬儀の出の際には、監督デビュー作品の「耳をすませば」の題歌「カントリーロード」が流れていた。

「後進への影も大きく、彼の死によって日本アニメーションが失ったものは非常に大きい」精二

作品リスト

監督作品

キャラクターデザイン・作画監督

劇場用アニメ作品

TVアニメ作品

その他の関連作品についてはWikipediaの該当項目参照exit 

関連商品




関連コミュニティ

関連項目

関連人物
関連作品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BF%91%E8%97%A4%E5%96%9C%E6%96%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

近藤喜文

23 名無し
2016/11/17(木) 09:51:13 ID: RZeSWIq/EU
スゴイ腕の持ちファンもおおいのにカットをまとめた動画が一つもないからどうやって探せばいいのか悩んでる
24 ななしのよっしん
2017/04/10(月) 05:03:17 ID: QEdh8gGdw1
22
ない
は罪悪感など持ってないよ
爺か婆か知らんけど、気持ち悪く見当違いな感傷を垂れ流すな
25 ななしのよっしん
2017/04/17(月) 14:43:03 ID: K/dnquFZGF
24
爺の方です。
監督がおかしければおかしい程傑作が出来るのが映画業界ですし
罪悪感で作品を作っては欲しくないとは思います
何しろ5倍10倍100倍の100の人ですからね。
って近藤さんの記事で書くことじゃないですね、自重します。
26 ななしのよっしん
2017/05/23(火) 06:52:44 ID: QEdh8gGdw1
25
爺の方でしたか。
正直に仰ってくださればそれでよいのです。失礼致した。拙者氷河期の者です。
監督がおかしければおかしいほど良い映画になるのは共感しかねます。
黒沢・小・スコセッシ・コッポラはお父さんのような監督でしたよ。
でもって役者スタッフに接してた。あとは単純に現場のスタッフを楽しませる才があった。
駿さんはただ人を虐げているだけです。近藤さんは被害者ですよ。
27 ななしのよっしん
2017/10/02(月) 20:10:10 ID: NseyBufeI5
この人失った結果、ジブリではハヤオに匹敵する人材はいなくなってしまったなぁ。
28 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 22:54:03 ID: oPiDnuKjQm
>>26
そこまで宮崎の攻撃だけに特化したコメントもどうかと思うが
ただまあ提携先やシネコンの増加により拡大したマーケティングとは逆立して
自身の作は臨界点を越えてセルフィッシュにらせていった宮崎
立ち上げ以来自分のやりたい方向性以外テコでも動かなかった高畑に代わって
ジブリでも繊細かつ間口の広い作品を高い準で提供できる一の人だったな
29 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 20:29:04 ID: Echk+nlxCn
何故かこの記事でもwikipediaでも記載漏れしてるけど、ゲームの玉物語(1作)のアニメーションムービーは彼の作品じゃなかったっけ。
30 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 21:06:51 ID: oPiDnuKjQm
そちらは近藤勝也氏かと
31 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 01:28:34 ID: 7MhE9ypx/g
これただの過労死案件じゃないのか?w
32 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 23:43:31 ID: aKzMjAKaps
ジブリに殺された被害
でもそのジブリのおかげで名が残った訳でもあるから何とも言えない