速水ヒロ単語

ハヤミヒロ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

速水ヒロとは、プリティーリズム・レインボーライブに登場するキャラクターである。
CV:前野智昭

速水ヒロだけだってことをな!

なお、監督を務める菱田正和オリジナル作品での基本的な方針に、男性メインキャラクターは下の名前をカタカナ女性メインキャラクターは下の名前をひらがなにして表記する、というものがあり、『KING OF PRISM by PrettyRhythm 公式設定資料集』で仮にあてた漢字表記は速水呂となっている。

概要

エリートプリズムスター養成アカデミー『エーデルローズ』に所属するプリズムボーイイメージカラー水色属性セクシーではなく、スター。彼の18話の動画が有名なこともあって視聴者以外への知名度もヤンホモとして高いが、実は結構複雑な事情があったりする。
 
まだメジャーデビュー前ではあるが自身が通う院学園の学園祭では彼を待つファン女の子の列ができていたり、エーデルローズの発表会ではポスター売したりする。そのことからも(特に女の子からの)人気は高いことが伺える。また彼女たちく、容姿だけでなく歌もダンスも最高らしい。
第18話においてDear Crownのステージにてデビューショーを行う。
ファンの中には黄色バラを持った女の子が大勢いる。

以下、監督Twitterより。

ヒロ様のコンサートでは黄色バラ一輪持って行くのが決まりになってます。関係者からの花輪黄色バラで。(業務連絡#prettyrhythmexit

菱田 正和 (@aobajo)exit June 14, 2013exit

黄色薔薇言葉は「嫉妬#prettyrhythmexit

菱田 正和 (@aobajo)exit June 14, 2013exit


性格は、言葉遣いが丁寧かつ相手を気遣うこともあり、紳士的と言える。ベルローズの3人に対しても陰ながら心配し、様々なサポートをしていく。しかし、神浜コウジが関わることになると感情的になりやすく、神浜コウジに対しては彼を見下したような発言をよくする。

悪いことを考えている時によく眼鏡噛む

プリズムショー

第8話「男の勝負はダンスバトル」にて、プリティーリズムシリーズ史上初、男子による3DCGプリズムショープリズムジャンプを披露(2D作画男子プリズムショーはこれまでもあった)。

プリズムジャンプは飲み物を用意した上で、関連動画を参照してほしい。

曲は「BOY MEETS GIRL」で、歌もコウジヒロ・カヅキの3人歌唱バージョンが使われている。

3DCGモデルは、体の一部表現にが入れられている。これを反映して、以降登場するエーデルローズ組(小鳥遊おとは森園わかな蓮城寺べる)の3DCGモデルについても魅を増すための修正が加えられた。




第18話「ヒロ!絶対アイドル・N・G」にて、二度プリズムショー(今回はソロ)を披露。こちらでは初めて男子による着替えバンクを披露している。

こちらも、飲み物を用意した上で、関連動画を参照してほしい。

曲は神浜コウジ作詞作曲(速水ヒロ作詞作曲と発表)の「pride」 ヒロデビュー曲となっている。この時の衣装紫色メインとした衣装であり、紫色神浜コウジイメージカラーとなっている。また、この曲で3連続ジャンプを跳んでいる。

神浜コウジとの関係

神浜コウジに対して、んだ感情を持っており、彼を見下す発言をする一方で、彼に執着する発言や行動を多くしている。その様は多くの視聴者からヤンホモと称されている。

コウジとは共にエーデルローズに所属する親友であったが、ユニットHiro×Kojiのデビュー曲がコウジ作詞作曲にもかかわらず、ヒロ作詞作曲だと発表。コウジヒロを責めるがヒロはエーデルローズが決めたことで、自分はデビューするためにそれに従うだけだと突き放されてしまう。そのことがきっかけで二人の関係が悪化。コウジユニットデビューを辞退、さらにエーデルローズを辞め、プリズムショー作曲からも距離を取るようになった。
 しかし、ヒロコウジの曲を諦めることができず、コウジに執着していく。
 

  •  学園祭の時にコウジ彩瀬なるに曲を作ったことを知り、深く動揺「コウジの曲を…」となるにび寄る。そして、なるに対しても興味を抱く。(第6話)
  • しいなぁ、お前が学園祭に来るなんて…。どういうの吹きまわし?」(第6話) 
  • バカなやつだよ…。と一緒にデビューしていればスターになれたのにバカの上に臆病で…卑怯で…。」(第8話)
  • コウジが曲を引き出したことに深く動揺、歌いだし、「もういい!!」(第8話) ⇔ < 同類)黙れユンス! >
  • 「なるちゃんに見せたいものがあるんだ 」(第10話)
  • 蓮城寺べるの「神浜コウジが持っているものは何でも欲しがる悪い癖。」に対して、「そうかもね。」とメガネ噛む。(第10話)
  • べるの「ヒロ今日何しに来たの?また神浜コウジ?」に対して、「内緒」とぶりっこする。(第12話)
  • 会場ロビーでコウジを待つ>>>>>べるのプリズムショー(第13話)
  • コウジの会場到着に「やっぱり来たか。(歓喜) お待ちしておりました、神浜コウジ様。」とお出迎え。(第13話)
  • はただ教えてあげたかっただけさ…お前の作った歌でけるのはこの世でたった一人、速水ヒロだけだってことをな!!(告白)」(第13話)
  • コウジのはぴなる独唱に、大ダメージを受ける(第13話)
  • なるとコウジの前に敗北を噛みながら悔しがる。(第13話)
  • 「どうしてに歌をくれないんだ!! この速水ヒロが神浜コウジの歌を一番上手く歌えるのに!!」(第13話)
    特に第13話の様子はべるの初プリズムショーやなるの3連続ジャンプよりも、多くの視聴者に衝撃を与えた。

しかし、それだけでは終わらなかった。諦められないヒロは次の手に出ることにする。
コウジ公園ライブ涼野いとコウジに特別な感情を抱いていることに気付いたヒロはいとをにかけることでコウジの曲を手入れることを思いつく。この作戦が功を奏し念願のコウジの曲を手に入れることに成功する。やったね!

以上のことからもわかるようにコウジの曲を手に入れるためには中学生女の子をも気に貶める。

誤解なきように言っておくと、ベルローズの再結成に尽したりとヒロ自身は基本的にそこまで悪人ではない。ただ一点……コウジが絡んでくる場合においてのみ、彼は手段を選ばずハッスルしてしまうのである。

その後

実は彼本人は、長崎天草教会に捨てられ、親しんだそこの人々の事故死で熊本の崎教会に移り、以後もあちこちを転々とした末に結局再度引き取ったものの育児放棄気味の母親・速水ヒロ子[1]CV榎あづさ)が一人の非常に貧しい庭の出身であり、エーデルローズの法皇に見初められてプリズムショー世界に入ったのである(氷室聖と同じく法に引き取られたようだ)。
そこでコウジと出会い、彼の才に気づき友情を深めていくが、エーデルローズトップを駆け抜けていくうちに宰であり、皇の息子でもあった法月仁の言いなりになり、またべるなどと同様心もゆがめていくことになってしまった。

今の地位を続けていくためにどんな手を使ってもデビューに固執するヒロからコウジが離れる一方、ヒロは彼の才を認めていることもあって、デビューして人気を高めていった後も彼にこだわっていく。しかし、31話にてコウジの歌によるカヅキの圧倒的なプリズムショーを見せられ、ついにPRIDEっ二つにされてしまうこととなった。

加えてエーデルローズの地位を高めるために、なるやべるたちの成長に逆行する形でプリズムショー業界をのっとっていく法月仁のやり口に次第に嫌気がさし、彼にべるに慰められた際の写真で脅されるも母親に対する言動でとうとう限界に達する。ついに、45話にてライブで「pride」が法月仁の命による盗作であること(なお、この回の放映日は2014年2月15日という現実においても世間がちょうどとある盗作事件の渦中にあった時期である)などを観衆の前で告白し彼の陰謀をのもとにさらした。

後はコウジとカヅキに任せて自分は責任を負って身を引くつもりであったが、ファン応援にこたえてプリズムショーを行い、最終回コウジ、カヅキとともに「Over The Rainbow」を結成し、以降も活躍を続けているようだ(「pride」に関してもようやく2人のデュオバージョンでのお披露が行えた模様)。

主なプリズムジャンプ

その後

プリティーリズムシリーズの中でレインボーライブ自身が知名度が高いことや、Over The Rainbow、その中でもとりわけの彼の人気から放映終了以降も露出が多く

といった具合である。

KING OF PRISMでのプロフィール

名前 速水ヒロ
学年 高校3年生→大学1年生
誕生日 10月10日
星座 天秤座
血液型 AB
身長 175cm
出身地 東京都新宿区西新宿
利き手 右利き
属性 シャイニング
座右の銘 すのは勝者じゃない。勇者さ!
CV 前野智昭
舞台版演者 江大志

KING OF PRISMでの概要

10月10日生まれ。AB型。右利き。
女性から圧倒的な人気を誇る、絶対アイドル
ヒロファン黄色バラを贈ることが通例になっており、
ライブの度に会場には黄色バラがあふれる。

――『KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE』以前

プリズムキングで、女性から圧倒的な人気を誇る、絶対アイドルヒロファン黄色バラを贈ることが通例になっており、ライブの度に会場には黄色バラがあふれる。プリズムキング獲得後は全デビューするなど活躍の場を世界に広げている。

――『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

Over The Rainbowとしての活動はまさに至福の時であり、コウジと面アイデアを実行したり、カヅキをからかったりする日々はあっという間に過ぎていった。しかし、状況は一変する。法皇の死による法月仁復活とシュワルツローズの結成、およびエーデルローズの凋落によってプリズムショー界の勢が一新されてしまったのである。

それでもエーデルローズの一員として活動を続けるOver The Rainbowであったが、仁によって氷室聖に押し付けられた借の返済のために、コウジは渡して映画音楽制作を行うことになったのである。さらに大和アレクサンダーの襲撃で、カヅキも香賀美タイガの言うようにぬるま湯につかっていたことを自覚し、エーデルローズを抜け再出発を決意する。こうしてOver The Rainbowバラバラになっていく中ヒロはなすすべもなく、変化する状況に対し何もできないままエーデルローズに一人残ったのである。

王位戴冠

※以下ネタバレを含みます↓

さらに悲劇は続く。コウジが作り自身の持ち歌であった「pride」がシュワルツローズに差し押さえされ、如月ルヰの持ち歌にされてしまったのである。それに輪をかけるように、コウジがシュワルツローズに移籍するという聞も、シュワルツローズ側からヒロネガキャンを意図して、たてられたのであった。ヒロは縋り付くようにコウジに直接問いただしに向かうが、コウジからはプリズムショーによって叩きめされ、氷上のプリンスどまりと冷たく突き放されたのであった。

心身ともにズタボロになった彼には、からの仁のを覚まさせてほしいという言葉も届かず、プリズムキングすエーデルローズ生のひとりに選ばれているにもかかわらず姿を見せない日々が続いた。母親との再会と彼女からの後押しでようやく練習に参加するようになったものの、後輩たちにすら追いつけないほどとても使い物にならないありさまで、気持ちだけが回りし続けていた。

しかし、転機は突然訪れる。カヅキ経由でコウジから鷹梁ミナトにある伝言が伝えられる。それは隠し味がリンゴはちみつの、かつてコウジふるまわれたビーフカレーだった。こうしてついに心機一転したヒロブランクを取り戻すかのように練習に励み、そしてプリズムキングカップサンダーストームセッションの時を迎えたのだ。

サンダーストームセッションは、大和アレクサンダー香賀美タイガ一騎打ちによる会場崩壊からの、ヒロと同様に成長を遂げたカヅキによる会場復活プリズムジャンプが飛べなくなっていた一条シン復活劇などまさに大波乱の舞台となっていた。しかも、自身の直前の演者だった如月ルヰは、「pride」を使わずに満点をたたき出したのである。そしてついに出番が訪れたヒロは、ルヰに「pride」を使わなかった理由を問う。彼から返って来たのは自分が今できる最高のショーをしたかったからという答えだった。

ここでヒロはある決心をする。それは涼野いと涼野ユウ姉弟から託された新曲ではなく、仁によって差し押さえられた「pride」を選曲することだった。彼はルヰと同様4連続ジャンプを飛んだだけではなく、プリズムの煌めきによって生み出されたコウジからマントを、カヅキからを、そして彼を祝福したプリズム女神から王冠を授かり、王として君臨。仁によって裏で操られた観客、審員すべてどころか仁すらをもひれ伏せさせる圧倒的なショーを披露する。一方、ヒロは知る由もないが、この時すべてを知り、裏で動いていた十王院カケルによってエーデルローズの借が返済され、「pride」の権利が取り戻されたのである。

こうして仁から「pride」が解放されたことで失格させられる理由がなくなったヒロは、大会の勝者、そしてプライドを取り戻した勇者となり、の王者・プリズムキングとなったのである。

そして曲を作り終えたコウジの帰還もありOver The Rainbowは再び元に戻り、院学園の卒業によって青春に別れを告げ、新たな一歩を踏み出していくのであった。

余談

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *2014年5月10日に行われた『プリティーリズム』アフターパーティーにて表された名前だが、その後『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』に登場した際のクレジットにも表記がなかったため、現在生きている設定かは不明

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E3%83%92%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

速水ヒロ

145 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 09:30:14 ID: 3i2aBLvwKA
ここに書き込んでる人はあまり興味なさそうだが
ヒロ永遠にべるを好きでいそうだと思った監督コメントとか、プライド歌詞あたりみるとべるがほかの男と結婚してもずっと見守ってそう
昨日放送したハリポタ受け過ぎかな?
146 ななしのよっしん
2017/01/01(日) 02:33:53 ID: EZeOR5WwKX
キンプリ1作でただただ状況に流されてただけだった分
2作ではかつて以上の決断を迫られるんだろうか
147 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 00:13:33 ID: /E048v6ude
プリパラとのコラボ企画として
速水ヒロダンプリに召集しよう。
148 ななしのよっしん
2017/06/11(日) 19:43:49 ID: JMSghSCcaT
キンプラヒロ様をもっと好きになってしまいました…
149 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 00:33:39 ID: q7oF143kOr
3DSの宣伝で出た時のらぁらさんの反応が秀逸。
>>sm25130209exit_nicovideo
150 ななしのよっしん
2018/01/29(月) 00:11:37 ID: VrUFCphLmG
なんだかんだでキングクイーンだけどまだヒロ様は自分はべると釣り合わないと思ってそう
151 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 04:26:15 ID: UM2PkqdCEM
プリティーリズム」で動画検索して検索結果を「再生数が多い順」に並べ替えると、再生数トップ3のサムネ全部にヒロ様いて草生える
152 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 21:38:42 ID: UM2PkqdCEM
来週のプリキュアに出てくる新キャラ(男)がすごくヒロ様っぽい。
特に14から22までのシーン
https://www.youtube.com/watch?v=ofi05rWpEGMexit
153 ななしのよっしん
2019/09/29(日) 01:45:07 ID: EZeOR5WwKX
プリティーリズム・レインボーライブリアタイ勢〜2015年くらいまでの後追い勢にとってみれば、
初見時のヤンホモっぷりのインパクトが凄まじかったんだけど(実際この記事もおそらくその勢いで女子キャラを差し置いてっ先に作られたのだろうと思うし)、
キンプリ以降に入ってきた人は、キンプリの憑き物が落ちた状態どころか、
下手するとキンプラ勇者になったのがファーストインプレッションだったりするんだよな

今となってはどっちのイメージヒロ様の基調になってるのだろう?とか考えだしたら、なんか不思議な気分になってくる…
154 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 14:31:01 ID: 7oDYaS2rJY
ヤンホモショーアピール店長中学生並の感想
という鮮デビューだったからなぁ
ネタ要素はpride両断前に集約してる気がするわ
以降は王道カッコいいアイドルになった感じ

 というか初期プリチケ(ワンシーンからしてチョきってる頃?)の時代にスーパーサイリウムコーデ化させてアイドルチャレンジしてるって時点でやばいよな

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック