速記単語

ソッキ

速記(shorthand; stenography)とは、発言などを文字として書き取る技術である。

概要

発言を正確に書き取るには、その話されるスピードに引き離されることなく、同じ程度の速度で記録する必要がある。そのためには、書き取りに要する時間を短縮するのが一番で、頻出する単や表現を略記したり、省略することが最も有効な手段の一つである。速記は、こうした数々の手法を、実用に耐えるレベルの技術体系にまとめ上げたもので、に議事録を記録する用途として発展してきた。

速記は紀元前一世紀のローマが起と言われ、速記法の発明者として知られるのがマルクス・トゥリウス・ティロである。彼はキケロの口述筆記を担当し、議会演説の記録などでその手腕を発揮した。彼はキケロの死後、その遺稿や著作をまとめ、出版していたとされる。
ティロが編み出した速記術は、彼の名をとって「ティロ式速記法(notae Tironiae; Tironian notes)」と呼ばれるようになり、中世において、キリスト教院で使われた。

独自の速記術を考案し、自ら用いていた人物として知られるのがレオナルドダ・ヴィンチで、彼は省略符号を駆使しながら、13,000ページにのぼると言われる、膨大な数の手稿を書き残した。また、彼は左利きであったこともあり、その内容は、全て文字(字形が左右反転した文字)で書かれていた。

速記士

内では、速記技検定という、日本速記協会の検定試験(文部科学省後援)が存在する。

速記技検定には、一級から六級までがあり、六級で分速80字、一級で分速320字の速記がめられる。いずれの級位も高い正確性が必要とされ、六級で96%、二級以上では98%の正確度が合格基準となっている。受験料は六級が2,000円、一級が6,000円。受験資格はなく、下級資格から段階的に受験する必要もない。

受験時の速記方式には定がなく、試験問題の朗読を速記で記録し、それを原稿用に訳したものを提出する(速記符号は審外)。2018年から、パソコンによる速記・反訳も認められている。一級・二級合格者は、それぞれ「一級速記士」、「二級速記士」に認定され、速記士書(免状)・速記士カードの交付を受けることができる。

関連動画

 

関連商品

リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%9F%E8%A8%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

速記

1 ななしのよっしん
2016/09/23(金) 20:38:28 ID: WB7ubnjpE1
簡体字使うのが速記
2 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 12:28:09 ID: lHpHXueJnZ
初心者には「V式速記術」がおすすめ
3 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 08:30:32 ID: 8hoXVikaRv
V式 で "いち" ってどうやって書くんや
途中開ければええんか?
4 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 08:34:09 ID: 8hoXVikaRv
これでええの?
いち
タイトル:いち
Twitterで紹介する

急上昇ワード

2019/10/17(木)09時更新