速読単語

ソクドク

速読(そくどく)とは、テキストなどの文字情報普通より遅く読むことである(ラピッドリーディング、スピードリーディング)。対義は「遅読(ちどく)」(スローリーディング)。

概要

速読(速読術)は読書経験の多くの人が習得したいと思ったことがあるものであり、勉強の苦手な人が「これを身につければ成績がよくなるはず」などと思ってしまったことがあるものであり、できたらいいなと思うスキルの一つである。このページを開いて今この記事を読んでいるあなたも速読に興味があるに違いない。

また、フィクション天才的な頭の持ちであることを表す演出・表現・記号の一つかもしれない。

しかし、他人の速読中の様子を見てもページを高速でめくっているだけにしか見えないし、また、身の回りに速読ができる人がいないのが普通であり、いたとしても速読している場面を見る機会もまずないだろう。

そのため、速読できない人からするとなかなか実態の見えないのも速読の特徴の一つである。

ちなみに、日本人読書速度は分速400~600文字であるという情報ネット上で散見される。あなたの読書は速読だろうか、それとも遅読だろうか。

主な速読法

※速読法または速読要素のある読書法を記載する。

栗田式SRS速読法

内科医・栗田裕による速読法。栗田が「回し体操」をする様子をテレビで見たことがある人も多いだろう。

速読や習得のための訓練の一般的なイメージに大きな影を与えているだろう。

フォトリーディング

神経プログラミングNLP)・加速学習の世界的な権威、アメリカポール・R・シーリィが開発した速読法。言る左だけでなく図や絵を処理する右も使うという、全を使っての読書。経営コンサルタント神田典や評論家勝間和代などが紹介している。

「準備」→「予習」→「フォトリーディング」→「復習」→「活性化」の5つのステップとイギリスの著述トニー・ブザンが提唱する「マインマップ」を使って行う。毎1ページえるスピード写真を撮るようにイメージとしてに取り込む。

多くの人が持つ「ページをそのまま頭の中に取り込む」タイプの速読のイメージに近いだろう。

フォーカス・リーディング

寺田嗣が開発した速読法。

レバレッジ・リーディング

実業本田直之が提唱する、投資としての読書法。

高速大量回転法(KTK法)

都出が開発した速読法。東大卒である都出の経験をもとにした効率的勉強法「高速大量回転法(KTK法)」を読書法に応用したもの。10以上の速読教室講座に合計200万円を費やしてたどり着いた結論から生まれた。

「速読=速読技術×(知識・情報・経験など)ストック」という結論から、「スキルだけでは限界がある」「ストック(知識・情報・経験など)が多い人ほど本を速く読める」と、従来の速読訓練時に見落とされがちだった「ストック」の重要性を強調。そして、速読がまだできない人や読書に苦手意識がある人でもそのストックを効率的に溜められる読書法を提唱している。

ちなみに、著書『声に出して読みたい日本語』や三色ボールペン読書で有名な、教育学者である明治大学教授齋藤孝も読書における本で得た蓄積の大事さに触れている。

※このほかにも速読法はあるので興味がある人はネット検索をしてみるとよいだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%9F%E8%AA%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

速読

4 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 05:55:19 ID: A6ciUwfKUO
https://youtu.be/bjK22rKtThQexit
5 削除しました
削除しました ID: UsKkrvqfgw
削除しました
6 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 21:55:42 ID: H10A+6WX4g
読書速度の計測
http://www.pc-sokudoku.co.jp/books/index.htmlexit
7 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 22:05:26 ID: H10A+6WX4g
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1298059.png.htmlexit
8 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 03:01:23 ID: vLS36yMeme
普段情報を頭に入れてから判断してるのを、入れる前に外から見て判断できるようにする。そうすると、読書スピードが上がるのは論、相手の言ってること全部みにすることもなくなるし、いらない情報は入れる前にゴミ箱にぽいっと捨てることができるようになる。
9 ななしのよっしん
2017/11/10(金) 18:05:59 ID: mC6tAJNK1g
速読不可能斜め読みは有効、と言う研究結果が出たらしい。
結局、難しい本を理解したいならじっくり読むしかない。
10 ななしのよっしん
2017/12/20(水) 01:11:56 ID: RseJLBDkrs
なんか出てたね
実際出来てる人もいるのに不可能なにもって感じだけど
たしかにただの飛ばし読みだったり胡散臭いのもあるにはあるけど研究がどうのなんてすぐにひっくり返ったりするものだしみにするのは良くないかも

ちなみに本をく読めるようになったらたくさん読めて便利と思う人も多いだろうけどこの時間で読めるからとそれ前提で計算しちゃうからか冊数自体は増えないどころか減っちゃったりもする
時間をかけて楽しみたい人は遅読をすればいいしく入れて他に時間を使いたい人は速読一択になる
11 ななしのよっしん
2017/12/25(月) 18:56:27 ID: KvmmXSKQTA
一冊一分とかはわかんないけど10~20分位のレベル速読なら練習すればでも身につく類のもので大したことではないです
なぜ読書速度が遅くなるかというといちいち化しているのが原因で、普通読書速度、一分に1,2ページの人も本屋によくいるブツブツ音読してるおばちゃんもやってることは同じ
黙読にして少しスピードアップしただけです
速読をするにはまず、を使って読むことを練習していきます
頭のなかで適当に悲ひいモノガタァリをぉ~と自分の好きな曲を思い浮かべながら読書することで音化しながら読むことを防ぐことが出来るのでを使って読む感覚がつかみやすいと思います
映像で入れて処理して記憶
速読が身につけばふたごや火などの情報は入れておきたいけど手元には絶対に起きたくないような本も立ち読みでさくっと済ませることが出来非常に便利です
12 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 19:12:04 ID: 59c0SOWRi3
結局速読イコール頭の良さだな
頭が回る程読むのも速くなる
13 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 19:31:19 ID: AfpOcs2bwC
内容が濃すぎる本、中世日本史シリーズとかは速読出来なかったな。一文一文に背景物語ありすぎて、そう言うのを想像したり、整理して頭にいれたり、するのに必死だった。
しかも、一周しただけじゃあ理解しきれなくて、シリーズの別の本よんで、
あ、あそこそうだったんだ、みたいな発見があってようやく理解って感じ。

速読すごい人はそう言う自分にとっては内容が濃い本もすらすら読んで理解してしまうのだろうか?
どうも自分には速読というのがよくわからない

急上昇ワード