逢坂浩司単語

オウサカヒロシ

「逢坂浩司」(おうさひろし 1963.6.202007.9.24)とは、「機動戦士Vガンダム」「機動武闘伝Gガンダム」「機巧奇傳ヒヲウ戦記」「絢爛舞踏祭 ザ・マーズデイブレイク」等の作品でキャラクターデザイン作画監督を手掛けた事で知られるアニメーターであり、川元利浩らと共に「ボンズ」を創設したメンバーの一人である。

就業時間が不規則なアニメーターにはしい「から夕方」まで働く事をきちんと守り、短い時間ですさまじい集中を発揮して大量の仕事をこなしていたと言われている。

概要

1963(昭和38)年6月20日生まれ。大阪府寝屋出身。

高校時代から漫画家あだち充の作品に傾倒し、嵯峨美術短期大学(現:京都嵯峨芸術大学短期大学部)在学中から、谷口守泰ひきいる「アニメアール」にてアニメーターアルバイトを始め、「装甲騎兵ボトムズ」「機甲界ガリアン」等のサンライズ制作アニメ作品に参加した。

アニメアールで頭を現すと、「ビスマルク」にて作画監督デビューを果たし、「ドリームハンター麗夢」「レモンエンジェル」「鎧伝サムライトルーパー」「獣神ライガー」にて作画監督を務めて、沖浦啓之黄瀬和哉らと共に80年代アニメアール黄金期を支えた。

木村貴宏からは師匠として尊敬された。

1991年アニメアールを退社してフリーランスとなると、後に共にボンズを設立する事になる川元利浩キャラクターデザイン作画監督を務めた「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に参加し、ハイレベル作画を見せた実績を買われて「機動戦士Vガンダム」にてキャラクターデザイン作画監督を務める事になった。

アニメアール時代からキャラクターデザイナーの作再現することに定評があり、「蒼き流星SPTレイズナー」では師匠である谷口守泰の画再現し、「鎧伝サムライトルーパー」では塩山紀生の画を、「ドリームハンター麗夢」では同僚の毛利和昭の画再現し、「機動戦士Vガンダム」の後番組の「機動武闘伝Gガンダム」では、自身の作島本和彦デザインを見事にマッチさせ、「機動戦士Vガンダム」と「機動武闘伝Gガンダム」と言うまったく異なるコンセプトガンダムタイトルにおいて、多くの第二期ガンダムファンを虜にした。

※「機動武闘伝Gガンダム」の最終回は、描き直し過ぎにより動画にまでクレジットされており、逢坂浩司の代表作との言えるエピソードとなっている。

天空のエスカフローネ」「カウボーイビバップ」の制作に参加後、川元利浩佐野浩敏と共にボンズを設立し、川元利浩と共に取締役となり、ボンズの記念すべき制作1作となる「機巧奇傳ヒヲウ戦記」では、キャラクターデザイン総作画監督の他、OP/EDや最終回作画監督まで担当し、同作を気に行った逢坂浩司は、インタビューで続編を希望するコメントをだしたり、「保異聞 妖奇士」に「機巧奇傳ヒヲウ戦記」のキャラを登場させたりした。

アニメアールアルバイト時代から仲の良く、大学卒業制作を手伝わせた事もある沖浦啓之が、初監督作品の「人狼制作中に人で不足に陥って困っていたところ、ボンズスタッフを率いて制作に参加し、窮地を救ったと言われている。

絢爛舞踏祭 ザ・マーズデイブレイク」では、キャラクターデザインと共に、「天空のエスカフローネ」以来となるアニメーションディレクターを担当し、絵コンテから作画監督そして原画まで担当した。

しかし「保異聞 妖奇士」を終えた2007年頃より体調を崩し、大阪実家に戻って療養を続けていたが、2007(平成19)年9月24日、最期まで描きたいと鉛筆を握っていた願いもむなしく、ガンの為に44歳と言う若さで帰らぬ人となった。

逢坂浩司の訃報は、全の新聞・インターネットで一斉に報じられ、自作をめったに自賛しない富野由悠季が「機動戦士Vガンダム」において救いだったと言わしめた男の死に、多くのファン追悼コメントを寄せて哀悼の意を示した。 

作品リスト 

キャラクターデザイン・作画監督

アニメーションディレクター・作画監督

ゲーム関連(キャラクターデザイン)

作画監督

その他の関連作品についてはWikipediaの該当項目参照exit 

関連動画





関連商品


関連コミュニティ

関連項目

関連人物
関連作品

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%A2%E5%9D%82%E6%B5%A9%E5%8F%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

逢坂浩司

3 ななしのよっしん
2012/07/19(木) 18:07:55 ID: vrYFid2hFl
獣神ライガー作画には1、2回くらいしか参加できてなかったんですよね。たしかベガルーダ登場の回。トルーパーOVAが動いてて、山さん村瀬さんと一緒にそっちにとりかかってたから。

他人の作再現は確かに上手かっですけど、80年代までは師匠谷口さんのカラーが強かった気がします。ガンダム0083あたりから急にそのが上がった印佐野敏さんの作画とほとんど見分けできないくらいの絵なってましたよね。

重要な回を任されることも多かったですし、あこがれの作画監督のひとりでした。それだけに逝はすごくショックでした;;。
4 ななしのよっしん
2012/07/26(木) 19:02:54 ID: 94Ib5z7hR9
のんさんも実はあるだろ。
てか親子そろってすさまじいなwwwwww
5 ななしのよっしん
2012/09/09(日) 12:12:46 ID: pDCj755XET
堀口悠紀子のパクラーで腐女子ボカロ厨だなんて浮かばれないな
6 ななしのよっしん
2012/10/11(木) 00:19:16 ID: uhrsWDe69A
逢坂望美は関連に入れないのか
7 ななしのよっしん
2013/05/30(木) 01:36:54 ID: FK8JrU3CfU
VガンLDが売れて実は黒字。何やかんや言ってもガンダム続けられる要因になったが、逢坂さんの
キャラデザが大きいと思う。そう言った意味で、実はVだけでなく平成シリーズへの功績は地味に大。

新しいガンダムが発表されるたびにキャラデザ叩きが恒例になってるけど、逢坂さんって凄いなぁと
その度に思う。
8 ななしのよっしん
2014/05/15(木) 11:16:19 ID: wcGh6xlrth
>※「機動武闘伝Gガンダム」の最終回は、~逢坂浩司の代表作との言えるエピソードとなっている。

こちょっと文章おかしい気がします…
「~と言われている」とか、「~とも言われている」とか、「~という評価を受けている(受けやすい)」とか、
「~との」を残すなら「呼びも高い」とか、「~とのも」とか、もう少し何か書き方があると思うのです…

個人的には、
「※特に「機動武闘伝Gガンダム」の最終回は、描き直し過ぎにより動画にまでクレジットされており、そのことは逢坂浩司の代表作と呼ばれる所以のひとつとなっている。」
…くらいが、ある程度まとまっていて、かつ、
「この人の参加作品としてはGガンがかなり重要視されますよ~」みたいな強調にもなるのではないかと思います

もっといい文章があればそのほうが私もうれしいですが、どちらにせよ今のままではなんだか据わりの悪い一文だと思いますので、
このレスを読んだ訂正できる環境の方は、どうぞご一考くださいm(_ _)m
9 ななしのよっしん
2015/07/30(木) 06:23:36 ID: 3pKEPFigC9
「どんな人だったん?」と聞かれる機会があったら「0083カウボーイビバップおっさんの回担当の人」と答えることにしてる

サイキックフォース2012の冊子でもそんな感じのコメントあったな
10 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 02:52:42 ID: hMG8XYVNVa
自分あともうちょいで逢坂さんの年齢になるけど
こんな死になんて嫌だ…
短い人生の中で名を残したんだからすごい人だよね
11 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 05:20:51 ID: wqdZ3tdjNZ
がいること知ってググったら薄い本出しててなんかワロタ
12 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 08:29:10 ID: BJzUwXkKrp
生きていたらボンズのあれやこれに参加していたかと思うと涙が出るな
惜しい人を亡くした

急上昇ワード