編集  

連続テレビ小説単語

レンゾクテレビショウセツ

連続テレビ小説とは、NHKで放送されている長期テレビドラマシリーズの呼称である。通称朝ドラ
 2018年度上半期放送の作品は『半分、い』

概要

本放送 月曜土曜 8:00~8:15   再放送 月曜土曜 12:45~13:00

1961年から50年以上にわたって日曜日を除くほぼ毎放送されており、大河ドラマと共にNHKの二大看とも言うべき、長寿作品である。ちなみに、大河ドラマ第1作「の生涯」は1963年放送のため、連続テレビ小説の方が2年歴史が古い。
また、1回の放送は15分と短いが、半年にわたって放送すると大河ドラマと同じく4クール分に相当する(1961年度の「と私」から1974年度の「鳩子」まで全作、1983年度の「おしん」、1994年度の「春よ、来い」は1年放送のため、8クール)。しかも大河ドラマは1年掛けて放送するため、その二倍の内容を撮影することからハードスケジュールとなる。

初期の作品はタイトルの通り、ドラマよりナレーションが中心となった昭和時代の文が執筆した小説映像化といった意味合いが強く、1963年度の「あかつき1965年度の「たまゆら」ではそれぞれ原作者の武者小路実篤・川端康成モブ役で特別出演している。
現在朝ドラ事実上の原点となったのは、1966年度の「おはなはん」であり、これ以降は戦前戦後を生き抜いた女性の一代記、平成以降では現在を舞台にした若きヒロインとその家族仲間を描くホームドラマが定番となっている。初期の作品以外でも、ごく稀に男性主人公朝ドラもある(1984年度の「ロマンス」「心はいつもラムネ色」、2014年度の「マッサン」など)。

連続テレビ小説ヒロイン主人公)役はオーディションで選ばれた若手女優が演じるケースがほとんどである(最近では、「純情きらり」の宮崎あおい、「ゲゲゲの女房」の松下奈緒など、オーディションしで初めから役に名された場合もある)。朝ドラ演がきっかけとなって現在でも芸界する人は多数にわたり、同じNHK作品でも大河ドラマ女性キャラクターを演じたり、十数年経つと今度はヒロイン母親役や教師や上などヒロインを助ける役柄で朝ドラに戻ってくるパターンも多い。
また、ヒロイン兄弟姉妹や友人・ライバル、さらには人・夫役の若手俳優の出世作となる場合も多く、場合によってはヒロイン役よりも有名になった俳優もいる(「走らんか!」の菅野美穂、「うらら」の仲間由紀恵、「わかば」の崎本大など)。

かつては大河ドラマと同じく、演奏のみのオープニングテーマが多かった。放送されるために明るく爽やかな曲調が多いが、「おしん」のようなシリアスドラマでは暗めの曲になる場合もあった。1992年度後半期の「ひらり」では初めてJ-POP歌手とのタイアップが行われ、現在はむしろ題歌のある朝ドラ流となっている。こちらも担当した歌手が、その年の紅白歌合戦朝ドラ題歌を歌うケースが非常に多い。

1983年度放送の「おしん」第186回で記録した62.9%ビデオリサーチ調べ、関東地区)は放送から30年近く経った現在でも破られていない日本テレビドラマ最高視聴率記録である。後にスリランカインドネシアフィリピン台湾香港ベトナムアフガニスタンシンガポールエジプトイランなど世界66かや地域で放送され世界で最もヒットした日本テレビドラマとまで呼ばれている。

1990年代前半までは全話の均視聴率が30%える定番ドラマであったが、2000年代からは均視聴率が20%を下回るようになった。
これはNHK総合の放送以外にも、BSハイビジョンによって1日に何度も再放送されることや、本来の放送時間帯に見られない視聴者層による録画での視聴、さらにDVDソフト化など視聴方法が多岐にわたるため、朝ドラ離れが進んだとは一概には言えない。
しかし、1962年から長年に渡って固定されていた総合テレビでの放送時間(8:15~8:30)が見直され、2010年より放送時間が15分繰り上がり現在の放送時間となった(これに伴い、直前に放送されている「おはよう日本」は15分短縮)。放送時間移動後第1作となったゲゲゲの女房」はこの影もあり初回の視聴率が低かったが、徐々に人気が上昇して高視聴率を記録する人気作となった。
2012年度放送の「梅ちゃん先生」が再び20%台を回復、2013年度の「あまちゃん」から連続して20台の均視聴率を達成した。

姉妹番組として1969年1972年に「銀河ドラマ」、1972年1989年に「銀河テレビ小説」という『連続テレビ小説』と言うべき連続テレビドラマが存在した。

現在NHK放送センターNHK東京)が上半期(4月9月)の作品の制作担当、
NHK大阪放送局が下半期(10月~翌年3月)の作品の制作担当を分担して受け持っており、
東京制作では東京を舞台にした作品、逆に大阪制作では関西を舞台にした作品を制作する傾向がある。
論例外もある。)

歴代作品

大百科に記事のある作品

作品名 放送年
春よ、来い 1994年10月3日1995年9月30日
ちゅらさん 2001年4月2日2001年9月29日
ゲゲゲの女房 2010年3月29日2010年9月25日
てっぱん 2010年9月27日2011年4月2日
おひさま 2011年4月4日2011年10月1日
カーネーション 2011年10月3日2012年3月31日
梅ちゃん先生 2012年4月2日2012年9月29日
純と愛 2012年10月1日2013年3月30日
あまちゃん 2013年4月1日2013年9月28日
ごちそうさん 2013年9月30日2014年3月29日
花子とアン 2014年3月31日2014年9月27日
マッサン 2014年9月29日2015年3月28日
まれ 2015年3月31日2015年9月26日
あさが来た 2015年9月28日2016年4月2日
べっぴんさん 2016年10月3日2017年4月1日

関連動画

関連商品



関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%B0%8F%E8%AA%AC
ページ番号: 4480936 リビジョン番号: 2600034
読み:レンゾクテレビショウセツ
初版作成日: 10/10/10 11:12 ◆ 最終更新日: 18/06/19 18:26
編集内容についての説明/コメント: 「一般会員記事作成記事編集依頼スレ」>>972より、現在の放送内容に更新しました(一部修正)。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

連続テレビ小説について語るスレ

133 : ななしのよっしん :2018/10/02(火) 17:15:59 ID: 5CL5jKLzwy
>>123
宮崎あおい演の朝ドラ「純情きらり」も同じような感じで後半グダグダになってた
前半はヒロインがピアニストを王道ものなんだけど、
一緒にピアノを勉強していた幼馴染人が出征して
その実家味噌蔵を守るために夢を断念せざるを得なくなる
人は死亡フラグを立てまくりながらも事帰ってきて結婚するんだけど、
肝心のヒロインが結核になって死んでしまうという純と愛並のバッドエンド
こっちも夢を成し遂げられなかったヒロイン物語脚本家プロデューサーが言ってるけど、
朝ドラ視聴者という顧客が本当に必要だったものとは大きくかけ離れてるんだよな・・・純と愛も半分、いも
半分、いでは東日本大震災物語にさほど大きく関わってるわけでもないから、
ユーコを死なせる必要はかったというが大半
震災を中心に扱いながらも全員事でその復を前向きに描いたあまちゃんとは正反対
134 : ななしのよっしん :2018/10/03(水) 02:09:19 ID: uk1L/4tTgY
大納言編中だるみって感じる人結構いるの?
むしろジェットコースターぶりが加速して振り落とされないようにしがみつきながら見るのがめちゃめちゃ楽しかった
あといかにもいびってきそうな三叔母が下品だけどいい人達なのが意外で良かった
メインの期間が一かしかかったのが体ないので全員スピンオフ欲しい位
135 : ななしのよっしん :2018/10/08(月) 08:37:21 ID: OxS7ab9gIl
>>132
その書き方だと純と愛とあまり変わらなくなるが
あらゆる事に対して配慮がないどころか全ケンカを売る姿勢がポイントで、看護師医師教師映画作成関係者・プロスポーツ選手・ラーメン屋・(震災後の)製造業・ガン闘病中の方・ムンプス難聴の方・子育て世帯・東日本大震災親を失った方、少なくともこれらの方をはっきり傷つける描写があった
凄まじく口が悪いのも特徴で、夫に死んでくれと言い放ったのはもはや伝説として、鈴愛以外もつねに配慮のない&年齢に対して不相応の言葉しか喋らないので初期のクレしん以上に子供教育によくない
すごい勢いで適当になって季節感は全に消失し常東京岐阜仙台どこでもドアができたとしか思えず、貧乏と言いながらしょっちゅう外食していた
136 : ななしのよっしん :2018/10/09(火) 22:52:48 ID: K0LsXsJuAy
は「夢を追いかけて頑ったが挫折し、七転八倒しながらもなんとか生きていく」っていうコンセプトは悪くなかったと思う。
ただ、このコンセプトを十分に書けるだけの技量が脚本家にはなかったんじゃないか・・・とは感じた。
なんというか、脚本家が書きたい!と思った各シーン入れてる感じがあるんだけど、シーンシーンの行間というか物事の過程を書くのがあんまり上手い人じゃなかったんじゃないかっていうのがある。それからストーリーの構成が行き当たりばったりというか(特に漫画家編以降が顕著だと感じた)
あとはもう既に言われている通り、各方面への配慮のなさかな・・・。
一言で言うなら脚本が雑。
137 : ななしのよっしん :2018/10/13(土) 20:21:22 ID: MdMpGD+kPh
>>136
>>なんというか、脚本家が書きたい!と思った各シーン入れてる感じがあるんだけど、シーンシーンの行間というか物事の過程を書くのがあんまり上手い人じゃなかったんじゃないかっていうのがある。それからストーリーの構成が行き当たりばったりというか
>>一言で言うなら脚本が雑。
最近これらの問題点が当てはまるアニメドラマ映像作品をよく見るけど何でだろうな。今年の大河もそう、アニメだと〇血とか某炎上問題のあれとか。
138 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 18:45:14 ID: Ndv19J5qFQ
>>122
漫画家やら扇風機やら、人生の方向性があっちこっち行くのはリアルだし良いと思う
ただ、こういうのって脚本書くの難しいんだよね。ドラマ全体のテーマってのはちゃんと決めておかないと何がやりたいのかわからなくなる
半分、いは波乱万丈な恋愛テーマなのかな…?
139 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 23:10:56 ID: cNB9zJ3rZo
>>137
雑というか全体的にだけどテレビ世界観広げるのにフレーバー
特化し過ぎてる感はある、80年代スポンサー掴み得る傾向が
モロにでてる感ある

ましてやスタッフがそういう雑なのを観て自己解釈や後付け評価で
育った世代ってのも言われたな
良くも悪くも時代傾向が一週したともとれるが
140 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 23:13:54 ID: fJYur37JUU
昔のドラマ脚本は雑さがなかったという
141 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 00:23:35 ID: RYpupmnQsD
寧ろ80年代なんて思いで補正やいい所覗いてみたら
大外屈トンチキな作品・超展開ばかりだろとry
まあ今観たら逆に笑えるんだけどね・・・

そういうのに影格化した世代ってのが作り手になった感はあるな
普通王道は三流幼稚のにわかバッドエンドや邪新さを好むのが一流のヲタク
って考えが00年代まで流だったしそれに引き寄せられてるってハリウッド傾向でも言われてたな
142 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 19:59:16 ID: /tDG3kw9Ah
>>131
流し見てただけだけど、序盤の子供時代はそこまで悪くなかった気がする
おかしいと感じるようになったのは漫画家をやめる前後になってから
とにかく「鈴愛可哀想、鈴愛れ」に重きを置くようになった割に、演者自ら「この子とは友達になりたくない」と言い切ってしまうくらい鈴愛の人格がアレ(図々しい上に感情の起伏がしくて、おまけに口も悪い)ってのがね
あとシングルマザー子供をほっぽって男のところで外泊って、ドラマで流すものとしては凄い嫌な絵面だと思うんだ

そして極めつけはラストの震災
ぶっちゃけ優子を死なせることによって「親友を喪って可哀想な鈴愛…でも負けないで!」みたいな展開がやりたかっただけでしょ?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス