編集  

進化単語

シンカ

進化英:evolutionとは、

  1. 生物集団において、個体の性質が世代を経るに従い遺伝的に変化し、結果集団全体の遺伝子頻度が変化すること。生物進化本項で解説。
  2. 転じて、物事が進歩すること。 ex.「携帯電話機の進化
  3. 更に転じて、ゲームなどにおいてキャラクターが成長して別の形態になること。
    さまざまな作品において用いられている表現であるが、現実世界生物学に照らし合わせると進化ではなく変態に近い変化である。こまけぇこたぁいいんだよ!!
    ex.「アグモン 進化アアァァ!」「おめでとう! ピカチュウライチュウにしんかした!」

概要

進化」にわる研究は、チャールズダーウィンの唱えた“自然選択説(※1)を核とする進化論をおおよその下地として、そこに他の理論や分析を加えながら発展し続けている。
※1 より環境に適応した遺伝的形質をもったものが生き残るとする説
進化によって多種多様な生物地球上に出現したとする考えが、現在では広く受け入れられている。

誤解されがちだが、生物学的定義において進化と進歩は同義ではない。器官が鋭敏になったり数が増えたりするばかりが進化ではない。
従って生物学においては「退化」は進化の対義にはならず、むしろ「進化」の一側面として捉えられている。

なお、進化の説明のされかたは書き手によって様々である。
例を挙げると、

生物進化自然界の“デザイナー”によって導かれたものではない。
(中略)
生物進化はいくつかの方法で定義することが可である。ここでは、生物進化生物集団の遺伝的性質が時間と共に変化することと定義することにする。

ケイン生物学(第5刷) 第部「進化」)


生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現である。また、その背景にある遺伝的変化を重視し、個体群内の遺伝子頻度の変化として定義されることもある

Wikipedia - 進化


生物ゲノムが何世代にもわたって変化し、その結果として表れる形質選択を受けて別の種や系統に変化すること。

日本語バイオポータルサイトJabion 用語辞書「進化」

 

厳密さを欠くものの、ごくごく単純な進化モデルは以下のようなものである。

の小さいとある生物Aの集団において、突然変異によりの大きい個体がたまたま生まれる

この大きなは小さいよりも周囲の音が良く聞こえるため生存上有利である
(=の大きい個体は普通の個体とべ、生殖可齢まで成長し子供を作る確率が高い)

突然変異個体が子供を残し、
大きい(≒突然変異により変化した遺伝子配列デカ遺伝子)も次世代に受け継がれる

集団内で世代交代を重ねるうちに、より生き残りやすいの大きい個体が増えていく
(=デカ遺伝子の遺伝子頻度が集団内で上昇する)


·
·
·

数世代を重ねた後、集団全体がの大きい生物Bへと変化する。

このモデルでは個体の性質について明らかな変化(小さな→大きな生存率小→生存率大)を起こす突然変異を例にとったが、実際のところ突然変異(遺伝子の変化)が起こってもそれが自然選択や表現(遺伝子によって発現する個体の形質)に即影を与えるとは限らない。(→中立進化説、遺伝暗号の縮重)

また、進化は必ずしも新種を生じるとは限らない。「進化」といったときに一般にイメージされやすい種レベル以上の大規模な進化は大進化、同種の個体群での遺伝子頻度の変化を小進化(ex.の品種良)として呼び分ける事もある。

関連商品


関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%B2%E5%8C%96
ページ番号: 5226000 リビジョン番号: 2265906
読み:シンカ
初版作成日: 14/05/01 19:44 ◆ 最終更新日: 15/09/25 02:17
編集内容についての説明/コメント: 概要の文章を若干変更。概要後半に背景色追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

進化について語るスレ

74 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 00:10:36 ID: jJS96b5zlY
>>71
ヘッタクソな質問の仕方にタブーになってるとか言う陰謀論的思想、
オマケにウィキペディアにあることさえ調べられない検索……

ここでは一例だけだが、創造論信じ込む人ってまず考える前提からしアレな人ばっかな印だよ
75 : ななしのよっしん :2018/05/05(土) 10:56:47 ID: sb211b3sPH
よくある勘違いが、退化は進化の逆だという誤解。退化は立進化。たとえばクジライルカはせっかく哺乳類になったのに地上生活を放棄して魚類みたいな生活してるけど、それで十分やっていけるので何も問題がない。
モグラがほとんど役立たずだったりするのもそう。
行きていく上で不要なものはない方が余分なエネルギーがかからずにすむ
76 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 00:32:14 ID: A9a4Y0tVDI
現在陸上の大(ネコ科・クマ科・イヌ科)はほぼ全種が絶滅危惧種だが、コイツ絶滅したら次は残った小~中(イタチ科・マングース科・アライグマ科・イヌ科の野キツネ類・イエネコ含む小ネコetc.)あたりが互いに競合しつつ新しく後釜に座るのか?ドゥーガル・ディクソン氏や川崎氏ではないけど。
77 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 00:48:21 ID: SMh9IMP1EI
そうなる可性もあるしならない可性もある
ニッチを埋めるという観点ではニッチに空白が生じた場合そこを他の動物が埋めるということはあり得る
ただそもそも絶滅の原因を考えた場合大のニッチが失われたということだった場合はそもそもそのニッチ自体が生態系の中で不要、不利になったということなので他の動物が現れることはないかも知れない

例えば絶滅の原因が森林の減少とかで餌や生活間が減少したからだよと言った場合、もはやその環境に大の収容がないとういうことになる
78 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 01:26:25 ID: IUeRryrSrP
メソニクスとかみたいに食登場前に大哺乳類は存在したから
人間と言う存在を考慮しなればまた何かとって代わる哺乳類の種は現れるかもしれないし
類自体がまたペルム紀末のような深刻なダメージ受けて
また爬虫類にとってかわられるかもしれない
79 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 04:04:25 ID: A9a4Y0tVDI
ありがとう。その手の本やサイトに影されたから人類後の前提で話してたわ。別に食類とは限らんし、そもそも哺乳類とも限らないんだよね。

食や雑食動物はなんとなく予想しやすいが、食の方は何系が生き残って台頭するか予想しづらいよな。
80 : ななしのよっしん :2018/06/07(木) 19:21:49 ID: Q0cWbLKAhf
>>79
現状繁栄してるウシの中からまた何か出るのが難な予想かな
連中氷期の寒冷化に合わせてウマ押しのけて繁栄してきたし、今後もっぺん氷期来るみたいだし
81 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 08:37:13 ID: A9a4Y0tVDI
そういや、奇蹄類と長鼻類は氷期&偶蹄類に捺されて、人類出現前から衰退期だったんだよな。

でも現生の偶蹄類は小イノシシ類とヤギ類(共に侵略外来種に名を連ねるくらい繁殖も適応も高い)くらいしか生き残れないかも。

いた分の中~大のニッチにはウサギ類やネズミ類も割り込んで来そう。
82 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 06:57:02 ID: sb211b3sPH
とにかく、科学番組で「○○するように進化していった」という表現は誤解しか招かないから本当にやめてほしい
進化とは人間が意図的に品種良してるのでなければ的なものだ。たまたま環境マッチした進化が生き残るに過ぎない。
たとえば、奇形児や障児なんかも誤解を恐れずに言えば進化の姿だ。ただ、環境に適応できないことが多いから障として受け取られるに過ぎない。
々の先祖である類人も、もとは異常発達したり体毛が薄かったりした奇形だった。
83 : ななしのよっしん :2018/11/17(土) 12:52:18 ID: l1uqeMfkJ1
外来の近縁種または畜種との交雑を遺伝子汚染と見なすか、新たな進化の一種と見なすかぐらいは今後変わっていきそうやな。現生人類(ホモサピエンス)だって旧人類(ネアデルタール人やホモエレクトス)との混血なのが判って来たんやし。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス