道教単語

ドウキョウ

道教(どうきょう、ダオジャオ)、とは中国の伝統的な宗教である。

概要

(タオ、ダオ)とも呼ばれ、宗教学上は多教、民族宗教に分類される。

また、「仏教儒教と並ぶ中国の三大宗教」とも称されている。

宇宙の心理、を元にした宗教で、太極とか仙人とか陰陽とかとか易とかは、だいたいこの辺。

狭義では孔子儒教に対し老子・荘子などのが広めた老荘思想をすが、彼らの存在が中国仙思想と結びついて非常にややこしいことになっている(欧では同一のものとして扱われるらしい)。

道教を学ぶ修行者は士と呼ばれる。日本では香港映画での殭屍(キョンシー)使いとして有名。また、道教の寺院に当たる建物をという。仏教寺院べて原色チックでかなり手。

日本には埼玉県坂戸市聖天宮という観がある。その他、日本宗教などにも影を与え、陰陽やにも道教の思想は受け継がれている。

本場中国では文化大革命の際にその他の宗教と同じく批判・弾圧を受け大きく衰退したが、その文革が過ぎ去るとともに徐々に息を吹き返している。

道教が登場する作品

中国の伝統的宗教・思想であるため、東洋系のファンタジーなどで広く見ることができる。

タオ?ダオ?

記事冒頭のよみがなで書いたように、日本語では「オ」と書く・発音されることが多いが、「オ」と書く・発音されることもある。

英語でも同じく、「taoism」「daoism」両方の表記が混在しており発音も「オイズム」「オイズム」両方が使用され、辞書や事典などですら本によって表記が異なる。どちらが正しい表記なのか論争もあると言う。

中国語での正確な発音はどうかと言うと、中国語発音記号であるピンインではdàoと表記し、tàoではない。

じゃあダオなの?

しかし、ピンインの「t」や「d」は「タチツテト」や「ダヂヅデド」の区別を表すものではない。

単に有気音(呼気の量が多い)と気音(呼気の量が少ない)の区別をあらわすもので、有気音がt気音がd、という決まりになっている。これは、中国語では有気音か気音かで意味が異なるため、発音を明確に区別する必要があるからである。

つまりtàoは「大きく空気を送りつつオと発音する」、dàoは「あまり空気を送らずにオと発音する」ということを意味する。

じゃあタオなの?

しかし日本人気音で「オ」と発音しようとしても、つい有気音となってしまいがちだという。すると本来のdàoではなくtàoと発音していることになり、中国人相手に意味が通らなくなる。

逆に「オ」と発音すると気音となるので、こちらの方がdàoとして通じやすいという。また、中国人dàoと発音した場合、日本人には「オ」と聞こえることも多いという。

ダオって発音していいの?タオって発音する記号なんじゃなかったの?

実は現代の中国語(普通話)では有気・気はしっかりと区別するのだが、有音(ダヂヅデドバビブベボやガギグゲゴ)と音(タチツテトパピプペポやカキクケコ)はあまり区別しない。日本人中国人の話す日本語を聴いたとき、「た」「だ」の発音の使い分けが苦手なように感じられるのはこのためである(例:「わし」を「わし」のように発音する、「メ」を「メ」のように発音する、など)。

一応、有音は方言以外ではれており音が基本とされる。だからtàoもdàoも基本的には「オ」と発音する記号のはず……なのだが、聞くほうも区別していないので半分有音のように発音しても通じるという。

区別しないのなら、どっちでもいいんじゃね?

ぶっちゃけどっちでもいいかもしれない。中国人相手に話すときには「オ」と発音した方が通じやすいかも知れない、という程度だろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%81%93%E6%95%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

道教

34 ななしのよっしん
2016/11/07(月) 20:00:49 ID: RiPa1nXpDQ
中国の文化は創作に持って来いだな!
35 ななしのよっしん
2017/03/14(火) 15:39:42 ID: 6aj7q0NnJp
>>28
道教に限らず昔の宗教明日生きられるかもわからない上生まれの賤で運命決まっちゃうような人達のための救いみたいなものだから今の考えと合わないのは仕方ない。
そこをネットで遊んで満足できるなら変に悩まないでいいじゃんって解釈するのが宗教を今に合わせるということ。
36 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 08:02:31 ID: WX5sL/5IFR
>>33
というより現代中日がそれこそ孔子みたいな人間ばかりな状態そのもの
37 ななしのよっしん
2018/01/18(木) 23:09:50 ID: x5qLbnbRlX
>>28みたいなのは極論で、いまの中国道教はこっちでいう神道、というか神社信仰とあまり変わらんよ。
日本神道のように国家神道として統制した歴史がないぶん、神様の系列もバラバラで、おらが村のトップはこっち、みたいにいろいろ分かれてる。
(大体は玉皇大帝トップだけど、かつては元始尊、今は場所によっては関台湾だと媽祖様、みたいな。ゆるい)
38 sage
2018/02/01(木) 02:25:16 ID: dnU9dy3da3
>>28はどちらかと言えば老荘思想であって道教とは言い難い
時代に方術や仙術と呼ばれていた民間信仰が、後漢のころに教団の形を取るようになった(太五斗米道)のが道教の始まり。この時ちょうど中国で広まりつつあった仏教に対抗するため、権威付けのために仏陀に対抗して老子を格化したり、典に対抗して道教の経典を整えたりした。仏教に対抗するあまり、老子が西に行って仏陀になったとかいう説をし始めたこともある。
実際、史記や書に出てくる方術仙思想(例えば徐福)たちは全くと行っていいほど老荘についてっていないし、司馬遷らも彼らをの学者として扱っていない。それどころか当時の老荘思想は法と結びついて老思想となり、非子や竇太后など政治志向の人物が読し政治活用していた感すらある。なので道教は本来別物であるという従来の説がやはり正しいと思う。
39 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 19:57:43 ID: ocYpJFkqz1
>>38のとおり>>28は老荘思想だと思う
まあ確かに老子は>>28みたいなこと言ってたわけだが
歴史的にはこんなに過なやつがいるわけじゃなくて
身を引いた官僚が世俗から離れる程度で老荘思想を実践するくらいだったらしいが
>>28に書かれている考え方は今で言えばヒッピーとかネオラッダイ運動に近いものを感じる
40 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 13:36:45 ID: XAKqi+hjNj
iPhoneを作ったジョブズは元ヒッピーという現実
41 ななしのよっしん
2018/10/12(金) 12:59:16 ID: vEOd7FOhRf
中国古来の土地信仰は、代にいったん迷信とされて皇帝のみを祭とする儒教に統合された後、
三国志でお染みの五斗米道によって道教として復した
そしてと全教に分かれて、オラが土地の神様崇拝を復・統合していったんだよね

神道は、日本各地古来の土地崇拝に対して国家の武仏教理論武装で中央の々にご体を置き換え
アマテラス大神を頂点とする神仏習合中世日本紀にまとめていった

成立の経緯は随分違うけど、要するには村の中心に神社観があってお参りする信仰には変わりない
42 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 02:03:19 ID: dnU9dy3da3
道教を形作った老子と方術は
実は代まではそれぞれ法や儒に接近していたのが面

43 削除しました
削除しました ID: yQfHnQ2mx/
削除しました