遠藤勇次単語

エンドウユウジ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

遠藤勇次とは、福本伸行氏の漫画カイジシリーズに登場する人物である。
CV内田直哉

概要

グループ下「遠藤融」の社長を務める中年男性。悪徳高利貸しのヤクザで、法外の利で債務者からを巻き上げる悪党。1996年に古がこの遠藤融で借し、逃げした事から連帯保人のカイジに借が降りかかった。借を取り立てるため、遠藤カイジを訪れた所から物語が幕を開ける。30万円の借が高利によって約380万に膨れ上がり、返済のため遠藤催の違法ギャンブルを紹介。カイジを、希望の船エスポワールへといざなった。

4ヵ後、船で更に借を増やしてきたカイジに新たなギャンブルを紹介。スターサイドホテルで行われる人間競馬に向かわせた。そしてEカード勝負でカイジ利根川を破り、失脚させる。利根川閥にいた遠藤はその影を受け、メイン仕事から外されて劣悪債務者の確保に追われていた。そして偶然にもカイジと再会を果たし、債務者の彼を捕まえて地下帝国送りにした。

この頃から経営が悪化したのか、遠藤自身もに借をするようになり、自ベンツに持っていかれている。地下帝国送りになるのも時間の問題となっていた遠藤の前に、一時的に外出したカイジが現れる。彼に説得され、カイジ、坂崎、遠藤の三人は裏カジノパチンコ『人食い沼』攻略のため策謀を巡らした。負けた時に備え、高飛び用の資1000万を隠し持っていたが、カイジの説得を受けて貸し付けた。最終的に大勝し、大を獲得。ホテルで約7億円を山分けしたが、ワイン睡眠薬を盛ってカイジと坂崎を眠らせる。実は1000万円を法外な利で貸し付けており、カイジの取り分から1億2785万円を奪取。そのままホテルを後にし、グループに借を返した。まんまと抜き取られたカイジは悔しさのあまり、その場でジタバタするしか出来なかった。

沼編から長らく出番がかったが、24億脱出編で再登場。グループに戻っており、24億円を奪取したカイジマリオチャンの追跡を行う敵役だった。ちなみに再登場した時、「遠藤次」と名前を間違えられている。

実写映画版では

原作同様遠藤融の社長を務めており、カイジ希望の船エスポワールに招待する。……のだが、何故か女性になっており、名前も遠藤凜子になっている(演:天海希)。Eカード編にも介入し、賭けるカイジ1000万円を貸し付けて利根川を倒す一助となった。が、そこは遠藤。大を得たカイジで眠らせ、ちゃっかり利ごとを持ち去っている。その後、社員を捨ててグループから退職した。

ファイナルゲーム』では、の地下カジノに来店。追い詰められていたカイジ一行にヒントを与えたが、またしても大を得たカイジからを奪っている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%8B%87%E6%AC%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

遠藤勇次

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 遠藤勇次についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!