遠野四季単語

トオノシキ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

遠野四季とは、

  1. TYPE-MOON制作ビジュアルノベル月姫」に登場するキャラクターにて説明する
  2. 日本作詞。「アイドルマスター ミリオンライブ!」の楽曲「絶対的Performer」にてデビューした。

概要

元々遠野長男で、秋葉の実。なのでスタッフからの称は「男(ハルオ」である。系図においては「四季」とされているが、作中では「シキ」で通っている。

第18代ロア転生体。表ルートではロアとして、裏ルートでは四季男として扱われている。元々、「表ルートと異なったラスボスにしよう」と言う事で生み出されたのがこの男である、との事。また、ロアと違い特徴的である。これと関連して「ロアどうでもいいキャラなのか・・・?」「どーでもいーっす」という奈須きのこ武内崇のやりとりが「月姫読本」の男の項にあったりする。

代々の血を引く遠野に生まれ、その血が元より濃かった為、幼少の頃からの血が表面化する「反転」の危険に苛まれていた。
それでも幼少の頃は秋葉や志らを連れて一緒に遊びまわっていたようである。

だが物語の8年前に反転な原因はロア覚醒)、秋葉った志を殺してしまう。その後・槙久に殺されるが志の命を共融して生き長らえた(なお志秋葉の命を共融しており、一人分の命で3人が活動している計算になる)。
その後反転衝動が収まるまで地下閉されたのだが、世話をしていた琥珀さんを吹き込んだ遠野に大きな憎悪を抱く事となり、これが様々な事件を巻き起こす事になる。

そのあまりにも哀れなぶりは一部ユーザーの共感を得ることとなった。

コミック版では幼少期の姿が描かれており、幼少の身ながら志の正体を知った上で、自分が反転したら殺してくれるように頼んでいる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%81%A0%E9%87%8E%E5%9B%9B%E5%AD%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

遠野四季

35 ななしのよっしん
2014/06/25(水) 00:07:52 ID: ITNX8Uaute
の反対は
の反対は
ただそれだけのこと。
36 ななしのよっしん
2014/07/27(日) 13:19:49 ID: eeGyBlR/51
どれも全部ロアのせいなんだよな。アレこそマジ吐き気を催す邪悪だし。
37 ななしのよっしん
2014/12/28(日) 05:51:53 ID: W95clVaIIO
メルブラに参戦出来たらロア四季という燃えるカードが実現するのかな。
38 ななしのよっしん
2015/10/16(金) 06:50:13 ID: NDckjrg/BN
漫画版の四季秋葉よりも志への復讐に執着してたな
あくまでアルクルートだから秋葉にばかり構ってるわけにはいかないからなんだろうけど

個人的にロアとは別の人にを当てて欲しいかな
体的には同じでもキャラとしては全に別人だし
39 ななしのよっしん
2016/03/23(水) 00:06:31 ID: TDNmS7ZB/R
wiki見ただけだから良く分からないが、この人の他人の魂を横取りするって結構魔法に近いことしてない?
40 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 00:15:21 ID: yNI2xxJKua
>>37
メルブラ参戦時はぜひ正気モードでして欲しい
カッコ良い四季観たいわあ

>>39
型月における魔術の定義は「その時代の文明の再現できる奇跡」だが、あんなんどうやって再現するんだと思う固有結界ですら(究極ではあるが)魔術扱いであるし、波という電気信号の解析、コピーでイケそうな(トンデモ科学ではあるが)転生はまだ魔術でいいんじゃねーかなと考察してみる
41 削除しました
削除しました ID: cl7eDn5dqC
削除しました
42 削除しました
削除しました ID: cl7eDn5dqC
削除しました
43 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 19:55:46 ID: vMubJJzrU5
もともと血が濃いからほっといてもい内に反転したよね
44 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 14:02:22 ID: vIrqrS9/BX
慎二ですらUBWで生き残ったりファンディスク士郎と仲良くやってたりするだからもう少し報われても良かったような気がするなぁ。もうどうしようもない状態だったのは分かるけどさ…

急上昇ワード改

大百科GPチャンピオンシップ

”王者級”超クオリティ記事はコチラ!

活字中毒 岐阜タンメン Suica Oculus Quest またキテレツじゃねぇか!