編集  

邪馬台国単語

ヤマタイコク

邪馬台国とは弥生時代日本のどこかに存在したである。
様々な説があるがその場所は定かではない。 

概要

当時の日本では文字歴史を記録していないため、この時代の歴史中国歴史書にわずかに登場する日本(倭)の記述のみが頼りとなる。

つまり「三国志」の中の「書」の中の「東夷伝」の中の倭人に関する一節、よく言うところの倭人伝」邪馬台国に関するほぼ一の文献資料である。それによると、
 

の中で長期の内戦があったのち、卑弥呼という女性邪馬台国の王にすることによって争いを収めた。彼女は「」 に長じ、うまく人々の信頼を受けて支配している。夫はいないが、政治を補佐している。

彼女皇帝に使者を送り「親倭王」に任じられ、印を授けられた。

彼女の死後、大きな墓を作り、100人をえる奴隷が殉葬された。男の王が即位したが争いが絶えず、最終的に卑弥呼の一族である壱与という少女を王にすることによって、ようやく争いが収まった。


・・・といった感じである。そのほかにも邪馬台国が近隣の20数カを支配していたこと、その位置や風俗、身分構造などについて書かれている。 

邪馬台国はどこにあったのか?

倭人伝には邪馬台国への程が下記のように記されているのだが、この記述のままに地図をたどると太平洋上に出てしまうため、邪馬台国の位置を特定するには至っていない。また、卑弥呼の墓や印といった物的拠も発見されていないため、様々な人々が自らの思う邪馬台国論を唱えている。

江戸時代後期に新井白石が「大和奈良県)」にあったと説き、後に新井白石が「筑後福岡県)」にあったと説いたのが議論の始まりとされている。そう、発端はコイツである。

その後、本居宣長が「九州襲説」を提唱するなど、今日に至るまで結論の出ない論争が続いている。

な説としては、上記の「近畿説」と「九州説」が有名。しかし、やれ諏訪だ、山梨だ、インドネシアエジプト海底都市竜宮城、と様々な説もある。

魏志倭人伝の記述

  1. 朝鮮半島沿いに航行して、を経て東へ南へ7000里で倭の対、狗邪韓国に至る。
  2. を渡って1000里で対馬
  3. さらに南へを渡って1000里で壱岐
  4. またを渡って1000里で末
  5. 東南へ陸路で500里で邪馬台国従している)
  6. そこからまで東南へ100
  7. 不弥へは東へ100
  8. へは南へ船で20
  9. 邪馬台国へは南へ船で10日、陸路で一か
  10. (その南に狗があり、邪馬台国には従していない。)
  11. 帯方から邪馬台国までの距離12000里
※1里≒80mという説と1里≒400mという説が存在する。

前述の通り、この記述だと太平洋上に到達するため、解釈を加えてどうにか日本国内に到達するように様々な説が唱えられている。

放射読みから先はを起点にする読み方)や、方角を修正(南→東など)などする読み方、古代地図が間違っていたとする説など実に様々。

なぜ場所が問題なのか

ところで、なぜ邪馬台国の場所を特定する必要があるのか。その大きな理由として大和政権の成立に関する問題がある。

仮に近畿邪馬台国があったとすると、3世紀にはすでに近畿北九州を支配する勢があったことになり、この勢大和政権につながったと考えることができる。

一方、九州邪馬台国があったとするならば、日本における統一権の登場はより後の時代になる。
ちなみに邪馬台国大和政権によって滅ぼされた説と邪馬台国が東遷して大和政権へつながった説とがある。 

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD
ページ番号: 4940847 リビジョン番号: 2604769
読み:ヤマタイコク
初版作成日: 12/08/07 19:23 ◆ 最終更新日: 18/07/05 21:33
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「弥生時代」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

邪馬台国について語るスレ

225 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 13:16:27 ID: TtI8VxBfcI
未だ学者の中でも諸説があるならあれこれ付けする漫画家の腕の見せ所だな
邪馬台国題材の有名な漫画なんて手塚治虫作品くらいしかないからチャンスだぞ
矢吹邪馬台国漫画は打ち切られたけど…
226 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 13:25:25 ID: LNekS7+W5d
の推しは星野之宣のヤマタイ

あとは藤原カムイ火とかあるにはある

題材の時点で不利なのか有名な作品は少ないけど
歴史漫画って時点で歴史嫌いが弾かれるんだろうな
227 : ななしのよっしん :2018/10/08(月) 15:17:10 ID: BHDm75X127
人口の見積もり方はどうなんだろうか
西暦200年代で数十万だったのが、600年代には数万のオーダーになってるってのは正しいのだろうか
特に技術革新く、稲の品種良もかった時代に400年で十倍近く増加ってのは
確かに記録から移民やら、耕地の開拓はあったとは思うし
現時点の遺跡準拠の面から考えると、こうなるってのも判らんでもないけど
228 : ななしのよっしん :2018/11/04(日) 20:57:21 ID: U14yqsV2J3
九州説よりだけど、距離方角の記述にいくつか疑問が残ってる。
船で10日・陸行で1月って距離的にはどのくらいだろう? イトからと仮定して、糸あたりから船や歩きでそれだけ南に行けば、北九州からは出てしまうような気もするが。あと、方角的に松浦から糸までは東南よりは北東だよな? 
229 : ななしのよっしん :2018/11/04(日) 21:41:29 ID: U14yqsV2J3
それとも船10日・陸行1月は出発から合計でそれだけかかったと言うことで、イトからではないのか
230 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 02:26:13 ID: +iKV+LPNWd
おそらく糸からだよ
231 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 02:39:17 ID: +iKV+LPNWd
>>227
倭人伝の記述が正しいなら学者たちの見積もりは大きな間違いになるね

九州説をとる場合、九州だけで45万人はいた計算になる
とすると出雲から大和までで100150万人ぐらいだろうから
西暦200年の日本の人口は九州から京都らへんまでで200万人近くになる

ちなみに南朝鮮は15万戸らしいので45万人近くになる
つまり南朝鮮九州の人口はほぼ同じ
232 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 02:51:31 ID: +iKV+LPNWd
聖徳太子伝記に書かれてたらしい
西暦600年の日本の総人口は400万人

当然ここには沖縄 北海道 東北は含まれないだろう
関東が含まれているかは不明

とすると西暦200年から西暦600年までで2倍になった計算になるね
あくまでも九州説をとる場合だけど
233 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 03:08:29 ID: +iKV+LPNWd
まあでも機内と結論付けるだろう
倭人伝が正しいとなると西暦250年近くまで大和朝廷九州にあったことになってしまうし、神武東征はいつ起こったかって話にもなってしまうから
234 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 09:28:23 ID: gTCCmhQIts
>>226
>歴史漫画って時点で歴史嫌いが弾かれるんだろうな
FGOが頑っているし、なろう系中世ファンタジーも強いから、
歴史コンテンツ全体が攻め時だとは思う
古代ロマン漫画が大好物だぜ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス