邪馬台国単語

ヤマタイコク
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

邪馬台国とは弥生時代日本のどこかに存在したである。
様々な説があるがその場所は定かではない。 

概要

当時の日本では文字歴史を記録していないため、この時代の歴史中国歴史書にわずかに登場する日本(倭)の記述のみが頼りとなる。

つまり「三国志」の中の「書」の中の「東夷伝」の中の倭人に関する一節、よく言うところの倭人伝」が邪馬台国に関するほぼ一の文献資料である。それによると、
 

の中で長期の内戦があったのち、卑弥呼という女性を邪馬台国の王にすることによって争いを収めた。彼女は「」 に長じ、うまく人々の信頼を受けて支配している。夫はいないが、政治を補佐している。

彼女皇帝に使者を送り「親倭王」に任じられ、印を授けられた。

彼女の死後、大きな墓を作り、100人をえる奴隷が殉葬された。男の王が即位したが争いが絶えず、最終的に卑弥呼の一族である壱与という少女を王にすることによって、ようやく争いが収まった。


・・・といった感じである。そのほかにも邪馬台国が近隣の20数カを支配していたこと、その位置や風俗、身分構造などについて書かれている。 

邪馬台国はどこにあったのか?

倭人伝には邪馬台国への程が下記のように記されているのだが、この記述のままに地図をたどると太平洋上に出てしまうため、邪馬台国の位置を特定するには至っていない。また、卑弥呼の墓や印といった物的拠も発見されていないため、様々な人々が自らの思う邪馬台国論を唱えている。

江戸時代後期に新井白石が「大和奈良県)」にあったと説き、後に新井白石が「筑後福岡県)」にあったと説いたのが議論の始まりとされている。そう、発端はコイツである。

その後、本居宣長が「九州襲説」を提唱するなど、今日に至るまで結論の出ない論争が続いている。

な説としては、上記の「近畿説」と「九州説」が有名。しかし、やれ諏訪だ、山梨だ、インドネシアエジプト海底都市竜宮城、と様々な説もある。

魏志倭人伝の記述

  1. 朝鮮半島沿いに航行して、を経て東へ南へ7000里で倭の対、狗邪韓国に至る。
  2. を渡って1000里で対馬
  3. さらに南へを渡って1000里で壱岐
  4. またを渡って1000里で末
  5. 東南へ陸路で500里で(邪馬台国に従している)
  6. そこからまで東南へ100
  7. 不弥へは東へ100
  8. へは南へ船で20
  9. 邪馬台国へは南へ船で10日、陸路で一か
  10. (その南に狗があり、邪馬台国には従していない。)
  11. 帯方から邪馬台国までの距離12000里
※1里≒80mという説と1里≒400mという説が存在する。

前述の通り、この記述だと太平洋上に到達するため、解釈を加えてどうにか日本国内に到達するように様々な説が唱えられている。

放射読みから先はを起点にする読み方)や、方角を修正(南→東など)などする読み方、古代地図が間違っていたとする説など実に様々。

なぜ場所が問題なのか

ところで、なぜ邪馬台国の場所を特定する必要があるのか。その大きな理由として大和政権の成立に関する問題がある。

仮に近畿に邪馬台国があったとすると、3世紀にはすでに近畿北九州を支配する勢があったことになり、この勢大和政権につながったと考えることができる。

一方、九州に邪馬台国があったとするならば、日本における統一権の登場はより後の時代になる。
ちなみに邪馬台国が大和政権によって滅ぼされた説と邪馬台国が東遷して大和政権へつながった説とがある。 

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

邪馬台国

246 ななし
2019/11/14(木) 20:27:03 ID: nvzv6G8XJw
個人的な推論や想だけど
九州沿部までしかあまり把握できていなくて、
そこから先はかなりあやふやだったのでないか、という前提で
当時の倭や邪馬台国と呼んでいたものが何か、と考えると

日本列島全体を統治しうる中央政権的な物が成立する前、
現在都道府県くらいの広さ、古くから旧国名など内でと呼ばれている範囲)で独立
群雄割拠していた時代があって、それをおおよそまとめた最大勢大和があった
30くらいの現在都道府県くらいの広さ)を統治下に治めていた

という話と、

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
247 ななしのよっしん
2019/11/14(木) 22:40:48 ID: Ff6PcVVgPK
邪馬台国が後々の大和政権になって、邪馬台国と対立していた狗襲なんだろうなぁと何となく思っていたけど

実は狗の方が後々の大和政権で邪馬台国の方が襲なんじゃないか?
248 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 03:36:07 ID: +iKV+LPNWd
>>245
記述通り読むと太平洋に出るってのは間違った計算式が広まったものらしい
一日8時間歩くことを前提とし1間に何メートルだったかな?
それを一カ歩くことを想定したもの
結果へ突き出てしまうというもの

249 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 03:42:11 ID: +iKV+LPNWd
>>246
個人的な意見としては邪馬台国九州卑弥呼が収めたのは北九州のみ

近畿から九州までが一体化というのはほぼありえないと思ってる

理由は、それだけ大きいならクナたった一に苦戦するのがありえないのと時代の流れが不自然

邪馬台国印を貰う前一回だけ印をもらってる
それは福岡か糸と言われてる
2回印が大和だとすると突然でかくなりすぎ
250 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 03:42:44 ID: HOTc8l3Zty
日本列島が移動したから記述に矛盾が生まれてしまったのだ
ソース飛鳥昭雄氏の書籍
251 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 03:55:07 ID: +iKV+LPNWd
距離に関しては誤差があるけど当時にしてはかなり正確だと思う 
日本人は日数で計算してたみたいだから恐らく中国人が図ったんだろうね どうやって図ったか分からんけど
韓国から対馬まで70
対馬から壱岐まで60
壱岐から松浦まで45㎞らしい
全て1000里と表現されている
その後の間の距離も正確だよ
252 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 03:59:31 ID: +iKV+LPNWd
問題なのはから邪馬台国まで1500里らしいから大和まで届かなくて問題になってる しかも方角は南らしいし

邪馬台国論争は男のロマンだよな
253 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 04:15:17 ID: +iKV+LPNWd
>>247
想像すごいなww
初めて聞いた説だww
名前が入れ替わっとるやんw
まあ話してみ?
254 ななしのよっしん
2019/11/29(金) 21:59:19 ID: 3zcyx+/ZmW
西の親氏王とべて東の親倭王が北九州だけだとクソ雑魚すぎるねぇ
255 ななしのよっしん
2019/12/23(月) 17:49:44 ID: bEQmWTg93y
それにしても瀚って謎ですよね
瀚ってゴビ砂漠とかもそういうらしいですけど
対馬峡を瀚って呼ぶような地域ですか?

急上昇ワード