郭源治単語

カクゲンジ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

郭源治1956年10月5日~)とは、台湾出身の元プロ野球選手である。

現役時代は中日ドラゴンズに所属し、先発・抑えの双方で大活躍をした。
1989年日本帰化したため現在の名前は佳久源治。

概要

OB
郭源治(佳久源治)
基本情報
日本
出身地 台湾台東台東
生年 1956年10月5日
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年
引退 1999年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

台湾の貧しい農家の3男として生まれ、68年には投手外野手としてリトルリーグワールドシリーズ台湾代表・隊に選ばれ、優勝に貢献している。
リトルリーグにて優勝したは本人く「1ヶ王様の様な暮らしをした」が、学校にも裸足で行かねばいけないほどの貧しさだったため、思わずは泣いてしまったという。しかしこの経験がハングリーを呼び覚ます。

81年、のもとに日本球界から誘いが来る。最初はロッテから誘いが来ておりは同僚のと共に入団するつもりだったが、ロッテの後にやってきた中日ロッテ以上に熱心に誘いをかけてきたため、「巨人以外の球団は知らなかった」は自分を高く評価してくれた中日を信頼して中日への入団を決めた。

兵役の関係で開幕には間に合わず7月の来日となり、8月30日大洋戦で6回2失点で初勝利を挙げたが、その後は日本環境になかなか適応することが出来ず、この年はこの1勝に終わっている。
「他の台湾の選手達のためにも自分が失敗するわけにはいかない」と意気込み、球団が用意したマンションではなくチームの合宿所に入り、通訳も断って背水の陣で臨んだだが、さすがに言葉の台湾以上に複雑なサインプレーには悩まされ、何度も孤独感に襲われ台湾に帰ろうかと思ったようだ。

しかし2年82年にのちに夫人となる女性と知り合ったことで徐々に日本に適応していき、シーズンでも先発に定着して9勝を挙げて同年の中日の優勝に貢献。しかし日本シリーズでは初戦でわずか1と3/1回を投げるのみにとどまった。

83年から86年は4年連続で二桁勝利を挙げて先発の一として活躍していたが、87年に星野仙一監督に就任すると、それまで抑えを務めていた牛島和彦落合博満とのトレードで放出したため、星野は抑えに名する。
先発にこだわりがあり、と仲が良かったため抑えの苦労を聞かされていたは当初乗り気ではなかったが、星野から「お前しかいない」と言われると抑えの転向を受け入れた。

しかしシーズンに入るとこの起用がピタリとはまり、先発時の変化球多めの投球から闘志をむき出しにして速球を投げ込むスタイルに転身し、この年98回を投げて4勝3敗26セーブ防御率1.56という成績で最優秀救援投手タイトルを獲得する。
88年は前年以上の試合数・投球回を投げ、優勝決定戦となった10月7日ヤクルト戦では胴上げ投手となっている。
この年は先発登板は一度もいにも関わらず111回を投げて7勝6敗37セーブ防御率1.95という大活躍でMVPに選出された。またこの年記録した44セーブポイント98年に佐々木主浩に破られるまでは日本記録だった。
だが日本シリーズでは第2戦に勝利投手となるも、1勝3敗で追い込まれた第5戦にて延長11回裏にサヨナラ打を打たれている。

89年も引き続き抑えとして活躍するが、90年は故障もあって抑えの座を与田剛に譲り、復帰後は先発として投げている。89年に日本帰化し、本名を「佳久源治」とする。(ただし中日での登録名は郭源治のまま)

91年は先発として13勝を挙げたが、93年は先発・抑えの双方をこなすなど起用法が定まらなかった。
それでも94年には防御率2.45で最優秀防御率タイトルを獲得したが、95年からはけがに苦しみ、96年限りで中日を退団する。
そして翌97年、ナゴヤドームこけら落としとなったオープン戦引退試合として登板し、先頭打者のイチローを打ち取って有終の美を飾った。

文字通りこのまま現役を引退かと思われただが、「半年休んだら怪が治った」とのことで台湾球界にてまさかの現役復帰を果たし、99年には42歳という年齢ながらシドニー五輪台湾代表に選出されアジア予選に登板している。

その後99年のシーズン後に今度こそ現役を引退すると、2001年には日本にて「郭源治 台南担麺」という店を出したが中華プロ野球の首席顧問に就任するため、2013年3月をもって閉店している。

台湾ではアジアシリーズを盛り上げるため日本側に協を要請したり、2013年に恩師の星野仙一が率いる楽天イーグルスアジアシリーズに進出した際は自ら星野らを出迎えるなど積極的に動いたが、 2014年8月29日をもって首席顧問を辞任している。

プレースタイル・エピソード

最速151キロのストレートスライダーシュートシンカーを持ち球とし、先発時代は変化球の割合が多かったが、抑えとなってからはストレートが投球の半分を占めている。
変化球は右打者に対してはスライダーで外を攻め、左打者に対してはシンカーで引っ掛けさせる投球を心掛けた。

もとより優しい性格のためメンタル面で抑えには向かないのではと言われていたが、88年は走者なし時の被打率が.191に対し走者がいるときは.179、また1点差での被打率が.140でそれ以上の点差よりも低いなど、ピンチや緊迫した場面ほどを発揮している。

投球以外にも元々の身体が高かったためか打撃や守備でも好プレーを見せ、885月13日巨人戦では槙原寛己から9回裏にサヨナラ2ランを放っている。

934月27日中日戦では8回まで安打投球を続けていたが、9回に先頭の久慈照嘉に対し捕手中村武志の内直球サインを見間違えてシンカーを投げてしまい、それを安打にされて記録を阻まれた。

通算成績

通算:19年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB(16年) 496 72 17 106 106 116 -- .500 1971 608 1415 795 706 3.22
CPBL(3年) 52 4 0 28 11 0 -- .718 293.1 64 204 113 87 2.67

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%83%AD%E6%BA%90%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

郭源治

1 ななしのよっしん
2015/02/01(日) 21:01:17 ID: KGru391rsf
出身地「台湾県」になってるんだけど……
2 ななしのよっしん
2015/09/06(日) 10:56:35 ID: mjCfv3w3LB
リトルリーグワールドシリーズ(LLWS)で無双していた頃の台湾代表の「隊」って、チームとかじゃなくて実質上オール台湾みたいなチームだったの?
3 ななしのよっしん
2016/02/19(金) 22:42:12 ID: lqF6MwlDO7
はもう泣いています!

急上昇ワード

2019/10/18(金)15時更新