都心単語

トシン

都心(としん)とは、日本国内で用いる都市地理学用であり、都市部における中心部をす。都心部には官ビジネス、繁、歓楽などが形成される。

概要

首都圏の中心地のことを都心と呼ぶと勘違いしている人が多いが、これは全くの誤り。大なり小なり一定の規模以上の都市ならば、都心部は構成され、ある都市地理学の文献では10万人以上の都市なら都心部は作られてると定義している。しかしながら日本では総務省が定める政令指定都市及びそれに準ずる中核以上のレベルでないと呼ばれないことが多い。

要は、その都市が都心と呼んでいるかは、その都市及び都市圏マスタープランなどで呼称されるかどうかってのが現状である。また、それに準ずる地区を副都心と定めている自治体もあり、本記事は副都心やその他の拠点地区についても解説する。

海外地理学ではCBD(central business district)中枢業務地区と呼び、ビジネス焦点に当てているが、日本ではこれに商業地区(いわゆる繁)、官の概念も含んでいる場合がある。

なお、似た言葉にDIDdensely inhabitaed district)人口密集地区があり、これらも都市の実質の規模を計測する標として用いられるが、便宜上、DIDCBDを包含する。

主な都市圏

東京都と首都圏の都心

東京23区

東京23区の特徴は山の手と下町という言葉があるほど、皇居から西側の山の手エリア皇居から東側の下町エリアで、標高差が30メートル近くあり、元々武蔵野の丘陵地帯であったことから起伏がしい。そのために、都市計画は同じく丘陵地帯であったパリを見倣い、JR山手線を軸に、環状に開発拠点が設けられ、それぞれが独自の発展を遂げていったことから、典的な多極構造となっている。なお、このような多極都市としては、世界ではサンパウロ、ジャカルタなどに見られる。

都心

千代田区中央区、そして港区を都心としている。対となるエリア千代田区神田大手町丸の内霞が関、有楽町、内幸町中央区銀座日本橋京橋八丁港区、虎ノ門などであり、これに近年は、間に住宅街を挟むが赤坂六本木を含むことがある。都心部は北は神田須田町から南は新六丁あたりまで連続しており、全長約5キロほどで、東西は約3キロほど。単一の規模としては大阪の都心六区に譲るものの、そのスケールは都内随一である。

日本大企業の半数以上が本社を構えるという一大ビジネスを形成しており、またJR東京駅がある関係から、出張観光客が多いため、近くには高級ホテル立する。また、近年は大手町、浜松町など再開発が著しく、超高層ビル立しており、新宿よりかに本数が多い(その割に、あまり都市の特徴がないためか、マスコミに採り上げられないけど)。商業中心地としては千代田区有楽町、中央区銀座日本橋などが中心となっているが、かつて東の横綱といわれた銀座の規模は縮小し、新宿の半分ほどの大きさとなっている(地価の高騰や再開発で、下町地区がビジネスに様変わりした)。その分、量より質で勝負するようになり、高級ブランドの専門店が集まるようになった。

六本木は元々テレビ朝日が拠点を置いている場所。また、戦後連合軍に接収され、外国人需要の店が増えたことから、飲食が発展していった。近年は銀座エリアに代わり高級バー、キャバレーなどが集まる大人の社交場もとい盛り場としての色が強くなっている。また、芸界ではギロッポンという隠語で、六本木しており、古くからおびで飲食で訪れる場所でもある。そこに加え、近年はIT関連企業の集積も立つようになっており、一大ビジネスを築いている。一方、警察沙汰も相次いでいるため、歌舞伎町と並んでアメリカイギリスオーストラリアから渡航危険地域にも定されているお前らが言うな)

副都心

同様に、東京都新宿渋谷池袋大崎上野浅草錦糸町戸、臨の7箇所を定めている。重視しているのはあくまでビジネスやコンベンションの拠点であったが、商業、文化、飲食などの視点も盛り込まれるようになった。

また、新都心としてさいたま市さいたま新都心千葉市幕張新都心、横浜市みなとみらい21を定めている。だが、これはあくまで東京都から見た首都圏全体に対する呼称であり、それぞれさいたま市千葉市横浜市は独自の都心、副都心策定のガイドラインを立てているので、それぞれ別項で解説する。

その他の拠点

その他東京都都市計画によると、新拠点として品川秋葉原羽田の3ヶ所を制定している。また、交通結節点などにおける商業、福、文化、教育の中心として生活拠点を挙げている。

その他、更にミクロ化した地域交流拠点として都内に50箇所弱の地点を制定している。

だが、不思議なことに町田はどこにも明記されていない(やはり町田神奈…ry)

横浜市

横浜市は大きく分けて、東京都内への通勤的で転入してきた港北エリアと、従来の横浜市エリア、そしてその横浜市への通勤的で発展した港南エリアにわけられる。また、世間では間人口が低く、東京都ベッドタウンだけに思われている節があるが、それが顕著な港北エリアを除けば、間人口の方が多い。

都心

横浜市が都心と定めている地区はJR横浜駅(南幸二丁から高島)からみなとみらい21を挟み、旧である関内エリア、そしてJR新横浜駅周辺の2箇所を定めている。

一見、広大エリアに見えるが、間には住宅街も挟まっており、実際はJR横浜駅周辺と関内エリアは2.5キロほど離れている。また、商業の中心地は高島屋横浜店、そごう横浜店、横浜ルミネなどが立するJR横浜駅前であるが、従来のビジネス中心地は末吉町から中区元町まで至る直線距離で東西3キロ弱のエリアであり、その広さは全地方拠点都市に遜色ない規模である(神戸都心部とほぼ同じぐらい)。

また、横浜市はこれまで東京依存の体制を見直しており、平成15年より都市再生特別地区を制定し、事務所、商業施設、高層住宅の容積率を倍増させている。

副都心

また、副都心と定めているエリアは以下の通りであり、いずれも鉄道バスの拠点となっている。

さいたま市

さいたま市は県都であり、行政・文化の中心地として発展した浦和市と商業・交通の拠点都市て発展した大宮市との対等合併によって誕生したものであり、現在はこれに中間部に位置するさいたま新都心エリアビジネスの拠点を担っているため、事実政治経済、商業が程よく分離された状態にある。

都心

さいたま市では都心を浦和周辺地区と大宮周辺地区(さいたま新都心もこれに含まれる)の2つを核に置いている。特に大宮駅周辺は県内随一の繁であり、かつては上越新幹線東北新幹線の発着拠点であったことから、大いに繁栄した。今日ではその拠点性が失われつつある一方で、高速バスなど埼玉県外と県内を結ぶ拠点として機している。

しかし、大宮エリア東口の宮町四丁~下町一丁浦和エリアは常盤二丁から町七丁と、それぞれ単一の規模としては他地方の中核よりも狭く、間人口の増加による交流人口の増加が今後の大きな課題となっている。

副都心

マスタープランによると副都心と定めているエリアは以下の通り。

千葉市

千葉市東京都心から若干離れており、商業においては郊外化、東京都心へのストローが発生しているなど問題を抱える一方で、職住近接や新産業による都市計画など独自のプランを掲げているなど、間人口は横浜さいたまより高く、約94である。

また、千葉市は都心、副都心、そして東京都が定めている新都心をそのままで呼んでいる。

都心

千葉市JR千葉駅から南東に位置し、JR総武本線JR外房線を挟む栄町~中央四丁に至る1キロ四方のエリアが該当する。

副都心・新都心

千葉市が定める副都心は蘇我のみであり、他都市のように内陸部に拠点を設けたりはしておらず、その代わりに生活拠点という、もっと小さな組みで拠点を設けている。蘇我副都心は元々貨物線のターミナルであり、工業地帯の中心部であった。また、JR内房線JR外房線の分岐点でもあり、自ずと人が集まる地点であることから、商業施設が多数集中するようになっている。

また、有名な幕張新都心JR総武本線幕張から南西、幕張メッセを中心とした若葉~打瀬を経てJR海浜幕張駅に至る地区である幕張町という地名もあるが、そこはまさに漫画の『幕張』さながら、ただの住宅地)。元々一帯は作地帯、そしてノリ養殖が盛んな漁村集落でもあったが、1960年代中頃から部分は埋め立てられ、広大な敷地を都市化する計画が始まり、ベッドタウン化が始まるとともに当時内最大の際コンベンションセターであった幕張メッセの開業に伴い、ホテル大企業本社などが集まるようになっている。

京阪神

大阪市

大阪市は元々は坦な砂地であり、の都と呼ばれるほど数のがあり、一部が埋め立てられ、坦な地形が作られた。そのため、多極分散東京特別区とは異なり、都心は単一核で面的に拡がっており、北は梅田、南は恵美須町まで約5キロ、西は土佐から東は町まで約4キロにり連続しており、単一のCBD面積としては内最大となっている(CBD面積だけで岡山市DID面積に匹敵するといえば、どれだけ広いかおわかりいただけるだろう)。

なお、CBD全体の面積で鑑みると、東京大阪率は7:5ぐらいであり、その5にあたる部分がほぼ一地区に固まっていることからも、多極分散東京とは明らかに異なる都市構造であることがわかる。

都心

都心と定めているのは北区中央区西区福島区、浪速区天王寺区であり、これを都心6区と呼んでいる(天王寺区天王寺倍野エリアは少し離れているために副都心として扱う)。

その中でJR大阪駅私鉄梅田駅と同じ場所)界、北は中津から南は中之、西は堂、東は曽根崎までの一帯をキタと呼ぶ。古くからの中心であった本町、淀屋橋などに対し、新の都心地区であり、近年の再開発と高層ビル規制緩和のために、急速に超高層ビルの建設ラッシュが相次ぎ、一帯は1キロ四方に60本に及ぶ超高層ビル立する、密度日本一の密集地帯となっている。また、商業拠点としても発展しており、阪急うめだ本店大丸梅田店、阪神百貨店うめだ本店ヨドバシマルチメディア梅田、ルクア大阪などの百貨店、専門店、ファッションビル立しており、その商業規模はミナミを席巻するまでになった。繁としても内で2番めに広く、堂山町や曽根崎一帯は歓楽としても有名。

なお、近くに伊丹空港がある関係で、超高層ビルの上限は190mと決まっており、その関係でビルの高さがって見えることで、スカイラインに優れた都市観となっている。

中之エリアは、かつて梅田と北を隔てていたが、近年の再開発は覚ましく、超高層ビル立し、キタからミナミまで一続きとなる内最大の巨大都心部が誕生するきっかけとなった。一帯は高級ホテルが多いことで知られる。中之エリアを南下するとかつて住友村と呼ばれた淀屋橋・北エリア、そこから南下し商社が多い本町エリアがあり、大阪府内随一のビジネスとなっている。

そこから心斎橋に入り、日本橋あたりまでがミナミと呼ばれる、世界最大級の繁があるエリアとなっており、この一帯までCBDが連続している。この一帯は実質上の本店である高島屋なんば店、大丸心斎橋店、などを軸に数のファッションビルや専門店があり、また心斎橋商店内で最も通行量の多いアーケードとなっており、観光客が多く訪れる。その南側、かつて大阪球場があり、住宅展示場となっていた辺りは再開発が進んでおり、なんばパークス辺りも多くの買い物客で賑わうようになった。

副都心

大阪市は巨大な単一核を持っているのに対し、マスタープラン副都心を設定していなく地理学者や有識者など外部が、めいめいそう呼んでいるのが現状である。挙げられる地区として以下のものがある。

京都市

京都市観条例によって高い建物を建てられないために、横に地が広がった。そのため、都心部の面積広大であり、CBDの規模は札幌市レベルである。JR京都駅から北側に地が展開している。

都心

四条烏丸河原町御池、烏丸七条四条河原町三条河原町、園を含み、東西約3キロ、南北は丸太烏丸からJR京都駅まで約4キロ弱に及ぶエリアが該当する。商業施設は四条烏丸から四条河原町に至る一帯と三条河原町から四条河原町に至る南北の通り一帯に集中し、内随一の繁となっている。また、JR京都駅北側から七条烏丸に至る一帯もJR京都伊勢丹を中心に第二の繁となっている。

副都心

二条などと挙げているサイトがあるが、京都市都市計画マスタープランには副都心や地域拠点の存在について何も明言されていない

神戸市

神戸市は北に六甲山地、南に瀬戸内が迫っているため、南北の都市間は短く、東西に都市が発展している都市である。そして京都市較するとCBD面積はそこまで広くはないが、超高層ビルが集積するなど、密度が高い。R神戸駅からJR三宮駅に至る東西約2.5キロ界が都心部となっており、周囲にはビジネス、商業ビルが立するほか、元町地区など歴史的、文化的価値の高い瀟洒建築も見られる。

都心

神戸市マスタープランでは三宮地区のみを都心部としている。この一帯はビジネス、商業施設が集積しており、また超高層ビル立する。

都心拠点と地域拠点

神戸市では都心に対する副都心という従的な関係ではなく、都心拠点・地域拠点という名称で、各拠点を設定している。

都心拠点

地域拠点

中京圏

名古屋市

名古屋市CBDの規模は、東京大阪に次ぐ規模となっている。都心の栄~名駅は単一の都心エリアで、大阪市の都心六区、東京都心に次ぐ。また、東西南北に副都心を計画するなど、均整の取れた開発を行っている。

都心

JR名古屋駅の東側にあたる名駅から錦、丸の内を経て栄に至る一帯が都心部として制定されており、名駅エリア島崎町、から東に錦三丁、そして南東の千代田三丁の地点を三角形状に結んだ一帯が都心エリアとなっており、その面積大阪六区、東京都心に次ぐ広さである(直線距離で3キロほど)また、都心部の道路舗装率が高いことも特徴であり、都心部でありながら、普通に入っていけるなど、計画的な都市構造となっているのも特色。

ビジネス伏見と呼ばれる錦、丸の内一帯であり、その西側には近年超高層ビル化が顕著な名駅エリア、南側には以前からの繁であるエリア、その南側に文化の拠点として知られる大須がある。

また、再開発著しい地区のささしまライブ周辺(池町界)も都心部に含まれるようになっており、トライアングル状からスクエア状に構造が変わりつつある。

副都心

名古屋市都市計画において副都心と呼ばれているのは金山地区のみであり、よくいわれる大曽根地区は含まれていない。しかし、既存拠点という役割で金山大曽根、今池の3地区が採り上げられており、これらが事実上副都心的な扱いだろう。

また、再生拠点として米野、下之一色寺、筒井鳴海大高、御が、生活拠点として志段味、徳重、南陽、荒子・高畑が丘などが選定されている。

その他政令指定都市

札幌市

札幌市京都市を倣って状に都市が作られた計画都市である。札幌冬季オリンピック開催から拓破綻までは驚異的なペースで人口が増加しており、それに合わせ地もの南口からの北口、JR宗谷本線札沼線沿線にも宅地開発が進んでいる。

都心

札幌駅~大通に至る南北2.5キロ、東西1.5キロの一帯を都心部と制定している。一帯は大企業本社の支社が集中しており、また北海道経済の中枢を担う。また、それまで融の中心であった小樽函館から地位が取って代わられた。一帯には北海道最大の商業拠点である大通、札幌駅前や随一の繁であるすすきのがある。

副都心

厚別区にあるJR新さっぽろ駅厚別副都心としている。また、それと同等に値する広域交流拠点として手稲、麻生新琴似をそれぞれ制定しており、この3箇所が実質上の副都心であろう。また、地域中心核として篠路、宮の沢、琴似、寒、駒内、大谷地、清田などを制定している。

仙台市

仙台市戦後から計画的に都市を拡大し、100万以上の規模となった都市であり、その都心、副都心の位置づけは明確にマスタープランに記されている。JR仙台駅から西側に地が展開。また、JR仙台駅には東北本線上りと下り、仙石線仙山線と結節しており、またの東側には仙台港、南側には仙台空港と交通アクセスに優れている。

都心

勾当台公園からJR仙台駅を経て五二丁に至る南北2キロ界が都心に設定されており、その規模は広島市都心部ぐらいである。かつては東北の拠点として支店経済依存していたが、広島市を倣って工業に注し、また近年は地元本社のベンチャー企業を促す動きも出ている。国分町は東北最大の歓楽として知られている。

副都心

仙台市が定める広域拠点(副都心)は以下の通り、都心部の北部に位置する中央(旧中枢部にあたる)と都心部の南部に位置する長町地区となっている。

  • 中央
    の中心部。仙台市都心部の北部に位置し、内陸の拠点であり、地下鉄南北線が通る。
  • 長町
    仙台市南部に位置する再開発地区。あすと長町の計画や、また近くに復住宅団地が設けられたことから、交流人口が増加し、開発が進んだ。

あと、副都心という呼び名ではないが、東の開発拠点として仙台港周辺を挙げている。また、かつては西の拠点として仙山線愛子(あやし)近辺も副都心とする構想があったが、思ったほど建物の集積が見られなかったことと、青葉区の分区構想が頓挫したこともあり、加えて、コンパクトティ計画への回帰もあり、現在マスタープランではその名前を見ることはできない。

新潟市

新潟市地を信濃川で分断しており、戦前から港町として発展した新潟エリア戦後鉄道(とりわけ上越新幹線)の玄関口として発展したエリアに分かれ、その両者を数本の梁で連結する、という構造となっている。

都心

新潟市信濃川を挟み、新潟方面の古町から新潟駅前の万代、東大一帯を都心部と定めている。新潟の古町エリアは約1.2キロ、前は約800メートルあり、CBDの規模は100万人以上の政令指定都市に次ぐ広さとなっている。

副都心

新潟市が副都心的役割を位置づけている地域拠点は以下の通り。このうち、葛塚(旧豊栄)、亀田新津根、巻は旧町の中心部にあたる。

静岡市

浜松市

岡山市

岡山市は西に福山広島、東に姫路神戸、北に美作、山陰地方、そして南に四国地方高松と四方の鉄道交通結節点として発展した。また、JR岡山駅の東口に地が展開しており、西側は再開発中。一見、広大岡山平野が背後にひかえており、開発の余裕がありそうに見えるが、一帯は元々イグサなどを栽培していた湿田地帯である。

都心

都心エリアとして、JR岡山駅東口から前町~表町三丁に至る一帯を制定しており、東西に約1キロ、南北に約1キロの鉤となっている。岡山市は四方の交通拠点として、拠点性に優れる一方、郊外化も拠点の弱さがネックとなっており、今後コンパクトティの実現とともに、都心部の高次化も課題となっている。

副都心

マスタープラン概要図に記載されている地域拠点は以下の通り。また、生活拠点として足守、高松一宮高、東岡山瀬戸、御崎がある。

広島市

四国地方の中枢都市である広島市は7つのによって形成された三州に都市が展開している。しかしながら都市計画はそのが存在していないのごとく、連続的に都心部が形成されている。JR広島地の北東にあり、そこから西南西に都心部が接続している。

都心

広島市の都心部は平和公園からJR広島に至る屋町、八丁山町、京橋町、松原町などの一帯であり、支店経済岡山市の存在により、地方中枢としては較的小規模なものの、広島地盤の企業も多いことから、その規模は仙台市に遜色ないものとなっている。

商業の中心は広島バスセンターがある屋町と八丁一帯であったが、近年は広島駅前も新たな拠点として発展してきた。また、流(ながれかわ)は県内最大の歓楽

副都心

4地区の広域拠点地区と8地区の地域拠点地区を制定している。その中で副都心に相応する広域拠点地区は以下の通り。また、地域拠点地区では可部、高陽、大町、古市横川西広島駅周辺、五日市船越を挙げている。

福岡市

九州の拠点都市であるとともに、山陽新幹線博多駅開業に伴い、またアジアへの交流窓口としてからは急速に人口が流入している。また、都心部が玄界に迫っているのも特徴であり、その東部、西部南部数の住宅街が発展している。また、福岡市から北東部にはもう一つの大都市北九州市がある。

都心

西鉄天神駅からJR博多駅に至る一帯を都心部と呼んでおり、東西約3キロに及ぶ巨大な都心部を形成している。札仙広福では最も支社数が多く、経済活動が盛んになっている。天神九州最大の繁であり、岩田本店博多大丸福岡天神店、福岡三越を初めとして専門店ビルやファッションビル立。また、中洲は西日本の歓楽であり、多くの観光客を惹きつけている。博多駅前はホテルが発展しており、また観光客需要の商業ビルも増えた。

副都心

広域拠点という位置づけで以下の3地区を制定しており、これらが実質上の副都心である。また、地域拠点という位置づけで和崎、雑餉、長住・花畑鳥飼、姪橋本、野、安宿・周船寺の9箇所を制定している。

北九州市

北九州市は門小倉、戸若松八幡の五都市が広域合併した都市であり、それぞれが拠点を持つ多極構造都市であった。しかし、それによって一つ一つの核が小さかったため、新幹線となった小倉に資本集中を行った結果、都心部に小倉、副都心に黒崎、その他広域拠点を持つ都市となった。

都心

小倉北区小倉地区が該当する。JR小倉駅から1キロ四方のエリアが該当しており、面積としてはそこまで広くはないものの、福岡市にはない高層ビルが建っているなど、高次化が進んでいる。

副都心

八幡西区に位置する黒崎地区のみが副都心として制定されている。かつては小倉黒崎の二眼レフ構造であり、商業集積の著しかったが、小倉への集中の結果、大幅に地位は低下した。

また、地域拠点として門港、門野、徳、守恒、下曽根若松八幡、東田、折尾、八幡南、戸学術研究都市が選定されている。

熊本市

熊本市は全でもしく、JR熊本駅前が開発途上にあるのに対し、熊本市交通局路面電車が通る旧がそのまま都心となり、現在に至っている都市である。

都心

熊本市の都心は熊本城を取り巻く東側から南側へ、熊本電鉄藤崎宮前駅の南坪井町~小沢町に至る約2.5キロのエリアとなっている。この一帯には上通、下通、新という全最大級のアーケードが発展しており、その周囲にビジネス、歓楽、官が展開する。

副都心

熊本市は副都心を制定しておらず、地域拠点として15箇所定めている。北区役所周辺、北部総合出張所周辺、武蔵ケ丘、堀川亀井、子飼、長嶺前寺・九品寺、健軍、平成南熊本駅町・上ノ郷、南区役所周辺、城南総合出張所周辺、川尻山、上熊本となっている。中でも前寺・九品寺エリアと健軍エリアが副都心として扱われることが多い。

関連商品

都心に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%83%BD%E5%BF%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

都心

1 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 19:56:27 ID: BZI1IIvDZr
>CBDはDIDを包含する

逆では…?
2 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 02:51:23 ID: vtwBjB20Ns
私も逆だと思う、あとCBDを連続性のようなとらえ方してるのも違和感ある。

各地に点在してるのがCBDで面的なつながりで見るのは間違ってる気が・・・