酒井一圭単語

サカイカズヨシ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「酒井一圭」(さかい かずよし)とは、

といった顔を持つ競馬評論家俳優である。

歌謡グループ純烈」のリーダープロデューサーでもある。

概要

1975(昭和50)年6月20日生まれ。大阪府吹田出身。

少年時代

ことを夢に見、自ら両親に志願のアピールをして児童劇団に入り、1985年に「逆転あばれはっちゃく」の役であばれはっちゃくこと「間長太郎」役のオーディションに勝ち残って夢の一つを達成した。なお当時はまだ9歳だったが、体格の大きさもあって問題なく12歳設定の「間長太郎」を演じている。

「逆転あばれはっちゃく」終了後は、1994年まで学業優先で芸活動を休止し、2000年放映の平成ライダーシリーズ仮面ライダークウガ」で「ゴ・ガメゴ・レ」の人間体を演じた。

2001年には、東映スーパー戦隊シリーズ25作「百獣戦隊ガオレンジャー」にて”鋼の猛!”こと「太郎(うしごめ そうたろう)/ガオブラック」役を演じ、元序二段の力士ながら怪引退後は屋で働いていたという、恵まれた体格をもつパワーファイターながらも小心者と言うキャラクターを好演し、夢のひとつであったバルイーグルではないものの戦隊メンバーになる夢を果たした。

「ガオブルーさめづ かい)」とはコンビを組むことが多く、作中でも凸凹コンビぶりをみせている。またを演じた「柴木丈瑠」は「クラッシャーカズヨシ」にも出演し、酒井一圭とコンビを組むキャラを演じている。

番組後半からは、戦隊シリーズで初の坊主キャラになろうとかんがえて、髪型坊主に変更している。

ガオレンジャー放送時より、競馬評論家として自身の公式サイト等で予想や結果を開したりしていた。俳優業での仕事がない時代は競馬で喰っていた事を言していた為、俳優ではなく競馬評論家が本業と言われていた事もあった。自宅には競馬歴史書や血統に関する書籍がっており、的よりも競馬そのものを好している事が解る。

クラッシャーカズヨシ

ものまね芸人レイパー佐藤ライブを見た酒井一圭が、友人の芸人を通じて顔をあわせて際に、レイパー佐藤自主制作したヒーロー映画クラッシャーイサオ」「クラッシャーフミノリ」を見せられた事がきっかけで、自らが演をつとめ、出演者はノーギャラで自分が呼ぶという条件で制作することを決めた自主制作映画が「クラッシャーカズヨシ」である。

当初は50分ほどの内容の予定だったが、酒井一圭のもとにノーギャラで集まった芸人が予想以上の人数だった事などから4時間をえる大作となり、全5部構成の映画となった。

酒井一圭演じる役「クラッシャーカズヨシ」の他、「クラッシャーカズヨシ」がヒーロー時代の相棒で、共同でちゃんこ屋を経営している「クラッシャータケル」には、百獣戦隊ガオレンジャーで共演した「柴木丈瑠」が演じている他、

といったスーパー戦隊シリーズ出演者達や、ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズに出演した俳優が出演している。

酒井一圭HG

2005年に、DDTの「マッスル」に参加した際のリングネームが「酒井一圭HG」である。

名前の通りどこぞのハードゲイキャラ芸人レスラーの様な外観で、「GOLDFINGER'99」を入場曲にしていた。

中国の新北京プロレス所属の「趙雲」「ジャイアント馬謖」組と戦った際は、趙雲ジャイアント馬謖を振るって死体にして押さえ込ませる技「泣いて馬謖を斬る」を喰らった。

後に、「趙雲」「ジャイアンKID」と組んだ際も、好機に「泣いて馬謖を斬る」を行わせようとした。

2010年10月6日のハッスル10をもって引退した。

純烈

関連記事へ→純烈

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

百獣戦隊ガオレンジャー
純烈
マッスル
関連人物

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%85%92%E4%BA%95%E4%B8%80%E5%9C%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

酒井一圭

1 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 00:13:54 ID: MdmjDT1oLf
実家の片づけしてたら古い新聞にクウガオーディションに落ちた話が載ってた

急上昇ワード

2019/12/06(金)00時更新