重箱単語

ジュウバコ

重箱(じゅうばこ)とは、食器の一種である。

概要

積み重ねて持ち運びが可な、日本古来の食器。
形状は基本的に四形だが、円柱六角柱など、それ以外の形をしている場合もある。
伝統的には漆塗りで木製の器だが、最近では、扱いが簡便なプラスチック製の重箱もある。

昭和中期頃までは、ハレの日には欠かせない器であり、お花見運動会など、屋外でみんなで食べる場合や、おせち料理など特別な日には重箱に入れた料理が振る舞われた。

そのため、重箱そのものが「料理」の徴となり、高級な料理を重箱に入れて供したり、丼物をどんぶりの代わりに重箱で提供する(例えば、うな丼を重箱に入れた「うな重」)ことが広く行われるようになった。

重箱そのものも、金銀絵でに飾られることが多く、一部は美術品にもなっている。

現在は、弁当タッパーが普及したことや、正月おせち料理を食べる庭が減ってきていることから、一般庭で利用する機会は少なくなっている。

用語

重箱から生した慣用句など。

重箱読み

「ジュウ」が音読み、「はこ」が訓読みであることから、上が音読み、下が訓読みである二字熟読み方を「重箱読み」というようになった。

対義は「湯桶読み」。上が訓読み、下が音読みである二字熟読み方をさす。

重箱の隅をほじくる

細かいところまでいちいち突っ込むこと。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%8D%E7%AE%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

重箱

1 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 23:24:09 ID: lKdFx6LTR1
隅は、つつくもんだ(テンプレ)