野崎まど単語

ノザキマド
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

頭の中で、クラッパーボードの音が鳴る。


 

野﨑まど(のざき-)とは、独自の世界観と緻密なイメージをもつものではないかと考えられているが、個体数が少ないため、その生態の多くは明らかでない。[1]

概要

昭和22年に当時の向区と本所区が合併する形で誕生した東京都墨田区生まれ。[2]

2009年、『[映]アムリタ』で第16回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞>を受賞後キーボードが破損し、現在括弧閉じキーの捜索を続けている[3]。同書は「2009野﨑まどベスト10」で第一位を獲得。加えて第一回野﨑まど賞長編部門も受賞し、野﨑まどの中で大きな話題となった[4]2010年、続編『[映]アムリタ 大ダコの死闘』を執筆(未発表)。[5]

その他の作品に『妖精電撃作戦』(未発表)、『第十七回落小説大賞選評』(未発表)、『津波でおまじない』(未発表)[6]、『慰霊堂』()、『畜』(彫刻)、『ほうき星』(習字)[7]など。

1947年タイで生を受け、1949年に来日して以来、戦後日本60年にわたって見守り続けてきた近所のゾウのはな子のようにとして頑っていきたいと思っている。[8]

 

 


頭の中で、クラッパーボードの音が鳴る。


 

 

野﨑まど(のざき-)とは、日本小説家SF作家苗字の表記は「野」が正しいが、機種依存文字のため記事名は「野崎」とする。ファンからの称は「野まど」。

本当の概要

東京都墨田区生まれ。麻布大学医学部[9]

2009年、『[映]アムリタ』で第16回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞>を受賞しデビュー。以降、メディアワークス文庫で作品を発表する。「電撃文庫MAGAZINE」では小説常識を破壊する奇な作品ばかりの『野﨑まど劇場』を現在も連載中。

2013年ハヤカワ文庫JAで発表したSF小説know』が高い評価を集め、第34日本SF大賞補、「SF読みたい!」2014年版第4位、第4回Twitter文学賞7位となる。また同年、アニメファンタジスタドール』の前日譚ノベライズファンタジスタドール イヴ』を刊行、アニメノベライズという組みを粉砕する作を披露し一部で話題を呼ぶ。2014年にはSFアンソロジーNOVA+』に奇想SF短編「第五の地」を寄稿し、『野崎まど劇場』のノリを知らないSFファンの度肝を抜いた。

2015年からは『バビロンシリーズ講談社タイガから刊行中。野まど作品にはしく、最初からタイトルナンバリングされている。現時点での最新刊である3巻のサブタイトルが「-終-」だが、まだ完結していないので注意。2018年にはTVアニメ化が発表され、2019年10月から放送開始。

2017年にはTVアニメ正解するカド』のシリーズ構成・全話脚本を担当。2019年にはアニメ映画HELLO WORLD』の脚本を担当(小説版も執筆)と、アニメ方面でも活動している。

ボケツッコミ体のコミカルな序盤から、中盤以降は読者の意表を突く展開を次々と繰り出し、読み始めたときには想像もつかないような結末に辿り着くツイストの効いた話運びと、ミステリSF青春小説ホラーなどの間を一作の中で飄々と飛んで渡るジャンルミックスで分類不能な作が最大の特徴。そのため、どの作品もどういう話なのかというのを一言で説明し辛く、詳しく説明しようとするとネタバレ不可避なので「とりあえず読んでみろ」と言うほかない。

何らかの分野で突出したを持つ天才キャラ物語を大きく動かす役割を担うことが多い。人知をえたを持つ存在が周囲を、そして世界をどう変えていくか、というのが野まど作品の統一テーマかもしれない。

基本的に1冊読みきりのスタイルなのでどの作品から読んでも構わないが、初めて読む人はデビュー作の『[映]アムリタ』か、出世作の『know』から入るのがオススメ。あるいは野まど作品とは思えないほど普通のいい話である『なにかのご縁』から入り、『[映]アムリタ』に戻ってびっくりするのもアリ。敢えて一番の劇薬である『野崎まど劇場』から入る……のはオススメできるかどうかわからない。

ただし、『2』だけはそこまでの野まど作品全ての続編的存在なので、『2』を読むときはその前に『[映]アムリタ』『舞面面とお面の女』『死なない生徒殺人事件』『小説家の作り方』『パーフェクトフレンド』の5作を読んでいた方がよい。柄、ネタバレはかなり痛いのだが『2』には、前5作の要素が多分に含まれている。本作をより楽しむためにも、上記5作を読むのを強くおすすめする。

作品リスト

  1. [映]アムリタ2009年メディアワークス文庫2019年メディアワークス文庫[新装版])
  2. 舞面面とお面の女2010年メディアワークス文庫2019年メディアワークス文庫[新装版])
  3. 死なない生徒殺人事件~識別組子とさまよえる不死~2010年メディアワークス文庫
  4. 小説家の作り方2011年メディアワークス文庫
  5. パーフェクトフレンド2011年メディアワークス文庫
  6. 22012年メディアワークス文庫
  7. 独創短編シリーズ 野﨑まど劇場2012年電撃文庫
  8. なにかのご縁 ゆかりくん、うさぎと縁を見る2013年メディアワークス文庫
  9. know2013年ハヤカワ文庫JA
  10. ファンタジスタドール イヴ2013年ハヤカワ文庫JA
  11. なにかのご縁2 ゆかりくん、い瞳と縁を追う2014年メディアワークス文庫
  12. 独創短編シリーズ2 野﨑まど劇場(笑)2015年電撃文庫
  13. バビロン Ⅰ -女-2015年講談社タイガ
  14. バビロン -死- (2016年講談社タイガ
  15. バビロン -終-2017年講談社タイガ
  16. HELLO WORLD2019年集英社文庫)

関連商品

関連項目

脚注

  1. *『2』著者紹介より。
  2. *『[映]アムリタ』著者紹介より。
  3. *『舞面面とお面の女』メディアワークス文庫公式サイトでの著者プロフィールより。
  4. *『パーフェクトフレンド』著者紹介より。
  5. *『舞面面とお面の女』著者紹介より。
  6. *以上『死なない生徒殺人事件』著者紹介より。
  7. *以上『小説家の作り方』著者紹介より。
  8. *『[映]アムリタメディアワークス文庫公式サイトでの著者プロフィールより。
  9. *『パーフェクトフレンドメディアワークス文庫公式サイトでの著者プロフィールより。このプロフィールネタ要素がいのでたぶん本当の情報

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%8E%E5%B4%8E%E3%81%BE%E3%81%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

野崎まど

73 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 03:34:53 ID: 51Ki5xlg8Z
個人の哲学似非もなにもいと思うが
ただの一思想でしょ
74 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 13:56:56 ID: gouF/TBnek
バビロン正解するカドと同じ作者だと知って見なかったんだけど、正解するカドを視聴した上でバビロン見て文句言っているは理解に苦しむ。
そういうオチを付けることがある作者だって知った上で見てんじゃないの?
75 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 23:12:00 ID: 7ycCEBbr7p
バビロン未完アニメ化したからなぁ・・・
てっきアニメ化に合わせて4巻出して、続きは本読めとかそういうパターンだと思ってたよ
76 ななしのよっしん
2020/02/09(日) 17:59:40 ID: E0IfVngw8N
こいつ最近、メディアには持ち上げらレ適用されてるけど、結局出来上がるものは駄作しかない。でも、話題にはなるから嫌でもに入るからホントに業界から干されて消えてほしい。
77 ななしのよっしん
2020/02/15(土) 01:18:06 ID: u8ba8pyeIC
雰囲気とか中盤の風呂敷の広げ方とかが好きだから読んでるけど、終盤の辺りはどの作品も大体クソ
デウスエクスマキナ!!!はい解決!!!みたいな突拍子もない展開が多すぎてがっかり
78 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 02:35:01 ID: 9pdZIHhEh6
解決なんてしない作品の方が多いけどな。オチは付くけども
79 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 02:39:36 ID: 9pdZIHhEh6
>>72
遠大なテーマとか哲学的っぽい何かが出たときはお話の前振りとかギミックの仕込みをしてるだけってとらえるべき作家だと思うよ
[映]アムリタからして「最高の映画とは」とか前振りにあるんだけど、「いや?そうこうとじゃねえよ?!」って読者が突っ込む事前提で書いてるだろ、アレ
80 ななしのよっしん
2020/03/09(月) 03:51:39 ID: aidY9h67oS
>>75
本来その予定の企画だったけど野崎まどが4巻仕上げられなかったんだろうなぁ。
アニメ終了時点で出せる処が立たないのに3巻まんまにはできないから、アニメは一応決着をつける形に変えたのだろう。
81 ななしのよっしん
2020/03/11(水) 05:09:03 ID: qJyr/3aurs
ハッタリの天才だな
それに踊らされた博識な読者が上手く崇めてくれる
教祖様
82 ななしのよっしん
2020/03/13(金) 23:22:27 ID: 9pdZIHhEh6
まあ上の解説のノリでもわかるように初期作品か、まど劇場からの読者はハッタリだとわかった上で評価してるんですけどね
もちろん細部はかなりしてることもあればわりと詰めてるっぽいところもあるんで
その博識な読者とやらが「色々判った上でやってるんだろうな」って評価するのはありえるとは思うが。

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色