量産型ΖΖガンダム単語

リョウサンガタダブルゼータガンダム

量産型ΖΖガンダムとは、メカニックデザイン企画M-MSV』に登場するMSである。

概要

ZZ MASS PRODUCT-MODEL
量産型ZZガンダム
MSZ-013
頭頂高 18.5m
重量 29.2t / 53.3t(全備)
2,210kw
97,500kg
搭乗者 レイアリュード  他
装甲 ガンダリウム合
兵装 簡易ハイメガキャノン
50mmバルカン砲×2
胸部拡散メガ粒子砲
ビームサーベル×2
専用ビーム・ライフル×2
ハンドグレネード×2
マイクロミサイル
ミサイルビームキャノン
(ハイパービームサーベル)

その名の通りΖ計画で開発されたΖΖガンダム量産型
ただし、本機は肝心の可変機構を継承しておらず、スペック面でΖΖガンダムから大きく下げている。これはΖΖの高過ぎるスペックが量産に向かず、可変機の量産計画が難航していたために取った苦の策に他ならないだろう。

また、ガンダムタイプセンサーからジム系のバイザーに変更されている。
漫画アクロス・ザ・スカイ』で登場した際、バイザー内側にガンダムタイプデュアルセンサーが描かれているため、ジム系と同タイプバイザーデュアルセンサーを採用していると思われる。

コストダウンの対パーツや数値面に留まらない。発射数が制限された頭部ハイメガキャノン(最大2射)や50mmに縮小した頭部バルカン砲、小化し威が低下したビームサーベル、単装式に減った専用モデルビーム・ライフルなど武装面にも及んでいる。
その代わり火器のバリエーションが豊富で全身を武装している。最大の特徴は両肩のオプションウェポンポッドであり、マイクロミサイルビームキャノン(ハイパービームサーベル)が一体化したプラットフォームとなっている。

この時代の量産機と言えば量産型キュベレイガンダムTR-6ドーベンウルフなどコスト面でも高級化した機体が多かった(恐竜進化中)。
大幅に簡素化したとはいえ量産型ZZもそれに当て嵌まるほどコストが高く、高級量産機になってしまっている。
結局、本機はコストダウンが思う様に出来ず、4機で生産を打ち切った。

生産された4機の内、1機はフレスベルグ隊への配備が確認されている。

関連動画

量産型ΖΖガンダムに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

量産型ΖΖガンダムに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%8F%E7%94%A3%E5%9E%8B%CE%96%CE%96%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

量産型ΖΖガンダム

1 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 00:51:53 ID: KjHlvA6d41
ZZ量産機としてはかなりの完成度よね
いやそんなもん量産するのが間違ってるんだけどさ

急上昇ワード