金剛正裕単語

コンゴウマサヒロ

金剛正裕(こんごう まさひろ)は、二所ノ関部屋に所属していた元大相撲力士である。「ホラ吹き金剛」などと呼ばれた人気力士だったが、27歳の若さで現役を引退して二所ノ関部屋を継承し、導者となった。

概要

1948年11月18日生まれ、現在北海道出身。本名は吉沢正裕で、のちに北村姓した。

1964年15歳で二所ノ関部屋に入門すると、1969年20歳で十両へ、1970年21歳で幕内へ昇進と、順調に出世した。同じ部屋の横綱大鵬横綱土俵入りで従者を務め、大鵬引退後は幕内上位力士として二所ノ関部屋を引っった。灼熱の名古屋で開催された1975年7月場所は初日から好調。6日に「明日北の湖に勝って休場させるか」と言い放ち翌日本当に横綱北の湖から金星を奪うなど、奔放な語録も冴え(しかも有言実行)、なんと幕優勝を達成してしまう。このことから「ホラ吹き金剛」と呼ばれた。まだ若い衆だったころにはたわしとスポンジを組み合わせた「痛くないたわし」を発明したこともある(実用新案登録も申請したが却下)。

しかし、この初優勝した年の3月に二所ノ関部屋の当時の師匠(元・佐賀)が亡くなっており、暫定的に別の親方が二所ノ関親方となってはいたものの、二所ノ関部屋は実質的な師匠不在状態が続いており、しい後継者争いは揉めに揉めた。押尾親方(元・大麒麟)が内乱を起こして押尾部屋を独立するなどの騒動にまで発展したが、最終的に金剛が亡くなった二所ノ関親方の未亡人婿養子となる形で決着。金剛は優勝した翌年、27歳の若さで現役を引退して二所ノ関部屋を継承した。その後、師匠の次女とはすぐに離婚したが、養子縁組は解消しなかった。

名門二所ノ関部屋を継承して導者となったが、自身の直子からは関取がわずかに1人(小結大善)にとどまり部屋は衰退してしまった。二所ノ関部屋の子はたったの3人にまで減少してしまい、部屋付きの親方が3人いたものの部屋は閉鎖されることになった。名門・二所ノ関部屋閉鎖ニュースが流れると1週間後に部屋出身の横綱大鵬が亡くなるなど、二所ノ関部屋にとっての歴史的出来事になった。

10代二所ノ関親方となった金剛は、日本相撲協会でも形といわれる審判委員に任命されたが、1995年麻雀賭博で現行犯逮捕され、処分を受けた。それでも2008年には協会の理事に就任し、広報部長などを歴任したが、在任中に野球賭博問題が発生。過去麻雀賭博で逮捕歴のある親方が広報部長として不祥事の対応にあたるという事態になってしまった。

2012年1月限りで任期満了のため2期務めた理事を退任したあと、同年10月に病に倒れた。病気であり治療も長期化したことが先述した部屋閉鎖の決めた最大の理由だという。部屋閉鎖後はヶ根部屋所属の親方となっていたが、65歳の停年退職をわずか5ヵ後に控えた2013年6月に退職した。治療費や入院費を工面する必要があり、停年退職を待てなかったという。その後は部屋建物も取り壊されて土地は売却されたため、も失ってしまった。以降は関東病院を転々としたが、2014年8月12日千葉県内の病院で死去した。手な土俵人生とは逆の寂しい晩年だった。

昔は「金剛」と検索すればっ先にこの人のことが出てきたが、最近では上位にはまったくヒットしなくなってしまったのも時代の流れだろうか。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%91%E5%89%9B%E6%AD%A3%E8%A3%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

金剛正裕

1 ななしのよっしん
2015/04/12(日) 20:47:47 ID: oBH8+8GEjN
記事作成お疲れ様です。
朝潮時津風霧島艦これっ先に出る時代ですもの仕方がない。

急上昇ワード