金子昇単語

カネコノボル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「金子昇」(かねこ のぼる)とは、東映スーパー戦隊シリーズ25作「百獣戦隊ガオレンジャー」の「ガオレッド/獅子走」役などで知られる俳優である。

2011年時点で一、「スーパー戦隊シリーズ」と「ゴジラシリーズ」で役を務めた俳優でもある。

概要

1974昭和49)年10月18日生まれ。長崎県長崎市出身。

長崎総合科学大学附属高等学校テニスに熱中する中、地元TV局のローカル番組のインタビューに登場してTV初出演を飾った。

長崎総合科学大学工学部建築学科を卒業後、大阪に出て会社員として働いていた際に、ビートルズデビューまでを題材にした映画バックビート」を観た影役者を志し、1999年俳優デビューを飾った。

その後もオーディションに挑戦を続け、2000年放映の平成ライダーシリーズ仮面ライダークウガ」の役「五代雄介」役に最終オーディションまで残るも落選した。

2001年放映のスーパー戦隊シリーズ百獣戦隊ガオレンジャー」にて、栄レッドの系譜に連なる「獅子走(しし かける)/ガオレッド」役を演じ、動物の思いを理解するガオレンジャーリーダーにして、あらゆることを「医だー!」の一言で解決する熱血を好演し、前年放映の「仮面ライダークウガ」から顕著になった新たなファン層である主婦層の絶大な支持をうけるイケメンヒーローとなった。

ガオレンジャー」名義で劇場版主題歌などを歌っている。

ガオレンジャー出演時はメンバー中最年長の26歳で、放映中に結婚している。

2002年には、「浅田幸」作のバスケットボール漫画原作にしたOVA「I'll/CKBC」にて、役の「立花」のを演じ、アニメ初挑戦で初演を飾った。

2003年には、長編映画演作にあたるゴジラシリーズゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」にて役の「中義人」を演じ、メカゴジラこと「機」の心を理解しゴジラと最終決戦を行った整備士という、ガオレンジャー同様、人間ではないものとのコミュニケーションがとれる役を好演し、スーパー戦隊シリーズゴジラシリーズの両方で役を演じた最初の俳優となった。

2005年には、TVドラマ璃の」で、「野内豊」演じる「高原信」の偽名で、事故で美容師の仕事が出来なくなった事を苦にして自殺した「川島達也」や、「嬢王」ではQ-1を催するキャバクラ等を経営する社長「西崎達也」を演じ、劇場用映画魁!!クロマティ高校」では「北斗武士」役や、映画クラッシャーカズヨシ」にて、役のカズヨシ酒井一圭)を「ブラック」と呼ぶ永遠のライバル世紀末獅子ノボルオウ」を好演した。

※「世紀末獅子ノボルオウ」の「ブラックネタ酒井一圭ガオレンジャーでガオブラックを演じた事に由来する。

2006年には、TVドラマ王~YAOH~」にて、歌舞伎町四天王の一人でホスト界の頂点に立とうと論む野心一ノ瀬優」役を演じ、2008年には、「沢口靖子演の鉄道シリーズ第9話「会津鉄道車窓に広がる殺人風景!」より新人鉄道官「立花太郎」役で出演している。

2009年には、TVドラマママニューハーフ」にて、役の「大熊太郎」を演じて、TVドラマ演を飾ると共に、初のニューハーフ役を好演した。

2011年には、稀代のゴロ「安斉」の生き様を描いた麻雀漫画原作とした「麻雀記ゴロ」で役の「安斉」を演じた他、「海賊戦隊ゴーカイジャー」にて、数年振りにスーパー戦隊シリーズに「獅子走」役でゲスト出演した(「医だ」のお約束付きで)。

主な出演作品

「獅子走/ガオレッド」役

主演作品

主演作品(アニメ)

映画

TVドラマ

その他の出演作品については wikipediaの関連項目参照exit

関連動画

関連商品





関連コミュニティ

関連項目

関連人物
百獣戦隊ガオレンジャー

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%91%E5%AD%90%E6%98%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

金子昇

1 ななしのよっしん
2012/07/07(土) 17:13:42 ID: CfOmFntbqR
桃太郎だー!