金田一耕助単語

146件
キンダイチコウスケ
1.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

金田一耕助(きんだいち こうすけ)とは、横溝正史小説作品に登場する名探偵である。

概要

身長5尺4寸(約163.6cm)、体重14貫(約52.5kg)以下という貧相な体格の男だが、その実は高い推理を持った名探偵。登場する作品は基本的に作家のYが金田一本人から聞いた話をめた物という形式を取っている。初登場は『本殺人事件』。

作中当時の人間らしく煙草が好きなヘビースモーカーだが、一方では好みではない(飲み会で騒ぐのは好き)、ギャンブルの類もどせず、「飲む打つ買うの三拍子」とは遠い存在である。

彼が最初に登場する時から最後の事件まで30年ほど経過しているが、周囲からは「びっくりするほど老けてない」と言われている。

よく人が死ぬ探偵

ミステリーの中でと言えるほどの活躍を見せた彼だが、死者が大量に出てくるでも有名である。

ミステリーだから殺人被害者が出るのは当たり前だし仕方ないとしても、やたらと殺される死者の数が多く、さらに犯人がよく自殺して終わることでも有名。

このうち、犯人自殺はあえて見過ごしていることも多かった。なお、当時のミステリーアガサ・クリスティー作品を始め、犯人自殺を見過ごす作品が較的多かったことを述べておく。

孫はいるのか

作者である横溝正史氏の死後、金田一耕助の孫が主人公を務める漫画作品、「金田一少年の事件簿」が発表された。
このことで金田一耕助のファンの間で議論になったことがある。

というのも、金田一耕助が作中で結婚している描写が全くないのである。本人が惚れた女性が二人作中にいるが、諸事情があって両方ともフラれてしまった。

なので、本来なら結婚しておらず、孫どころか子供もいないはずなのである。
(周りが「金田一が終わるのはびない」として養子を取ることを勧めた可性はある。)

この事があってか「金田一少年の事件簿許可で孫を出した横溝正史著作権を侵している作品」という話が流れたことがあるが、全くのデマである。金田一少年の事件簿作者著作権を継承した横溝正史族からきちんと許可を受けている。

演じた俳優

金田一耕助シリーズ実写化恵まれている作品であり、多くの俳優に演じられている。

この演じた俳優の一覧wikipediaに存在しているのだが、その数はなんと54人!

このうち市川監督映画で金田一耕助役を務めた石坂浩二氏、テレビドラマで演じた古谷一行氏が有名。他にも志村けん氏がコントの中で演じたり、声優関智一氏が自ら宰する劇団で演じたりする。

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

  • なし

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

けものフレンズぱびりおん (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: フィアド
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

金田一耕助

1 ななしのよっしん
2024/03/26(火) 11:11:49 ID: M/3MHsXZ6r
スレ立てです。

結婚してない説が有と別記事で読んだが、原作読んでてそういう描写ってなかった気がするんだけど…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2024/03/27(水) 11:45:52 ID: 32qC6FSDW6
Y先生く「密室・一人二役・顔潰しの三大トリックの内、作者視点で特に異質なのは顔潰しトリック。何故ならば、密室や一人二役トリックが分かった時点で読者の勝ちだが、顔潰しは被害者=犯人という読者との暗黙の了解の下で成立するトリックだからだ」
この発言に対して金田一が「そのパターンに当てはまらない事件に遭遇したら優先的に報告する」と返し、実際に金田一の事件は犯人=被害者お約束から外れた顔潰しトリックが多い(まあ、お約束通りの顔潰しも多いんだけど)
👍
高評価
0
👎
低評価
0