鈴木亜久里単語

スズキアグリ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

鈴木亜久里すずあぐり)とは、元F1ドライバー・レーシングチームオーナー、実業である。

概要

中嶋悟に続き、F1では日本人2人フルタイム参戦ドライバーとして活躍したドライバーである。

1988年に急遽日本GPにスポット参戦し、翌1989年からはザクスピードヤマハF1フル参戦を開始フルタイム参戦を果たす。だが、デビューの年は戦闘力不足のマシンに苦労し、「シーズン全戦で予備予選落ち」という不名誉な記録を残してしまう。

1990年、ラルースへ移籍。前年度とはべ物にならない戦闘力マシンを操り前半戦は全戦予備予選通過し、後半戦は予備予選免除となる。中盤戦のイギリスGPでは6位入賞を果たし初のポイント獲得、終盤戦のスペインGPでも6位入賞を記録。さらに日本GPでは荒れたレースの中一時はファテストラップを記録し、見事日本アジア人初の3位表台を獲得する。(2020年現在F1台は鈴木亜久里・佐藤琢磨小林可夢偉の3名。)

1991年からベネトン移籍の話が舞い込んだが、スポンサー契約の関係で本人自ら断った。

その後は1度6位入賞があったものの、所属チームの経営悪化、シャーシ問題、戦闘力不足のマシンなどに悩まされ、93年にシートを失ってしまう。チームメイトポイント獲得をする中、自身は予選落ちするなど単純な速さ不足が大きな要因であった。

その後、1年の浪人を経て95年にリジェチームに加入。しかし、この契約チーム戦闘力のあるエンジン契約するための口実でしかく、チームメイトマーティン・ブランドルシートシェアする形となり、わずか6戦参戦するに留まった。しかし、そんな中でもドイツGPでは6位入賞を果たし、4年ぶり(51戦ぶり)のポイント獲得と意地を見せた。その後、日本GPでの予選アタック中にクラッシュし負傷(折・肺挫傷)、そのままF1舞台を後にした。

F1引退後、全日本GT選手権ル・マン24時間に参戦し、ル・マンでは3位表台を獲得。

その後、SUPERGTチームオーナーを経て、2006年チームオーナーとしてF1に参戦。「SUPER AGURI F1 TEAMスーパーアグリF1チーム」として2008年まで参戦。

2007年佐藤琢磨が22戦にして8位入賞を遂げたほか、王者フェルナンド・アロンソオーバーテイクして6位入賞を果たした。

しかし、資不足のため2008年に4戦参戦後に撤退する。

その後、2013年フォーミュラEに参戦することを発表し、2014年に「アムリン・アグリフォーミュラEチーム」として参戦。スケジュールの都合上開幕戦のみの参戦となった佐藤琢磨ファテストラップを記録し初のポイントを獲得、4戦には初優勝を果たす。

しかし、2016年途中に亜久里自身が「数ヶ以内にチームを離れる」とアナウンスされ、ライセンスを売却、フォーミュラE世界から去ることとなった。なおスタッフはそのまま売却先のチームに引き継がれた。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%BA%9C%E4%B9%85%E9%87%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鈴木亜久里

1 ななしのよっしん
2014/08/17(日) 20:06:57 ID: oDARoZQ070
電気系統・エンジン系統が口グセだった亜久里さんw
2 ななしのよっしん
2015/01/11(日) 20:35:30 ID: 0v+MzEVuHw
その電気系統がモノをいうフォーミュラEで勝ったのはいいけど
なにオートサロン行ってんだよ亜久里さんw

しかしなんでイギリス国歌だったんだろうか、アムリンメインスポンサーだからか?