鈴木健.txt単語

スズキケン

鈴木健.txtとは、おもにプロレス関係を中心に活動するフリーランス編集者ライター、解説者、サスケソムリエである。
「表現ジャンルライター」という言葉を肩書きにすることもある。
名前の後ろにある「.txt」は「同姓同名が多すぎるので、ネット検索しやすいように」「テキスト(文章)で勝負をしたい」という意味でついているものであり、読みとしては「すずきけん」そのままでいい。

プロレスファンや関係者からは「健さん」とよく呼ばれている。

略歴

1988年専門学校在学中にベースボールマガジン社(以降、BBM)から発行されている「週刊プロレス」(週プロ)の編集アルバイトとなる。
1991年BBMの正社員となり、週プロ黄金時代を支える記者の一人として活躍する。
2007年、週プロケータイサイト「週刊プロレスmobile(通称:週モバ。サービス開始当初は週プロモードというi-modeオンリーサービスだった)」の初代編集長、並びに週プロ本誌の編集次長に就任。
2009年9月30日BBMを退社してフリーランスとして活動を始め、現在に至る。

より詳しい略歴はこちらexitを参照。

概要

長年、「週刊プロレス」誌の記者として数多くのプロレス団体を取材してきた。
記者時代は第二次UWF、FMW、WINGみちのくプロレス、格闘探偵バトラーツ、大日本プロレスなどを担当。編集次長に就任後は、DDTプロレスリングKAIENTAI-DOJO全日本プロレスWWEなどを担当してきた。DDTの「文化系プロレス」や武藤全日本の「パッケージプロレス」といったフレーズは氏が考案したものである(あと、大家健の「カリスマ号泣師」なども)。

フリーになってからはDDT公式パンレットや各種プロレス雑誌&ムック本音楽誌をはじめとする各種マスコミ媒体で、編集者ライターとして活動中。また、各地のカルチャースクールプロレスに関する講座や文章教室の講師も行っている。自身が宰するフリーペーパー「KEN筆.txt」は多忙のため発行休止中。現在自身が運営するアメブロexitタイトルに使われている。

プロに在籍していた頃から、サムライTVの解説者としても活躍。村田アナウンサーとのコンビプロレスファンの間で「神実況コンビ」呼ばれており、トークイベントWEBラジオの配信なども数多く行われてきた。神実況コンビとしての仕事は、DDTみちプロ全日本プロレス(サムライTVの中継)などが多い。また、しゃべりの立つプロレス関係者として単独でもサムライTVコメンテータープロレス関係のイベント会・MCを務めることが多い。

ネットによる情報発信はパソコン通信時代から積極的に取り入れており、現在ツイッターFacebook、アメブロ、公式メルマガや公式ケータイサイトなどを活用している。ニコニコ動画でもDDTプロレスアワーブロマガ執筆、ニコニコプロレスチャンネルMCインタビュアーとして活動している。

サスケソムリエとは?

懇意にしているプロレスラーの中でも、ザ・グレート・サスケとの関わりは特に大きく、週プロ記者時代から数多くの記事やインタビューを手がけてきた。サスケの口から出る妄言みたいなネタに対してあるときはツッコミ、あるときは受け流し、またあるときはサスケ本人がビックリするほど食いつく。このように、トンパチと呼ばれるサスケの狂ったキャラクターとその魅を最大限に引き出すことから、周囲(含むサスケ本人)からは「サスケソムリエ」と呼ばれている。本人はいいかげんこの称号を返上したいそうだが、それは周りが許してくれないだろう。

このサスケソムリエとしての仕事人っぷりが一番発揮されるのは、毎年新年の週モバで発表される「サスケの大予言」シリーズ。最近では、みちのくプロレスの年内最終行(いわゆる宇宙大戦争)直前にトークイベントとして開催され、神実況コンビサスケによるトークロフトプラスワンに詰めかけた多くのプロレスファン爆笑の渦に巻き込んでいる。

なお、鈴木健.txt以外にサスケソムリエと呼ばれているのは三田佐代子キャスター、味方リングアナ、宇田川みちプロ本部長、新崎人生、CIMA、望月、週プロ松川浩喜記者らだそうである。

エピソードなど

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%81%A5.txt

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鈴木健.txt

1 ななしのよっしん
2014/02/10(月) 00:26:21 ID: O/nVNQOlTO
新日本プロレス THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA 二次会の時の
健さんの話良かったなあ。
この行のメインについての健さん視点での話、
プロレスマスコミという立場に関する話も聞けて
ちょっとうるっとくるものがあった。

急上昇ワード