鈴木隆単語

スズキタカシ
1.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

鈴木隆すずたかし)とは、元プロ野球選手である。

概要

1933年9月22日生まれ。福島県田村出身。

田村高等学校を経て中央大学に進学。投手だけでなく外野手としてもプレーし、2年リーグ優勝にも貢献している。

卒業後は川崎トキコに入団。社会人時代は全区の左腕として活躍。都市対抗野球大会日本コロムビアの補強選手として2年連続で出場。1957年にはアマチュア世界野球大会に日本代表として参加し、4試合連続でリリーフ登板し好投、大会MVPに選出された。

この活躍で大いに注を浴び、計12球団から入団オファーが届いたが、大洋ホエールズ中部謙吉オーナーから「大洋は今は一番弱い。しかし、巨人に勝てるチームにしたいんだ」という言葉を受け、1958年大洋に入団することを決めた。

初年度から先発投手として活躍し、秋山登とともに投手を支えた。最終的には15勝18敗、防御率2.72と好成績をマークオールスターゲームにも出場し、同年から1960年まで3年連続で出場している。

1959年も活躍し、12勝16敗、防御率3.22という成績を残す。

1960年三原脩監督の意向もありリリーフとして起用。5勝11敗と負けが先行したものの、防御率は2.92と安定感を発揮し、大洋の初優勝日本一に大きく貢献。

翌年からは先発での起用中心に戻り、1961年は8勝、1962年は14勝、1963年は8勝を挙げた。

1964年から再びリリーフに転向。同年はリーグ最多の70試合に登板し9勝を挙げている。

1966年東京オリオンズへ移籍。東京時代は2シーズン続けて防御率4点台と今ひとつ結果を残せなかった。

1968年大洋に復帰。ただ、防御率7.98と精を欠き、同年限りで現役を引退

引退後は大洋投手コーチを務めたが、1971年には黒い霧事件に関与したとされ、謹慎処分を受けている。1987年から1993年にかけてスカウトとして活動。

コーチを務めていなかった1977年から解説者としての活動を始め、1987年からはスカウト活動と並行する形で解説をしていた。大洋ホエールズOB会の副会長も歴任。

人物・エピソード

キレ味鋭いボール武器に、強気に内を攻め続けて活躍した左腕。

王貞治が苦手にしていた投手としても有名であり、王が一本足打法に切り替えるきっかけとなった投手でもある。

解説時代は辛口ることが多く、穏やかな秋山登とは好対照であった。

通算成績

投手成績

通算:11年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 519 34 12 81 102 --- --- .443 1625.2 555 1049 670 579 3.21

記録

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鈴木隆

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 鈴木隆についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス