鉛筆単語

エンピツ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

鉛筆とは、筆記用具のひとつである。筆記、及び描画に用いられる。

曖昧さ回避

概要 2B

粘土を混ぜて焼いた芯を、に木製の軸で挟んで中に入れ、削る等して形成される。芯の出し入れ、及び芯を新しいものに取り替える事が可なものに関しては『シャープペンシル』として区別される事が多い。シャープペンシルに関しての記述は同項が詳しい。最近は利便性の問題からシャープペンシルにとって代わられつつあるが、マークシート記入などでは鉛筆の使用が推奨される。

英語ではpencilと呼ばれるが、このは前述のシャープペンシルを含む等多義に及ぶ事があるので注意されたし。

芯の先端、つまりにつけて動かすと、摩擦により粒子がに残る。だから線が残る。でもあんまりツルツルしたところには書けない。だけどその代わり、インクをに染み込ませて筆記するボールペンと違って、上の粒子を擦ってかっさらう事が出来る。だから消しゴムで線が消える。(消すことができるボールペンもある)

筆記・描画時の色はの色である(濃灰色)が流だが、その他に等色つきの芯を使用したものもあり、こちらは『色鉛筆』であるとして区分される事が多い。一般に色鉛筆は通常の鉛筆と違い、事務などの筆記に使われる事は少なく画材として使用される事が多い。

芯の先端が減って丸くなってきたら、ナイフ等の物や鉛筆用の削り機で削って芯の新しい部分を出す。おまえら、ちびても大事に使ってやれよな。

 

歴史 4H

摩擦による筆記具の存在はそれ以前に遡るが、鉛筆としての始まりはコンラッド・ゲスナーの発明であるとされる。
また、日本においては徳川家康が使用したのが最古とされ、伊達政宗用したという記録が残っている。

 

硬さと濃さについて HB

粘土率により、芯の硬さや濃さが変わる。BはHにの色味が強い、HはBにべ硬く芯の減りが遅いが消しにくいなど特徴に違いがあるため、用途により使い分ける事が肝要である。
以下にJISにより定められた日本での規格を示す。

  • 6B - 最も柔らかい。
  • 5B - 美術でもやる人じゃない限り滅多な事で縁はない。
  • 4B - よく手がけになるよ。
  • 3B - 金八先生の事じゃない。
  • 2B - ←このへんから聞いた事ある。
  • B  - ここまでが大体柔らかい。
  • HB - 多分みんなが一番よく使う。多分最も安定した
  • F  - えふぅ?そんなのあったのかよ?
  • H  - こっから段々硬くなるよ。
  • 2H \
  • 3H    \
  • 4H       \
  • 5H               このへんはもう特別、コメントが見つからない。
  • 6H       /
  • 7H    /
  • 8H /
  • 9H - すごく・・・硬いです・・・

HHard(硬さ)、BBlack(濃さ)をそれぞれ表している。FFirm(しっかりした)の略である。

 

豆知識 6B

  • 上記の規格以外にも、三菱鉛筆が最柔10Bから最硬10Hまでの22規格を開発、セット販売するなどしている。需要は不明。
  • 気温によって鉛筆の濃さは若干変わるらしいが、もそこまで気にしてない。

 

その他の利用 H

 

関連動画

鉛筆の本気。

 

鉛筆に不可能なんてない。

関連商品

お好きな鉛筆をお選びください。


ポディマハッタヤさん俺達アイドル。 

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%89%9B%E7%AD%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鉛筆

38 ななしのよっしん
2015/07/14(火) 10:45:23 ID: ANUOgbfSza
K鉛筆って何だ…? 硬度が「K」って事なの?
39 ななしのよっしん
2016/03/04(金) 03:20:40 ID: vkHBTpEfGh
>>sm28340613exit_nicovideo
40 ななしのよっしん
2016/03/20(日) 23:58:40 ID: ANUOgbfSza
昔の鉛筆ダースに書かれた購買意欲をそそる説明文が好き
41 ななしのよっしん
2016/10/25(火) 00:35:21 ID: 9me2GU2XI+
鉛筆」で「何それ?暗殺用のか何か?」と答えるのは20代前半以下
「四人対戦はアツかった。遺跡ステージの庭」と答えるのは20代後半以上

42 ななしのよっしん
2017/07/24(月) 22:09:25 ID: 1tvUHpaCoO
昔話さらには若者ケシカラン論のひとつとして、
集中して時間をかけて削り、ときには痛い思いもうんぬんというのがあるが、
むしろ筆とを使えという人はいるだろうか。
43 名無し募集中。。。
2019/04/08(月) 18:13:02 ID: dG95T/wZsh
色鉛筆普通鉛筆の違いはなんぞや
44 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 04:54:11 ID: JwKtDY1KVA
小学生鉛筆 中高生→シャーペン 大学生現在社会人)→鉛筆
というに、普段使いの筆記具がUターン状に移り変わった
シャーペンは常に細めの線が引けるし経済的なうえ、
ずっと同じ物使い続けられるから着湧くけど、故に失くしたときのショックがでかくてな…
あと鉛筆の方が落書きがしやすいのと、カッターで削る楽しさに気付いたのもある
なんやかんや鉛筆は好きな筆記具兼画材だわ
45 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 00:40:18 ID: OmDj/R9Za6
>>44
鉛筆色鉛筆は、基本構造は一緒ですが芯の原材料が全く別物です。

鉛筆の芯は、基本的に粘土を混ぜて1000℃ほどの高温で焼き固めたもの。
色鉛筆は、顔料と蝋と糊を混ぜて50℃程度の温度燥させたもの。

なので、色鉛筆は使用しておらず、の顔料が色のもとになっています。

あと、最近の子供は筆圧が弱くなったらしく、小学校低学年向けの鉛筆2Bでなく、4Bや6Bが流になっているそうです。
また事務作業で鉛筆を使わなくなったため、HBよりも柔らかい学童向けの2Bなどが流になりつつあるらしいです。
46 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 00:41:25 ID: OmDj/R9Za6
すいません。>>44>>43の間違いです。
47 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 01:17:12 ID: OmDj/R9Za6
連投すいません

>>28
5年近くも前の投稿レスをするのもどうかと思ったのですが…

ステッドラートンボ鉛筆より老舗(というか世界中の鉛筆メーカーで最古の起がある)ですので、書き味はメーカーのせいではないです。
メーカー鉛筆日本メーカー鉛筆より、同じ硬度で色が薄く、芯が固いという特徴があります。
N1が外メーカーのFに相当するのであれば、日本メーカー鉛筆ではH~2Hあたりに相当します。このあたりですと一般筆記用途にギリギリ使用できる硬度です。
これより固い2N、3Nは一般筆記用途には向かない(=固すぎてに引っかかってしまう)ので、書き味も悪くなってしまいます。
mars-dynagraphはN0(HB)が最も柔らかい硬度だったようなので、かなり固い鉛筆だったみたいですね。

急上昇ワード