銀と金単語

ギントキン

銀と金とは、1992年から1996年まで双葉社アクションピザッツで連載されていた福本伸行による漫画、同作を原作とした同名のVシネマ、もしくは漫画作中の青木による作画パチンコである。

概要

社会を生きる男達の、の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、さらに福本得意のギャンブル勝負を描いた作品である。
休載という形で連載終了し、現在に至っても再開されていない。物語中ところどころでられる伏線を残したまま未完の作品となった見方が強い。当初は二と森田を戦わせる展開で、物語を終わらせる予定だったと作者っている。(ウィキペディア「銀と金」より抜)

氏はとあるインタビューで機会があれば連載を再開したいともっていたが、今のところその予定はないようである。

主要登場悪党共

平井 二(ひらい ぎんじ)
平井銀二
本作の一人主人公が全てである裏社会を仕切るフィクサー。仲間達からは「銀さん」「二」と呼ばれているが、彼が身を置く世界では「王」の通り名で畏怖されている。「例の御老人」がめる条件に合致する森田を自らの生きる世界に引き込み、森田を加えた仲間達と共に、その常人をかに卓越した智とそれに伴った戦略、そしてを以て、狂人と化した大富豪ビジネス社会の暗部に跋扈する政治家達に挑んでゆく。
政治経済の知識や人脈だけでなく膂にも優れ、両手に物を持った連続殺人鬼有賀研二」を空手赤子扱いできるほどである。その際に森田二を「まるで人」と評した。
銀髪オールバックに切れ上がった三白眼(「天 天和通りの快男児」に登場する赤木しげるによく似た顔つき)で、上下黄色スーツ手なシャツを着用しているのが特徴。
若き頃の赤木しげるのような「死して本望」といった考えこそないが、勝つことに固執せず、自らの信念や信条を曲げないことに重きを置く思想を持つ、という点では赤木に通ずるともいえる。
森田 雄(もりた てつお)
森田鉄雄
本作のもう一人の主人公。日雇いの仕事ギャンブルでその日暮らしの毎日を送る素寒貧であったが、競馬場二にをかけられた日を転機に、二とその仲間達と共に裏の世界で生きていくことになる。命が危ぶまれる状況でも冷静さを失わずに機転が利かせられ、限られた好機をものにできる強運を持ち、二達がすでに失ってしまったという「損得をこえた感性」をも併せ持っている。二はその「感性」を他の何より高く評価していたが、後のとある出来事で森田のその「感性」が裏に出てしまったことにより、彼と二達は袂を別つことになる。
解けば背中にまで届く黒髪を後ろで束ね、緑色スーツのシャツをよく着用している。余談だがを解くと伊藤開司に良く似ている。なおはその限りではない。
安田 (やすだ いわお
警視庁OBで、元刑事部捜二課の巡査部長仲間からは「安田」「安っさん」と呼ばれている。西条とのポーカー戦では三田業、田丸融、高井ファイナンスに彼が口を利いて森田の軍資の工面を手助けし、森田レイズコールの代弁者となることで西条らに資の底を悟らせないために一役買った。メンバーの中では一番人間味が強い。
  有三(たつみ ゆうぞう)
毎朝新聞記者。「日本」の向井専務の失態を現地で調べ上げ、仕手戦の勝利に貢献した。長めの襟足ひげサングラス姿が特徴。
船田 正志(ふなだ まさし)
東京地検特捜部の元検事。ポーカー編では、西条側の沼が船田のブローカーとしての面を知っていたことが、西条らに森田の軍資の底を最後まで悟らせないことへと繋がった。恰幅の良い体系につり上がった眼鏡、長い黒髪オールバック姿が特徴。
(かわまつ りょうへい)
競馬狂いの21歳の青年。彼と民政党総裁の河野息子二つであったことから二とある作戦を思いつき、実行に移す。作中で二が安田に「今回限りのタマ」と話していたが、「世界に来い」と誘っていたこともあり、競馬編の後日に森田の時のようになんらかのチャンスや課題が与えられ、それらをこなして以降も仲間として二らと行動を共にしていた可性もある。
が、いずれにせよ連載が再開してくれないと机上の空論である。
田中 沙織(たなか さおり)
田中沙織
神威編で登場した看護婦で、森田相棒としてとある仕事に参加する。彼女が所持していたある物を見た森田は小さな胸騒ぎを覚える。すぐに掻き消えたその嫌な予感だが、後の彼女の振る舞いによって、それは現実のものとなってゆく。
初登場時からしばらくは、なんと瞳にスクリーントーンが貼られていた。かつ登場3コマの顔はなかなかに可く描かれており、描いたのは誰だと思った読者もいるかもしれない。
が、彼女横顔を見ると「ああ、やはり銀と金の作者福本伸行なのだ」と再確認することができるキャラクターである。
福本伸行氏の漫画には女性がほぼ皆無であることはよく知られたことだが、銀と金には較的多く登場している。だが女の子ギャンブルじる様(田中沙織とは別の人物だが)と、わざわざ瞳をトーン処理されるという扱いは稀有の極みである。

関連動画を見ろ・・・!人が生きるってことは関連動画を見るってことだぜ・・・!

紹介しよう・・・オレが信頼をおく関連商品を・・・!

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8A%80%E3%81%A8%E9%87%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀と金

123 ななしのよっしん
2017/02/07(火) 22:23:46 ID: xPNNNyfDtx
題歌がかなりマッチしてて好き
銀さんに会う前の森田の閉塞感というか、若者の焦燥感をあらわしてて
デンジマンじみた疾走シーン

今のカイジアカギべて展開いのと、30ドラマの展開いのが合わさってスピーディーに見られていいドラマだと思うわ
次回佐野史郎の怪演が見られそうで楽しみ
124 名無し
2017/02/18(土) 20:00:41 ID: IRSZVF8RoP
ドラマ原作セリフの補をしてたり微妙に展開変えてあって読めるけど読めないという感じが見てて楽しい
125 ななしのよっしん
2017/02/22(水) 23:42:38 ID: NzlKo29fbn
西条編はいってからドラマもだいぶ面くなってきたな
126 ななしのよっしん
2017/05/15(月) 00:04:31 ID: rFnhRHAPf/
良い終わり方してた
127 ななしのよっしん
2017/06/01(木) 17:22:03 ID: /6YnLjCRQ+
連載再開しないかなあ…
128 ななしのよっしん
2017/08/13(日) 10:29:38 ID: Lj7SSP8bzf
今の福本に連載再開させてもマトモなものはできない
やるにしても北斗の拳のようにだれかに外伝という形で書いてもらったほうが良い
129 ななしのよっしん
2017/10/28(土) 02:00:37 ID: WT6QwmNkdC
駆け足で今更ドラマ全編見たけど、テンポと現代に置き換えた設定は良かったな。
ただ森田の性格が中途半端に原作とずれたり、重なったりで結局最後の最後まで森田が全く魅的に見えなかったのが残念。

原作川田との喧やらで描写されてた、変な部分でっすぐな人間臭さが森田の損得度外視の立ち回りを支えてる印だっただけに、ドラマ森田は行動と発言が微妙にブレて勝ちに至る説得が薄かった気がする。
Vシネ版もそんな感じだったが、もう少し銀さんへの憧憬より森田自身の優しさや人間味を表現してほしかったなぁ。徐々にあくどさに慣れて上を森田より、あくどく生きる事に魅と憂いを感じる森田であってほしかった。銀さんは中条きよしリリーフランキーもハマり役だと思ったけど。
130 ななしのよっしん
2018/01/27(土) 08:25:53 ID: b1jb7fw8t6
漫画の方は小沢細川周りの政界ドタバタ劇を伏線として取り入れていたが、現実世界でそれがお笑い種で終わった今だからこそ続きを書いてほしい
それこそも出して、銀さんがあの裏でどうしていたのか とか、結局来なかった「次のバブルで更なる大を掴む」の件はどうしたのか、とか
131 ななしのよっしん
2018/03/10(土) 19:12:29 ID: cKeFMHLx/m
>>103
めて確認すると肩幅が広いというか頭が不自然なまでに小さいw

普通漫画では頭は現実より大きく書かれる傾向があるからなおさら
132 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 12:13:03 ID: 0aemYGUyTu
神威の四男だけど、幼い時期にあんな状況に置かれたら「お父さんを怒らせたが悪いんだ」とか「の事も褒めてほしい、愛してほしい」みたいに考えてしまう場合が多いよな。
だけど彼は「自分は許されない事をされている」ときちんと認識してたし、秀峰や達がどんな人間かも客観的に見えていた。それはやはり邦男の存在が大きいんだろうな。同じの中で同じ痛みを共有出来る人間がいたから正常な感覚を保つ事が出来たのではないか?
庭内で差別的な扱いを受けてるのが本当に自分1人だけって状況だったら、勝広は親に否定される事を過度に恐れるようになって、まして復讐なんて考えられる状態ではなかったかもしれない。
まあ一見優遇されてるように見えた3人のも秀峰のやり方には疑問を持っていたようだけど。

急上昇ワード