銀と金単語

ギントキン
2.2千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

銀と金とは、1992年から1996年まで双葉社アクションピザッツで連載されていた福本伸行による漫画、同作を原作とした同名のVシネマ、もしくは漫画作中の青木による作画パチンコである。

概要

社会生きる男達の、の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、さらに福本得意のギャンブル勝負を描いた作品である。
休載という形で連載終了し、現在に至っても再開されていない。物語中ところどころでられる伏線を残したまま未完の作品となった見方が強い。当初は二と森田を戦わせる展開で、物語を終わらせる予定だったと作者っている。(ウィキペディア「銀と金」より抜)

氏はとあるインタビューで機会があれば連載を再開したいともっていたが、今のところその予定はないようである。

主要登場悪党共

平井 二(ひらい ぎんじ)
平井銀二
本作の一人主人公が全てである裏社会を仕切るフィクサー。仲間達からは「銀さん」「二」と呼ばれているが、彼が身を置く世界では「王」の通り名で畏怖されている。「例の御老人」がめる条件に合致する森田を自らの生きる世界に引き込み、森田を加えた仲間達と共に、その常人をかに卓越した智とそれに伴った戦略、そしてを以て、狂人と化した大富豪ビジネス社会の暗部に跋扈する政治家達に挑んでゆく。
政治経済の知識や人脈だけでなく膂にも優れ、両手に物を持った連続殺人鬼有賀研二」を空手赤子扱いできるほどである。その際に森田二を「まるで人」と評した。
銀髪オールバックに切れ上がった三白眼(「天 天和通りの快男児」に登場する赤木しげるによく似た顔つき)で、上下黄色スーツ手なシャツを着用しているのが特徴。
若き頃の赤木しげるのような「死して本望」といった考えこそないが、勝つことに固執せず、自らの信念や信条を曲げないことに重きを置く思想を持つ、という点では赤木に通ずるともいえる。
森田 雄(もりた てつお)
森田鉄雄
本作のもう一人の主人公。日雇いの仕事ギャンブルでその日暮らしの毎日を送る素寒貧であったが、競馬場二にをかけられた日を転機に、二とその仲間達と共に裏の世界で生きていくことになる。命が危ぶまれる状況でも冷静さを失わずに機転が利かせられ、限られた好機をものにできる強運を持ち、二達がすでに失ってしまったという「損得をこえた感性」をも併せ持っている。二はその「感性」を他の何より高く評価していたが、後のとある出来事で森田のその「感性」が裏に出てしまったことにより、彼と二達は袂を別つことになる。
解けば背中にまで届く黒髪を後ろで束ね、緑色スーツのシャツをよく着用している。余談だがを解くと伊藤開司に良く似ている。なおはその限りではない。
安田 (やすだ いわお
警視庁OBで、元刑事部捜二課の巡査部長仲間からは「安田」「安っさん」と呼ばれている。西条とのポーカー戦では三田業、田丸融、高井ファイナンスに彼が口を利いて森田の軍資の工面を手助けし、森田レイズコール代弁者となることで西条らに資の底を悟らせないために一役買った。メンバーの中では一番人間味が強い。
  有三(たつみ ゆうぞう)
毎朝新聞記者。「日本」の向井専務の失態を現地で調べ上げ、仕手戦の勝利に貢献した。長めの襟足ひげサングラス姿が特徴。
田 正志(ふなだ まさし)
東京地検特捜部の元検事。ポーカー編では、西条側の沼が田のブローカーとしての面を知っていたことが、西条らに森田の軍資の底を最後まで悟らせないことへと繋がった。恰幅の良い体系につり上がった眼鏡、長い黒髪オールバック姿が特徴。
(かわまつ りょうへい)
競馬狂いの21歳の青年。彼と民政党総裁の河野息子二つであったことから二とある作戦を思いつき、実行に移す。作中で二が安田に「今回限りのタマ」と話していたが、「世界に来い」と誘っていたこともあり、競馬編の後日に森田の時のようになんらかのチャンスや課題が与えられ、それらをこなして以降も仲間として二らと行動を共にしていた可性もある。
が、いずれにせよ連載が再開してくれないと机上の空論である。
田中 沙織(たなか さおり)
田中沙織
神威編で登場した看護婦で、森田相棒としてとある仕事に参加する。彼女が所持していたある物を見た森田は小さな胸騒ぎを覚える。すぐに掻き消えたその嫌な予感だが、後の彼女の振る舞いによって、それは現実のものとなってゆく。
初登場時からしばらくは、なんと瞳にスクリーントーンが貼られていた。かつ登場3コマの顔はなかなかに可く描かれており、描いたのは誰だと思った読者もいるかもしれない。
が、彼女横顔を見ると「ああ、やはり銀と金の作者福本伸行なのだ」と再確認することができるキャラクターである。
福本伸行氏の漫画には女性がほぼ皆無であることはよく知られたことだが、銀と金には較的多く登場している。だが女の子ギャンブルじる様(田中沙織とは別の人物だが)と、わざわざ瞳をトーン処理されるという扱いは稀有の極みである。

関連動画を見ろ・・・!人が生きるってことは関連動画を見るってことだぜ・・・!

紹介しよう・・・オレが信頼をおく関連商品を・・・!

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8A%80%E3%81%A8%E9%87%91
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀と金

156 ななしのよっしん
2021/10/04(月) 19:47:08 ID: mOIaPDLicv
>>147
岡部騎手とか決起会の人たちとか、あれだけ熱くっておいて実は「お前らただの囮だから」てのは、もらってるとはいえやられた方からすれば全然筋通ってない気がするが……いや、それでも一緒に勝ちを喜んでくれるのが人タラシというかもしれん。
157 ななしのよっしん
2021/10/05(火) 22:57:31 ID: WpB6Wn+0pt
>>156
決起会の連中はともかく、岡部に関してはあぶみの仕掛けがなければあのまま一位獲ってた可性もあったと思うので、「ただの囮」ではなかったと思うけどね
それに300億がかかった勝負だということを考えれば、二重三重に策をり巡らせておくのはむしろ当然じゃなかろうか
158 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 06:54:05 ID: mOIaPDLicv
二側からすれば当然だし、わかった上で読み返せば「勝てとは言わない」「岡部岡部であってくれればいい」「どうぞ緩めてください」と真実を明かせない中で最低限の筋は通したともいえるが、岡部からしたらそうは思ってないからこそ一度はトップに立った(一流に心がこもった)わけで……麻雀直後の森田みたく、「結局銀さんで踊らされてただけ」的なもやもや感は残りそうな気がする。
159 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 10:41:05 ID: 83msg5rv7R
そんな遠回しな恨みを銀さんにぶつける前に、あのブライアンvsラムタラの世紀の大一番に参加できなかった念、くだらないを差した河野競馬界への不信感が先に募るだろうね
辞めちゃうかもしれない
160 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 21:24:40 ID: f+SJO5y/wl
もう時代が違いすぎるし、色々と財界方面の取材や下調べしないといけないからもう書かないだろうね…銀さんの中年イジリとかしょうもないのに1話使いそうな気がする
161 ななしのよっしん
2022/01/14(金) 20:09:11 ID: WAsBcQ80Ps
今読んでも面いけど、肩幅の凄さで笑ってしまう
162 ななしのよっしん
2022/01/31(月) 02:57:02 ID: OhUB0dc6e9
いまの福本リメイクしてファミリー向けみたいなわざとらしいウケを狙うコミカル銀さんになってしまうなら正直見たくないな
銀さんはあくまで男が男に惚れるハードな男でいてほしい
アニメ化ならアリ
163 ななしのよっしん
2022/01/31(月) 16:05:29 ID: OhUB0dc6e9
競馬編が正直個人的に微妙
話自体は面いんだけど、蔵前を倒して500億と2500億分の代議士を分捕っていよいよこのごと分捕るぜ! っていう盛り上がりを見せたあとに
300億ぽっちを取り合う勝負をされてもスケールダウン感が否めなくて
その前後にまた政界再編があって沢が役に立たなくなったから次は河野を落としに行ったとか、沢の政権の前に河野が邪魔だから倒しに行ったとか、そういう必然性があれば良いんだけど
勝負の理由も日を助けるというだけのいまひとつフワッとした理由だし
銀さんがこのトップを占めている魍魎たちと渡り合いながら闇のフィクサーとして盗りを仕掛けるという展開は大好きだったので、そこだけ残念だったんだよな
連載自体が終わってしまったからしょうがないけど
164 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 04:55:44 ID: apaxbiJeU4
検索するとエロサムネが大量に出てきてうんざりする……
165 ななしのよっしん
2022/06/11(土) 14:39:04 ID: sqrShs0fjV
元検事の田って本当に出番ないな
競馬編のトラック辺りでと一緒にチラっと出せばいいものを、田の代わりに黒服モブ部下が出てたり
作者にすら存在を忘れられてる気がする

おすすめトレンド