銀聯単語

ギンレン

銀聯(ぎんれん)とは、中華人民共和国における銀行オンラインネットワークの名称、およびそのシステムを利用したブランドの名称である。

本来の名称は「中国銀聯」で、英語圏における名称はチャイナユニオンペイ(China UnionPay)だが、一般的には中国China)の部分を省略して「銀聯」もしくは「UnionPay」とだけ表記されることが多い。

概要

2002年3月に成立した新オンラインシステムで、中国におけるカード産業の発展と成長をして作られた、中国銀行カード連合組織でもある。中国務院の認可中国人銀行の批准によって設立された企業「中国銀聯」の管理・運営によって成立している。ブランドとしての「銀聯カード」は2003年8月に発表・設立したものであり、ネットワークの成立とは時期が異なる。

このオンラインシステムの成立によって中国の各銀行システムや回線の規格統一が行われただけでなく、このシステムを用いた決済に使う統一ブランドを付与できるようになり、中国では銀行口座を開設するだけでキャッシュカードに銀聯ブランドが標準で付くようになった。
日本でいうとキャッシュカードに標準でつくブランドJ-Debit」に相当するが、銀聯はそのまま海外でも使えるブランドであるのに対し、J-Debit内でしか使えない。J-DebitJCBブランドを持ったようなものだと考えればいいだろう。

中国ではもともと紙幣100人民元/100元(1元 = 16~17円[1])までしかなく、それを上回る額の商品を購入するのには100紙幣を大量に持ち歩かなくてはならなかった。そのため、大量に持てば持つほど強盗にあいやすい上に、偽造紙幣に対する警から店では1枚1枚調べていたため、決済・購入までには非常に時間もかかっていた。

そのなかで、銀行に預けていながらクレジットカード/デビットカードの様にカード払いにも使える銀聯は、高額な決済やネット決済が安全に行えるということで、急速に利用者が増えていった。

現在では政府による普及・振策もあってか、140以上で使用でき、中国内における認知度は100%[2]シェア90%えている。

特徴

カード決済するときに必要とする暗番号(PINコード)は6ケタと、4ケタのVISAJCBべて複雑化している。それに加えてサインも必須となっている。

最大の特徴は発行枚数で、(十数億人の人口という分の大きさもあるため)カード発行枚数は50億枚以上と世界一である。クレジットカードとしても5億枚以上発行されており、ブランドでの総発行枚数は55億枚以上にのぼる(2015年末時点)。[3]

加えて、中国では個人向けの与信システムの構築が遅れているためクレジットカードはあまり普及していない[4]という事情もあってか、デビット決済が普通となっており、デビット利用率が非常に高いデビットカードでもある。ブランドとしての確立が進められていて日本JCBと並べられている感があるが、もともと政府導によって成立した銀行システムであるため、システムや成り立ち的にはむしろJ-Debitの方に近い。

日本における扱い

近年はコンビニ電店を中心に銀聯カードに対応しているところも増えてきているので、銀聯ブランドに対応していれば中国で発行された銀聯カードでもそのままクレジットカード/デビットカードとして使える。特に秋葉原中国人観光客による買い物が多いということもあって対応率が高い。

三井住友など、日本でも銀聯ブランドでのカードを発行しているところはある[5]。ただしクレジットカードとしての扱いでしか受け付けていない。日本発行の銀聯カード日本口座から日本円で引き落としされ、中国発行の銀聯カード中国の口座から中国元で引き落としされる。

中国でのVISAMasterCardJCBの浸透率は銀聯にべると低い。そのため中国の決済やATMJCBが使えるとは限らないので、仕事旅行などで中国に行くことの多い日本人は、銀聯ブランドカードを1枚ぐらいは持っていても良いかもしれない。

銀聯が使用できる日本のお店(一部)

引き出しできるATM

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *2016年12月現在
  2. *中国銀聯について (中国銀聯)exit
  3. *銀聯カードの世界発行枚数が50億超える 中国銀聯会長がミラノで発表 (共同通信 2015年6月12日)exit
  4. *【銀聯って何?】中国人観光客の”巨大な財布”「銀聯(ぎんれん)」利用者が日本で急増中 (日経トレンディネット 2008年02月14日)exit
  5. *銀聯カード(ぎんれんカード) (三井住友カード株式会社)exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8A%80%E8%81%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀聯

10 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 01:35:57 ID: 2630Qmb4W6
誤訳訂正…付はテキストロゴい)

日本に上陸するQuickPass(NFC Pay)は付で間違いなさそう
しかしどういうわけかEMVコンタクトレス決済を日本で先行導入したマクドナルド銀聯QuickPassをいた模様。すごく理由が気になる。シェア率はAMEXJCBよりずっと高いのにどうして

東急プラザ銀座内で初めて銀聯の非接触決済「QuickPass」を導入(東急不動産/ 東急不動産SCマネジメント
https://www.paymentnavi.com/paymentnews/72207.htmlexit
松屋百貨店初、銀聯非接触決済「QuickPass」を導入(三井住友カード
https://www.paymentnavi.com/paymentnews/73290.htmlexit
11 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 11:08:52 ID: 2630Qmb4W6
【展示会レポート】Mobile World Congress上海 2017 見聞録(1)いよいよ動いた中国銀聯、ついにQRコード決済市場へ参戦
http://epayments.jp/archives/5406exit
Android端末の「HCE仕様」にも対応したモバイル非接触IC決済「クラウドQuick Pass銀聯闪付)」を発表した直後ということもあり、(中略)
>なお、銀聯は今回のQRコード決済対応を機に、先述した「クラウドQuick Pass」の製品カテゴリを広げた模様。昨年まで対範囲としていたモバイル非接触IC決済に加え、QRコード決済、プラスチックICカード、スマートウォッチなどによるウェアラブル決済までもが加わったことで、銀聯現在ラインアップするほぼすべての決済サービスを内包するコンセプトになったようだ。
>昨年まではHCE対応のモバイル非接触IC決済の名称に見えていた「クラウドQuick Pass銀聯闪付)」が、対範囲を広げた格好

付、Wikipediaの項にも、HCEを利用しカードをシミュレ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 11:32:41 ID: 2630Qmb4W6
中国Apple Payについての記事みつけた。参考になるかな
https://xiaolongchakan.com/archives/exit中国最強iphone-6s6s-plus中国版だけ番が違うのはな.html
iPhone 6s/6s Plus中国大陸版の番が他の・地域と異なっているのは、異なるNFCチップを積んでいるから
>簡単にいえば、中国大陸iPhone 6s/iPhone 6s Plusのみ「銀聯(银联)」のPBOC 3.0 Quick Passフラッシュ決済標準をサポートし、他・他地域のものはサポートしていない
https://xiaolongchakan.com/archives/exit中国でもサービス開始したapple-pay、あなたの知らない.html
NFCチップの内部にあるSEプロトコルの差異は、EMCとPBOCという2つの仕様基準があることに根本的な原因があり、そのせいでSEの執行のためのプロトコル環境が異なり、互換性が低いのが難点だ。PBOCEMVのどに互換性があるが、逆にEMVはPBO
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 14:10:00 ID: 2630Qmb4W6
日本で購入したiPhone 7、中国Apple Payは使えるか?
http://blog.shapingguo.com/2017/02/04/iphone7_apple-pay/exit
中国Apple Payを使う
https://wtpmj.com/?p=2362exit
Apple Pay北京上海の交通カードが紐付け可
https://www.iemoto.com/2018/04/applepay-china/exit

ハードウェア実装の互換性は問題いらしい。なお対応カード銀聯が独占している模様>中国Apple Payガラパゴス化
中国大陸の決済インフラ銀聯ってるから仕方ないね
14 ななしのよっしん
2018/07/21(土) 01:48:17 ID: R8ATxtdAtW
パナソニックINFOXだとPBOC2系も行ける模様
(故にZEC-14以降の端末の実績が多い三井住友カードつおい)
15 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 18:28:05 ID: 2630Qmb4W6
中国银联“闪付”标识迎第三次巨变,启用EMVCo非接示符
http://3g.rfidworld.com.cn/NewsView.aspx/120683exit
銀聯カードの非接触決済標識銀聯独自の付QuickPassロゴからEMVコンタクトレス標準のRFリップルマークに変更するらしい
2013年銀聯EMVCoに加入した際、EMV仕様に準拠していないため旧付QuickPassロゴリップルマーク削除された的な旨も書いてあった
確かにリップルマークが記載されてるのにEMVコンタクトレス非対応の自販機とか稀によくあるけどややこしいよね
16 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 18:21:14 ID: 2630Qmb4W6
銀聯付(NFC)に対応している公共交通機関(広州地铁深セン地铁高雄捷運)の自動札機のアクセプタンスマーク銀聯ロゴ+EMV標準リップルマークになってるのを確認
17 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 09:24:36 ID: 2630Qmb4W6
https://www.aeon.com.hk/jp/html/privilege.htmlexit
香港イオン銀聯カードリップルマークついてるやん!
VISA,Mastercard,銀聯,JCBが並び立ちブランド博覧会のようで壮観
JCBだけリップルマークついてないのが惜しいけど
18 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 13:43:37 ID: 2630Qmb4W6
マレーシアのパブリック銀行が発行する銀聯デビットカードリップルマークついてた
FAQ流し読みしたらQuickPass(付)という固有名称が見当たらずContactless Functionality(非接触式功)に名称統一されている様子
いずれ日本コンタクトレス決済orタッチ決済(非接触決済)で決着つくかな
19 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 18:38:46 ID: 2630Qmb4W6
бесконтактной unionpayでググってたら又リップルマーク付き銀聯カード見つけたわ
ロシア農業銀行(Россельхозбанк)とボストチヌイ銀行(Восточный Банк)という所が発行しているようで
https://www.dream-seed.com/weblog/huawei-pay-russiaexitによるとロシア銀聯ファーウェイが提携するモバイル決済サービスHuawei Payが中国外で初進出した地域との由だが、現時点ではこの2行の銀聯カードしか登録できない模様
果たして使い途あるのかと思った空港連絡鉄道エロエクスプレス銀聯NFC決済に対応しているらしい。そこでアクセプタンスマーク銀聯ロゴ+リップルマークがある自動札機の写真を発見しての達成感を得た