編集  

鋼鉄の白兎騎士団単語

ハガネノシロウサギ

鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)とは、株式会社エンターブレイン発行、ファミ通文庫レーベルで出版される小説ライトノベルである。全10巻と短篇集1巻で構成される。著者は舞阪イラスト伊藤ベンが担当している。ジャンル乙女ファンタジー戦記モノ。なお、続編に当たる『ガブリエラ戦記』(全6巻、完結)についても本記事にて解説する。

小説作品一覧

概要

世界エスペリテ・ウモルに存在するパスティア大陸。その地に存在するうら若き乙女のみで構成された、『守護アルアラネの加護をいただく少女騎士団』、その兎耳を模した白銀兜の形から、人呼んで『鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)』。その白兎たる若き戦乙女たちの活躍を描く、美麗プリキラ最強乙女戦記小説シリーズ

物語主人公ブリエラ・リビエラ・スンナが騎士団長として、敵国との一大会戦に臨む……という場面から始まる。そこからの回想として、ガブリエラ団長就任までの数々の試練、難事、闘争、策謀、入浴によって物語は進行してゆく。

要な登場人物の大半が女性であり、しかも騎士団員にいたっては全員若い乙女という、特定の嗜好の読者を選ぶ作品のように思えるが、中世期特有の裸への恥らいのさ、それに加え騎士団内の戦乙女達に女子高校的なあげっぴろげな気があることや、特定人物以外の百合恋愛描写がほぼ絶なため、肌の露出の多いイラスト立つにも関わらずあんまりエロくないというある意味稀有な作品である。そのため表買いすると内容とのギャップに驚かされる可性がある。

作品全体を通して、ガブリエラの奇抜な機略によって事態がひっくり返され、彼女の類まれなる策士としての成長と、彼女の意思に反して果てしなく高まっていく悪名を楽しむ戦記・軍記作品となっている。

ガブリエラ戦記

鋼鉄の白兎騎士団』が10巻で完結した後スタートした第二章に当たる作品。なお、イラストレーターは交代し、優木きらが担当している。全6巻で本編終了後、2013年2月下旬発売の短編集1冊をもって完結予定。

紆余曲折を経て白兎騎士団長となったガブリエラの、就任後にとうとう勃発した同士の全面戦争。ガブリエラの策略は、大にどこまで通じるのか。そして彼女い評判の高まりはどこに辿りつくのか。パスティア大陸の覇をかけた戦い、白兎騎士団存続の戦いが始まる。

関連商品

鋼鉄の白兎騎士団

鋼鉄の暗黒兎騎士(「白兎」短編集)

ガブリエラ戦記

 

 白兎騎士団の大団円(「ガブリエラ戦記」短編集)

 

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8B%BC%E9%89%84%E3%81%AE%E7%99%BD%E5%85%8E%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3
ページ番号: 4579392 リビジョン番号: 1743794
読み:ハガネノシロウサギ
初版作成日: 11/03/04 02:47 ◆ 最終更新日: 13/02/11 04:40
編集内容についての説明/コメント: ガブリエラ最終巻までを商品に追加し、それにそった内容に本文を一部改訂
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鋼鉄の白兎騎士団について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/03/02(金) 02:37:20 ID: o0sZKH3kH7
正直アニメ化か何かの為に伊藤ベンさん降ろしたとしか思えない位
雰囲気違いすぎるわ…
2 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 03:13:30 ID: vVpWgQnPvc
スニーカー文庫だったかスーパーダッシュ文庫でこの作者が書いてた王子探しのやつが好きだったな、ストーリーはともかくファンタジー世界感や個性的なキャラが好きだった
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス