錦小路単語

ニシキコウジ

錦小路(にしきこうじ)とは、日本苗字、地名である。

京都市の東西の通りに錦小路通(平安京の錦小路)があり、高倉通と寺町通の間に存在する錦市場の台所と呼ばれている。

苗字としては、公家苗字で、平安時代公家、丹波康頼を祖とする錦小路が称した。丹波氏は坂上氏の一族で、後漢霊帝の血を引く渡来人の裔とされる。丹波康頼は医であり、錦小路も代々朝廷に官医として仕えた。戦国時代中絶するものの江戸時代中期に再維新後は子爵となった。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

架空のキャラクター

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8C%A6%E5%B0%8F%E8%B7%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錦小路

1 ななしのよっしん
2011/12/27(火) 16:30:50 ID: WPYuK6IDEl
の通りとしては具足小路→小路→錦小路と名を変え今に至る。
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/ojikoji/kaido/nisiki/nisiki2.htmlexit京都新聞)
かつて小路と呼ばれた所が後のの台所になるとは…

急上昇ワード

2019/09/17(火)09時更新