鎌倉時代単語

カマクラジダイ
4.8千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

鎌倉時代とは、日本の時代区分。鎌倉幕府成立(1183,1185,1192)からその滅亡(1333)までをす。

名前の由来は、幕府の置かれた鎌倉から。

概要

が、朝廷と並んで全支配をする政権を東に打ち建てたことに始まる。ここから、京都鎌倉の、そして朝廷武士の二元政治が開始されることとなる。

の死後、源氏を失い、執権の北氏によって政権は運営されていくが、この構造は変わらず、むしろ承久の乱鎌倉側の優越にさえなった。

二度の元寇は幕府を一時的に動揺させたが、これを理由にした北条氏の全支配が強化される。更に1285年の霜月騒動をもって、執権すら名化して、得宗専制体制が確立された。一方で、北条氏の中央集権の結果、御家人全体に幕府への不満がたまっていった。北貞時の代で、ついに北条氏得宗すらも形式的な地位になった。

こうした中での、朝廷の皇位継承問題に関して、不満を持った後醍醐天皇を中心として幕府が倒された。

鎌倉幕府歴代将軍

大きく分けて源氏将軍、摂将軍、皇族将軍の3期がある。そのために一つの一族が将軍位を独占していたのちの室町幕府江戸幕府と異なり、鎌倉幕府の歴史は複雑でわかりくいものとなっている。この最大の理由が、カリスマであった源頼朝1199年に亡くなった後、幕政が混乱し有御家人将軍、門葉といわれた有清和源氏一門全員を巻き込んだ壮絶な内ゲバの挙句、1219年に源実朝死亡して将軍が絶えたことがあげられる。またこれに連動する形で執権を務めた北条氏内部での抗争があり、皇族将軍時代の初期までは混乱が続いていったのであった。

初代:源頼朝 在:1192~1199
ご存知1192作ろう鎌倉幕府でおなじみの人。平治の乱二人よりも高い官位を与えられていたことから、くから後継者補とされていたようだ。
その後はもはやおなじみであろう。なお彼自身は将軍のどれかを希望したのであって、征夷大将軍自体は朝廷の合議で決まったようだ。晩年は建久七年の政変で九条を切り捨て村上源氏に接近し、のちの江戸幕府よろしく皇族と婚姻関係を結ぼうとしたが失敗した
2代:源頼家 在:1202~1203
源頼朝息子企氏のパイラインを使った側近政治を行い、制度の整備や世代交代を進めていこうとしたものの失敗に終わり、自分の味方であった比企能員らを失い失意のうちに亡くなった…みたいな扱いに最近はなっている。母親である北条政子にもやや見捨てられた感のある北条氏の最初の犠牲者。
3代:源実朝 在:1203~1219
源頼家。当初は北条氏企氏と源頼家を排除した後の輿として担ぎ上げられた模様。の政策の反動から先例遵守が基本路線であったが、一方で京都の文化に傾倒し後鳥羽院との関係は良好だった(官位の上昇も摂関べればそれほど異常なものでもないし)。
政治意欲も高かったようだが、最後は頼息子に殺されることになった。
将軍北条政子 代行:12191225
ご存知源頼朝の正室。北条時政の長女で夫頼の没後彼の権を代行した(鎌倉時代前期までは系がまだ強かったためよく見られた)。その後は息子二人を後見するが、北条時政の陰謀による源頼家の失脚は容認していた節がある。
源実朝の没後九条頼経の将軍就任まで事実上の鎌倉殿となり、甥:北条泰時相続に絡んだ賀氏の変などにも関わった。1225年に亡くなると、いよいよ摂将軍の時代になる。
4代:藤原九条)頼経 在:1226~1244
摂関九条息子系、系ともに源頼朝:坊門血縁にあたる。また妻は源頼家御所で、源氏将軍の後継者であることが強調されている。
本来王を迎えるはずが、後鳥羽院との関係悪化で連れてこられた。年を重ねるにつれ自身の権を自覚し、名越流北条氏三浦氏といった将軍を形成するが宮騒動で敗北し、1246年に追放された。
5代:藤原九条)頼嗣 在:1244~1252
九条頼経の息子。北条経時のである檜皮結婚した。
大御所:頼経の1246年の追放後、幼い頼嗣に幕政を導できるはずもなく、宝治合戦、建長政変で将軍が壊滅するのを見届けることしかできなかった。
そして執権北条時頼連署北条重時の決定で皇族将軍の決定がひそかに進められ、鎌倉を追われた後わずか18歳で亡くなった。
6代:宗尊王 在:1252~1266
嵯峨天皇息子で半世紀ぶりの待望の皇族将軍である。
幕府への権発動が確認できる最後の将軍であり、成長するに従い儀礼の人事などに介入を行った。
1266年に不可解な鎌倉追放が行われ、のちに二月騒動で誅殺される名越教時らの抵抗もむなしく京都へと戻っていった。
彼の追放を持って吾妻の記述が終わる。
7代:惟康王 在:1266~1289
宗尊王の息子の追放もあってわずか3歳で征夷大将軍となった。
王→源氏王という異例の経歴をたどるが、それには蒙古襲来の緊感の中、北条時宗頼綱らによってかつての源頼朝になぞらえられたものとされる。
しかし、頼綱が皇孫を理やり王にするよりも、より天皇への血統が近い本物の王を迎えることを選んだ結果、罪人同然のように京都へと送り返された。
8代:久明王 在:1289~1308
後深天皇の皇子。惟康王の婚姻し彼の後を継いだ。
もはや全にお飾り同然の存在であり、鎌倉歌壇の中心的な存在だったことしか特にることはない。将軍職更迭も平和裏に行われたとされる。
9代:守邦王 在:1308~1333
久明王の息子。実は地味にすべての鎌倉将軍血縁にあたっている、ということ以外特に書くことはない。
幕府滅亡の三か後に亡くなったとされるが、その詳細も不明である。

鎌倉時代の争乱

文化と宗教

源頼朝手な格好をしている部下のの袖を切り落とし「贅沢をするな」とめた逸話に見られるように鎌倉幕府の価値観とは平安時代美で奢な文化を否定し、質素倹約を良しとする質実剛健なものだった。世界的大都市であった平安京に住まう文化的な公家たちにべ、鎌倉武士日本深き片田舎で抗争を繰り広げる荒くれである。文化資本に投資する余裕もなければ学もない。彼らの文化とは騎射三物(懸、流鏑追物)などの武芸であり付随する武装などの工芸品であった。

一方で鎌倉幕府は朝廷に対抗する意図を持っていたため文化面でも対抗していく必要があった。
質実剛健な鎌倉武士が受容したのは臨済宗や曹洞宗を始めとする宗である。
常に死が隣り合わせの武士にとって実践的でシビアな世界観を持つ宗は広く受け入れられた。とはいえ二つ以上の宗に帰依している武士しくはなく宗以外にも様々な宗がこのころ出現している。

また寺院に付き物の像においても写実的で荒々しい作師集団、慶が好まれた。
の造朝廷で持てはやされた定様の像にはない魅を持っていた。

彼らには非異端達であるという共通点がある。
鎌倉時代、僧侶たちは朝廷天台宗など旧来の宗に直接排斥されたもの、それまでの仏教の在り方に異を唱えたもの、モンゴル帝国盛によりから渡来したものなど様々な思想を持ったものが行き場をめていた。
師とて同じである。慶が置かれた奈良時代盛した写実彫刻を得意とする奈良師の流れをむ者達であったが、平安京に都が移され定様の像が流になったことで奈良師は冷遇されていた。
朝廷の望む定様とは異なる、新しい像を創作する場が望まれていた。

鎌倉幕府は彼ら異端や新を取り込むことで奢な朝廷文化とは異なる、鎌倉武士の質実剛健な気質にあった独自の鎌倉文化を形成していった。朝廷に対抗しうる文化、言わばソフトパワーを得たのである。
承久の乱以後は鎌倉京都に並ぶ文化的中心地となって行くことになる。現代にも残る長谷大仏鎌倉大仏)を始めとする鎌倉の寺社群はこのころ形成されている。

やがて仏教は庶民にも広がり伝統的な精世界を侵食していった。神仏習合と本地垂によって朝廷、牽いては天皇性が相対的に低下していったのである。墾田永年私財法承久の乱によって土地の統制も失っており朝廷の権勢は世俗的にも宗教的にも衰えていくことになる。

鎌倉は文化面でも宗教面でも政治面でも優位に立ちつつあった。

しかし鎌倉武士とて素で質素なままでは居られなかった。
鎌倉武士の間で朝廷の文化であった和歌が流行するようになるのである。
また宋銭の流入による貨幣経済の浸透は土地の収穫を財政基盤とする旧来の武士圧迫する一方、行政都市として成熟していった鎌倉の幕府中枢でも賄賂が蔓延した。
鎌倉末期には成功(じょうこう)による官位の補任を狙った大規模な寺院の造営が立つようになる。
像も停滞した。あれほど新であった慶像も末期には模倣ばかりになり新しい発想のものは生まれなかった。(像美術は以後見るべきものがなくなり大衆向けのパーツを組み合わせた大量生産品のものばかりとなる。)

鎌倉武士が作り上げた猛々しく質実剛健な文化は腐朽してしまったのである。

一方、朝廷では後醍醐天皇が出現する。衰えたとはいえ未だ天皇性に伏していた山伏や商人の支持を得つつ、密教の習熟によって秘的を回復させた上で、最新鋭の学問である学(朱子学)で理論武装を行った。宗教では天台宗比叡山や南都の寺社、元寇盛した新伊勢神道真言宗僧侶文観(「真言立川流の僧」とされる事が多いが実情は不明)を擁し、世俗勢としては悪党、非公家、寺社を滅な手腕でまとめ上げた。このキメラの如き集団で後醍醐天皇鎌倉幕府に対抗する勢を作り上げたのである。

葬り去ったはずの伝統文化と新しく勃してきた異端文化に擦り潰され鎌倉文化は幕府と共に音を立てて崩れ去っていった。

関連静画

関連商品

関連項目

鎌倉時代を舞台とした作品

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8E%8C%E5%80%89%E6%99%82%E4%BB%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鎌倉時代

71 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 19:09:15 ID: 5ebSyiePxG
古代欧州の兵で死者10万は悪い冗談だな
全盛期ローマ帝国の全兵を掻き集めても50万前後
中世なら王の征でも数人で普通

コメがある東洋にべ、栄養効率の悪い麦・パン欧州は概して人口が少ない
72 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 23:11:59 ID: T8VzAEUhzX
西洋での近代以前の一会戦での使者で最大はカンナエの戦いのローマ軍戦死者5万以上が最大だったはず
戦闘を繰り返して大軍勢が溶けたというならナポレオンロシア遠征が代表的だと思う

あとは東洋西洋日本ヨーロッパ問わず、20世紀初頭は近代戦の始まりだから、日本だけでなく全世界地獄の始まりだよ
73 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 23:16:20 ID: T8VzAEUhzX
返信しちゃったけど、これ全然鎌倉時代に関係ない話だな
74 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 04:56:38 ID: KH0Soo7KyI
返信ありがとう。

>>71
中国等の大陸国家ならともかく中世日本の栄養状態は当時の欧州より悪かったと聞いたが実際はどうなんだ?戦国期に訪れた宣教師ローマに行った正遣欧使節団の記録じゃ欧州人の身長日本人より高かったらしいが。
>>72
カンナエの戦いの戦死者5万人やナポレオンロシア遠征を含むなら近代以前の欧州戦争の方が過酷じゃないのか?

近代以前の日本で最も死者数が多かった戦いだと何人ぐらい死んだかね?

後、20世紀初頭は世界にとっても地獄の始まりなのは知っているけど小規模な戦争どの日本にとっては特に別次元な過酷な世界なんじゃないかと思った
75 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 06:02:36 ID: 5ebSyiePxG
文献の4章による推定値だとこんな感じ。中世鎌倉時代の頃だと、
体格はともかく人数は東アジアの方がずっと多く養えていた模様

紀元0002年 欧 4243万 東アジア 6053万(うち日本 58万)
紀元1200年 欧 3345万 東アジア12126万(うち日本900万)
http://www.ipss.go.jp/international/files/hayashi/Hayashi%202007%20World%20Population%20History.pdfexit
76 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 17:09:35 ID: KH0Soo7KyI
東アジアの方が多いのは知っているよ。日本欧州の一イギリスフランス等)と較したら栄養状態はどうなのかと知りたかった。

その文献を見る限りじゃ鎌倉期の日本欧州較してもかなり人口が多かったんだな。
77 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 10:42:03 ID: 5ebSyiePxG
太平記だと敵味方とも数十万人単位の兵が動いていていくら何でも怪しいけど、
実数でも数千前後の兵が動いていたとは言えそうだね
鎌倉時代戦場風景を描く時にも安心して大軍描写が出来そうだ
78 ななしのよっしん
2021/05/09(日) 12:30:04 ID: 4z10dgRr3N
>>lv331629027exit_nicolive
79 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 01:16:05 ID: n0ZeHu1Z+M
いつ始まったか論物凄いカオスなことになってるんだな…
185年説守護地頭の設置が根拠 従三位以上じゃないと設置できない。征夷大将軍の92年と同じく「朝廷から認められた」 批判点→平家から没収された所領や謀反人の所領に限定 全束ねる存在ではない 地頭の権限範囲曖昧?
184年問注所や公文所設立説 訴訟の政務を重視 
183年の十月宣旨説朝敵解除されたことと東支配が認められた 批判点→木曽義仲北陸除外されてるし東の地域範囲が曖昧
180所設置・頼新居完成説 ただし平家はまだ健在
1190年近衛大将任命説 幕府は近衛大将の唐名 批判点頼以降実と惟康王しか任命者いないし室町や江戸にも全然合致しない
80 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 01:19:13 ID: n0ZeHu1Z+M
近衛大将任命説→右近衛大将任命説