長崎電気軌道単語

ナガサキデンキキドウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

長崎電気軌道とは、長崎市内で路面電車の営業をしている軌事業者の名称である。

概要

正式名称は『長崎電気軌道株式会社』。通称は電、長崎電鉄。はどこからきた
九州一の私企業事業者である(鹿児島鹿児島市熊本熊本市自治体運営している)。
の長さは11.5kmで停留所は39ヶ所。保有車両数は75両。

長崎市は狭隘な谷間に形成された都市地がほとんどないことから、図らずも沿線に要施設や観光地が集中している。このことが路面電車の経営にはプラスに作用しており、実際に当社は黒字経営を実現している。
2018年8月には観光客へのわかりやすさ向上を狙って13の停留所名を一斉に称した(後述)。

2015年に「ながにゃん」というゆるキャラが誕生した。長崎の尾曲がりモチーフとした妖精で、頭には電車マスクを被り、肩にはカステラなどが入った電車のバッグを下げており、には出のポケットがついている。詳細はこちらexit

運賃

はどこまで乗っても同じ。そして運賃は値上げした現在でも日本で最も安い。
2008年に「長崎スマートカード(販売額3000円)」というFeliCa式プリペイドカードが導入された。それに伴い回数券の販売は終了している。乗り換え時に乗り換え券が不要となっている。定期券長崎スマートカード化されている。
モバイル一日乗車券2013年に導入された、スマートフォンタブレットを使った乗車券。「長電アプリexit」が必要であるが、キャリア決算クレジット決算で支払いができる。乗務員に画面を見せて利用する。当日しか使用できないため購入時には注意が必要。

このほか、2008年からはJR九州の「旅名人の九州満喫きっぷ」も利用可

歴史

大正4年11月 病院下~築町 営業開始
大正6年6月 大浦通~出雲町 営業開始
昭和9年12月 町~屋 営業開始
昭和20年8月 原爆投下 全線不通。16両焼失
昭和57年7月 長崎 2日運休
平成元年3月 諏訪神社前~屋間軌移設・センターポール

長崎電気軌道株式会社 企業情報exitより一部編集し引用

原爆投下では全線に渡り甚大な被害があったが(車両もだが、従業員に死傷者が多数出たことは言うまでもない)、わずか3ヶ月半という短期間exitで運行を再開し、長崎の復に貢献した。
当時被災した車両の一部は現在に至るまで市民の足として活躍している。

運行

1~5号系統が走っている。なお2号系統は通常深夜1往復のみの運行となっている(精霊流し、年越しなどで臨時運行されることもある)。JR長崎本線とは浦上駅長崎駅で接続しているほか、住吉電停西浦も至近距離に位置している。
路面電車同士の乗り換えは新地中華街電停での1⇔5のみ可(1⇔3や1⇔4に乗り換えはできない。ただし1⇔5の乗り換え町と市民会館3系のりば以外全ての停留所に移動が可。この2つの停留所に行きたい場合は3号系統を使うしかない)。また、昭和町通り電停迫行きのホームしか設置されておらず、長崎駅前方面行きは停しないため注意が必要。
各系統と停する停留所(電停)は以下の通り。

1号系統

迫-住吉-昭和町通り-千歳町-若葉町-長崎大学-岩屋-庫-大橋-平和公園-原爆資料館-大学病院-浦上駅前-茂里町-銭座町-宝町-八千代町-長崎駅前-五島町-大波止-出-新地中華街-西町-観光通り-思案-崇福寺

2号系統

迫-住吉-昭和町通り-千歳町-若葉町-長崎大学-岩屋-庫-大橋-平和公園-原爆資料館-大学病院-浦上駅前-茂里町-銭座町-宝町-八千代町-長崎駅前-五島町-大波止-出-新地中華街-西町-アーケード-めがね-市民会館(4・5系のりば)-諏訪神社-新大工町-新中川町-

3号系統

迫-住吉-昭和町通り-千歳町-若葉町-長崎大学-岩屋-庫-大橋-平和公園-原爆資料館-大学病院-浦上駅前-茂里町-銭座町-宝町-八千代町-長崎駅前-町-市民会館(3系のりば)-諏訪神社-新大工町-新中川町-

4号系統

崇福寺-思案-観光通り-アーケード-めがね-市民会館(4・5系のりば)-諏訪神社-新大工町-新中川町-

5号系統

石橋-大浦天主堂-大浦通り-メディカルセンター-新地中華街-西町-アーケード-めがね-市民会館(4・5系のりば)-諏訪神社-新大工町-新中川町-

観光の際など乗り換えに不安がある場合は前述の長電アプリを使うと良い。
一日乗車券だけではなく観光ナビや路線図情報も確認できる。歴史ある歴史ある車両で回って長崎市を楽しんで欲しい。

2018年8月の電停名改称

2018年8月1日、一気に13の電停名が称された。

なお、西電停の1・5系のりばは「西町」のまま据え置きとなっている。

沿線案内

長崎電気軌道でアクセスできる施設などを紹介する。

観光地

学校

ショッピング

その他

車両

より車両を譲り受けた結果「動く電車博物館」と呼ばれている。
150形は1956年箱根登山鉄道から譲り受けたものだが、2015年現在も動態保存されている(ただしイベント時など特別に運行されるため常時走っているわけではない)。
その他の車両についてはこちらexitを参照。

関連動画

 

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%BB%8C%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

長崎電気軌道

1 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 11:17:18 ID: QDKiT1PrkY
>ただしこの乗り換えのみで全ての停留所に移動が可

電停涙目
2 サポート23号
◆9BvFLhWsyc 2015/09/14(月) 21:14:24 ID: Wh43DfZL3K
>>1
ああ、本当ですね。あと会堂前3番のりばも。
少し編集します。ありがとうございます!
3 ななしのよっしん
2016/06/07(火) 20:02:48 ID: GyManO4jU/
2連続で同じ所で脱線して1系統と5系統(築町~石橋のみ)だけの運行になっちゃってるけど大丈夫なのかな…
諏訪神社前~会堂前は1系統以外全てが通るジャンクションだから、く原因を解明しないと経営にも影出そうだなぁ。