閉塞単語

ヘイソク
2.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

閉塞とは、

  1. 閉じて塞ぐこと。
  2. 鉄道の安全な運行に関する仕組み。

ここでは鉄道の閉塞に関して説明する。

概要

鉄道は高速に移動するが、停距離が長いため、対向列車や先行列が見えてからブレーキをかけても間に合わない。このため、列車を運行するにあたっては、運転士視だけでは安全を保できないため、先行・後続車両がいないことを担保するための仕組みが必要となる。それが閉塞である。

基本的な考え方は、「発から停まで(通常はからまで)の区間に車両が最大で一編成まで存在できることを保する仕組み」である。進行中に他の車両が線路上に存在しなければ衝突事故は起こり得ない、というシンプルな発想と言える。鉄道明期には閉塞が底されなかったために重大な衝突事故が起きていた。

あるいは、列車の間隔を一定以上に保つ仕組みでも構わない。ATACSや一部のATCはこれであり、これらは閉塞を用いない。

これらの閉塞を実現する方法は、いくつかの分類がある。

  • 常用閉塞 - 常時に使用する方式。これらはさらに2種類に区分される
    • 非自動閉塞 - 人手を介する方式。これらはさらに細分化できる
    • 自動閉塞 - 人手を介さない方式
      • 特殊自動閉塞
      • 自動閉塞(特殊)
      • 自動閉塞
      • 内信号閉塞
  • 代用閉塞 - 故障や工事などにより、常用閉塞を用いることができないときに使用する方式

常用閉塞

先ほども説明した通り、常時に使用する方式である。これに基づいて、閉塞装置を設置していく。

非自動閉塞

閉塞手続きを人間の手を介することで行う方式である。原則、単線でのみ用いることが可である。

スタフ閉塞

物理的な通票を1つだけ用意し、それを持っている列車だけが閉塞へ進入することができる方式。この方式は一番シンプルではあるものの、続行列(同一方向に出す列車のこと)を出すことができないため、続行列が存在しえない区間で用いるのが基本である。つまり、単線の行き止まり区間で用いることになる。名松線から伊勢奥津駅間などで用いられる。

票券閉塞

通票は1つだけ用意するが、続行列がある場合、通券を発行し、それを渡して通票を見せることにより、列車を閉塞へ進入させることができる方式。続行列がない場合はスタフ閉塞と同様に通票を渡す。

これにより続行列を出せるようになるため、ダイヤ自由度が上がるのだが、車両故障などにより運行予定が変わってしまうと反対側から列車を出せないため、通票を別の手段で陸送するなどの手段が必要となる。名松線からの間はこちらを用いる。

タブレット閉塞

通票を複数用意して、それらをタブレット閉塞機に入れ、両停場間の打ち合わせにより、1つだけ出すことにより閉塞内に1列車だけ進入することを担保する方式。

これによりどちら側からも安全に列車を出せるようになる。ただ、非自動閉塞全般に言えることだが、閉塞の両端の停場に人員を配置する必要があることから、路線の省化に限界が出てくる。そういうわけで、JR客線からそれらを扱う路線は消滅しており、一部の第三セクター路線に残っている。

連査閉塞

これまでのスタフ閉塞・票券閉塞・タブレット閉塞では、物理的な通票を用いていたが、その代わりに信号を構築し、停場の出入り口に軌回路を設置し、閉塞を打ち合わせたうえで信号機の現示を切り替え、軌回路を通過したかどうかで閉塞を管理する方式。

相変わらず人手を介する必要があるのは変わらないが、閉塞のための物理的なを使う必要がなくなった。だが、機械的な欠陥などがあることなどから、特殊自動閉塞が開発されるとそちらへ移行が進み、JR客線からは姿を消しており、一部の貨物線に残るのみとなっている。

連動閉塞

回路を停場間全体にしたもの。これにより、車両が取り残されていれば回路が戻らないため異常事態が起きたことが明らかになる。

閉塞と同様の欠陥があること、連続した軌回路があることから自動閉塞への切り替えが容易なことから々とJR客線からは姿を消している。

自動閉塞

人間の手を介することなく閉塞手続きを行える方式である。ポイント扱いなどは人手を介する必要があるが(基本的には駅長が行うが、CTC方式を採用する場合、CTCから行う)、それらさえすれば閉塞手続きが了し、めて閉塞のための作業を行う必要はない。

特殊自動閉塞

場の出入り口に軌回路などを設置し、そこを通過したかどうかで閉塞を行う方式。単線でのみ使用可。当然、停場の間は1列車のみしか存在できないが、単線なのでそこまで大きな問題ではない。

自動閉塞(特殊)

単線でのみ使用。停場間を1閉塞とし、その間を連続した軌回路としたもの。停場には遠方信号機を設置し、進入する列車に対して必要に応じて速度を下げるように示する。

自動閉塞

閉塞間に軌回路を設置し、それぞれの区間で列車がいるかどうかを管理する方式。単線の場合は、それに加えて片方向へ向かう列車がいる間、もう片方から列車が入れないようにする仕組みが追加で必要となる。

車内信号閉塞

従来の閉塞では、地上に信号機があったが、これを車両内で信号機を出すようにしたもの。この方式を採用する理由としては、

などがある。これら内信号閉塞を用いるものをATCと呼ぶが、ATCは必ずしも閉塞を用いるとは限らない(列車の間隔制御のみを行う場合、閉塞という概念は必ずしも必要ない)。

代用閉塞

信号トラブルなどにより通常の閉塞方式をとることができない場合に用いる方式。例えば導員が乗っている列車のみ閉塞区間に入れるようにする導式などがある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

閉塞

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 閉塞についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス