関羽単語

カンウ

関羽とは、中国後漢末期劉備に仕えた武将である。字は長。「美」とも呼ばれる。

軍☆神☆関☆羽、関羽Pは専用の項があるのでそちらを参照の事。

概要

演義では劉備張飛桃園の誓いを結び義兄弟となった後、巾討伐に義勇軍として参加する。反董卓連合軍にも参加し、華雄り(正史では華雄ったのは孫堅)さらに劉備張飛と共に呂布にも挑んだ。その他、関羽千里行などのエピソードが残る。

正史では呂布討伐後、曹操から徐州を奪い独立した劉備が敗れ行方不明となった際、関羽は劉備の夫人と共に曹操の捕虜となる。条件付で曹操軍として働き、官渡の戦いの緒戦で顔良る戦果を挙げる。(ちなみに顔良袁紹軍の武将だが、そのとき劉備袁紹軍にいたため殺されかける。まあうまくチョロまかしてトンズラしたが)劉備の存命の報を聞き、曹操の元を去る。曹操は関羽を配下とするため、溺といってもいいほどの厚遇で彼をもてなしたが、最後まで願いが届く事はかった。

赤壁の戦いの後に劉備が益州に入ると、関羽は荊州の守備を任され、曹操孫権に睨みを効かせていた。

劉備中王となった後、関羽は襄陽を攻め落とし、曹仁の守る樊を包囲する。この戦いで于禁率いる数万の軍勢を撃破し、さらに龐徳った。司馬懿らの献策でと同盟を結び、呂蒙が孫皎、陸遜朱然潘璋蒋欽らを率いて麋芳士仁を降し、南の領有とする事に成功する。退路を絶たれた関羽は馬忠に捕らえられ、臨で処刑された。曹操は送られてきた関羽の首を、諸侯の礼をもって葬った。

殺された関羽の討ちとして、劉備は大軍を率いて夷陵に攻め入るも陸遜の前に大敗を喫し、二度と荊州を取り戻すことは出来なかった。

長男関平は関羽と共に処刑された。次男の関興は才を高く評価され、夷陵で戦死した馬良に代わって二十歳にして中・中監軍という大役に抜される。しかしその数年後(出師の表に名がないことから、227年までに死去したと考えられる)に病死した。正史注の『記』によれば、が滅んだ際、龐徳の子・会により関羽の一族は皆殺しにされたとされる。

 

武を誇る一方で、学問を好み、『左氏伝』をほぼ暗誦出来る等、文武両の面を持っていた。また敵方でありながら張遼徐晃とは親交があり、彼らとは互いに尊敬しあっていた。

劉備曹操だけでなく、各の幕僚達から最も評価・警されていた将が関羽であった。曹操孫権をして、共同作戦なしには関羽と南を正面から破ることはかなわなかった。これは215年に魯粛呂蒙が荊州を攻めた際、底的に関羽本隊との衝突を避けた(甘寧ら遊軍を際に配置して牽制した)ことからも推測できる。219年に関羽が周辺の賊や異民族などを煽動しつつ北進した際には、関羽に呼応した叛乱も相次ぎ、間近に迫った関羽による許陥落を警した曹操遷都すら考えた。関羽は方面官として約8年に渡って荊州を治めたが、呂蒙は関羽の荊州統治について「威信と恩徳がよく行き渡っており、正面から太刀打ちするのは容易ではない」と評価している。

一方、廖立は関羽を「自尊心がとても高く、相手をよく見下す。突猛進な性格で兵をよく失う」と評しており、演義の関羽贔屓をる上でよく引用される。但しこの発言は閑職に移された後の誹謗中傷の言であり、長沙太守だった廖立呂蒙の急襲を防げずに、関羽の下に滞在せずまで逃げていることからすると、私の可性も否定できない。とはいえ、その高過ぎるプライドとそれに見合う武勲により、荊州諸将の中でおおっぴらな批判が許されぬ雰囲気が有った事は事実であろう。良くも悪くも極端に抜きん出た存在だったと言える(書を見る限り諫言をできる雰囲気はあったようだが)。また、陳寿も度を越した剛毅さが死の遠因だったと評している。また、孫権から提案された孫権息子と自身の婚姻話を本に報告せず、独断で一方的に断った上、使者を面罵し孫権の顔を潰している。これも、荊州急襲の遠因とされており高すぎるプライドが元で起こったと言える。

なお、人君子だったり、性格に問題が有ったと色々と言われるが、人間味に溢れたエピソードも残っている。

まだ、劉備と出会っていない時、罪を犯して役人に追われていた関羽は洗濯をしていた老婆に出会う。彼は老婆に「役人を誤魔化す良い手はない物か」と相談する。すると老婆はある、と一言答えるといきなり洗濯棒で彼の顔面を殴り始めた。血が吹き出し、顔の形が変わるほど腫れあがった処で役人が到着する。しかし、関羽の顔を見ても誰だかわからない。結局彼は見逃された。礼を言おうと振り向いたときには老婆は既に居なかったとされる。この顔が「棗のようない顔」の元になったといわれている。

また、曹操の客将時代、敵将の妻が大変な美人と聞いた関羽はこの妻を褒美として貰いたいと申し出た。曹操は快く受諾するが、病的な人妻マニア曹操。一見るなり気に入ってしまい自分の側室にしてしまったという。

そろばんを発明したという伝承もあり、今もなお関羽を『商売の神様』として人々から崇められている。後世には数々の諡号を贈られており、長いものでは明代の「三界伏魔大帝神威遠震天尊関聖帝君」などがある。関中国内だけでなく、華僑らによって世界各地に建てられている。

漫画・ゲーム等の関羽

横山光輝三国志

CV:辻親八 基本的に理知的な性格で、事ある毎に暴走する張飛を宥める役回りとして描かれることが多いが、自身も許田の巻き狩り曹操に対する傲慢さにを立ててりかかろうとしたり、劉備と親しく接する孔明嫉妬したりと、張飛程ではないにしろ感情に走ってしまうこともある。
なお、ニコニコでは赤壁の戦いで敗走する曹操が関羽と鉢合わせとなった際に発した

 げぇっ!関羽!

という驚愕台詞顔芸ネタにされている。
しかし残念ながらアニメ版ではこのセリフはばっさりとカットされている。

コーエー三國志シリーズ

どの作品においても高いで安定しているため、敵として戦うプレイの方が攻略しがいがある。呂布のような一騎討ち補正があるシリーズは少ない。ただし、兵法や特技などではどのシリーズでも傑出したを持っている。

三國無双

CV:増谷康紀 軍らしくなかなかの強さ。張遼徐晃とは敵味方を越えて互いに尊敬し合っている。
息子として4からは関平 6からは関索が参戦し、7では関索関銀屏も参戦し、関ファミリーが勢いした。7の樊の戦いでは息子の成長を喜ばしく想う関羽が見られる。死亡フラグとか言ってはいけない。
夏侯惇ライバルという独自設定がある。

無双OROCHIでは軍ということもあってか上杉謙信と仲が良い。

 

三国志大戦

三国志大戦2』までの関羽はどのカードも計略・スペックが悪く、あまり使われなかった。
どちらかと言うと「神降臨」持ちの関羽の方が使われる傾向にあったが、の2.5コストと言うなかなかデッキ構築に悩ましいスペックだった為、特別使用率が高いと言う程でもなかった。

三国志大戦3』でも前作に引き続き多くのカードが登場するが、反を踏まえデッキとして期待されたカードSR関羽(忠義の大号)がスタッフの調整ミスにより、多くのファンから顰蹙を買った。研究を重ねれば重ねるほど、このカードを打開するにはかなりのテクニックを要す事が判明し、そんな対策スキルを磨くくらいなら忠義を使った方がマシとまで多くのランカーに言われてしまい、忠義デッキの一人歩きが長期化してしまった。この時期に開かれた全大会では出場者の多くが忠義デッキで参戦し、スタッフギャラリー共に頭を抱える結果となってしまった。

調整された現在のVerでは全盛期より効果は薄いが、三国志大戦シリーズに残した傷跡は予想以上に深くなってしまった。

ちなみに関羽も程なくして帰ってきたが、スペックインフレの時期にまさかの全据え置き。

新・三国志大戦では関羽が稼働初期から、関羽が2017年3月から参戦。
ちなみに今回はまさかの両方3コスト

関羽は今回は。武9・知8・征圧4・勇猛防柵魅持ちと言う異常スペック
10は捨てたもののその征圧は尋常ではなく、ただ前に進むだけでどんどん自軍色に染まる。
計略「武神の大号」は範囲内のの味方が少ない程武上昇値が上がる号。本人のコスト重い為枚数が少なくなり易い為使いやすい。撤退者が出ていても打てる点がポイント
武神でドーザーする単純なデッキでも十分強く、初期は危うく武神大戦の再来になりかけたもののその後の調整が効いたのか、現在は単純に強いデッキの一種と言う形で収まっている。
なお、CVは関羽ガンダム

関羽は引き続き。武9・知6・征圧3・勇猛持ちと相変わらず時代より心持ち弱め。
計略は「武の哮」に変更された。武+6・征圧-1・移動速度強化で敵を撃破する毎に撃破地点を自軍色に染めると言うなかなか面い計略。時代とは別ベクトルで征圧に長ける性の持ちである。
欠点は将器がどれも弱く、現在はまだ活用の余地がある突撃術一択になってしまっている点。
なお、CVチョー氏である為、が呼んだか関チョー

「恋姫無双」シリーズ

女性化し、トレードマーク黒髭は艶やかなロングポニテに変更されている。ついたあだ名が美(びぜん)ならぬ美(びはつ)
無印ではメインヒロインったがでは劉備の登場によりダブルヒロインの片割れにされ、ファンディスク将伝に至っては新規CGなしというハブられよう。彼女が何をした?

その他

補足

コーエー三國志シリーズにおける関羽の力一覧。
さすがというか何というか、軍二つ名に恥じない統率・武を誇る。

 

一覧 統率 政治 身体 運勢
三國志 99 83 70 96 39
三國志II 99 83 91
三國志III 98 82 64 96 100 78
三國志IV 100 98 82 65 96
三國志V 99 83 64 96
三國志VI 96 98 80 72 96
三國志VII 95 81 72 93
三國志VIII 97 80 69 93
三國志IX 93 97 77 64
三國志X 96 97 76 64 93
三國志11 95 97 75 62 93

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%96%A2%E7%BE%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

関羽

241 ななしのよっしん
2017/11/06(月) 21:45:21 ID: B5m65qZEo+
>>240
自分もその辺かなと思うんだけど
曹仁大苦戦→かき集めた援軍の于禁が降伏→徐晃らの援軍が小出しで孫呉の備えで合肥守備勢は動かせないと関羽の対応で手一杯って状態で絶好の機会なのになんで長安攻めないんだ?って疑問があって。

準備に時間が掛かる状態だったというのかもしれないけど、長に時間かけてるってことは劉備達首部もが裏切らないって認識があったんじゃないかなと思って。
関羽への警解いて後方部隊を前線に送ったのも、兵不足ってことなのに劉備から増援・後詰が送られたわけでもないし。

なんかこの辺が全体で連携取れてなくて荊州陥落も関羽に多大な責任負わせるのってどうなんだろう(別にまったくないと言うわけではないです)。
242 ななしのよっしん
2018/07/13(金) 21:41:40 ID: RwrJyxaWz4
干禁を捕虜にした時点で、いったん江陵に撤退すれば良かったかも
を敵に回してる時点で長期帯は危険すぎる
そもそも、をくわえてみてるわけないのに陸遜の卑屈な態度をみて、油断するってありえんよ。

後、関羽の欠点と言えば名士を嫌ってることだけど。
名士を敵に回してつぶれた孫賛や呂布孫策をみてるだろう
243 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 18:57:12 ID: OZcIQaz+IP
ただ満寵曹仁に対する進言からすると当時広範囲に渡って関羽の支持者が蠢動し、関羽の騎隊も活動していた
一度撤退すると支持者を見殺しにすることになり、人情とは別に戦略上それは出来なかったんじゃないかな
士仁は一応ったし麋芳も伝によっては抗戦しようとしたしで、諸々を考慮して関羽攻めを続けたのではないかと

関羽たちにとっての計算違いは陸遜隊の長江遡上進撃があまりに速かったことだと思う
されること少ないけど劉備は急いで援軍を派遣した、でも孫呉軍に阻まれて荊州へ辿り着けなかった
244 オックセンマン
2018/09/25(火) 21:29:27 ID: v5M6BgFfVn
練り消しさんの三国志自由研究
魏延関羽?』と言うのがあるが
劉備にとって関羽魏延シンクロしている、と読んで
ふざけた仮説こと暴論を考えた

関羽は義に対して反心を起こしてしまい
糜芳傅士仁、あと孫呉軍のに引っ掛かった。
魏延馬岱に裏切られた。

245 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 18:23:19 ID: RwrJyxaWz4
関羽は過大評価されすぎる
中とってまもない状況で曹仁をうつなんて、あほ
そもそも、とは敵対で動くとはありえん
普通劉備の支持があるまで待つべきだ
246 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 12:54:52 ID: 2w7KwwZgiW
>>241
そもそも「に対抗するためにと組まなきゃいけないのに、そうしようとすると荊州を手放さなきゃいけない」っていうの構造的欠陥がなぁ……
関羽への対応が玉に挙がるけど、ぶっちゃっけ劉備孔明ら首の対応も似たようなもんだし。
247 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 21:43:37 ID: LKnIllTYbE
関羽の中ではは数に入れる価値も雑魚だったから…。
についての正確な情報を認識していたら急行せずに落ち着いて動いただろうが、その場合曹操遷都を考えるようなことにはならずジリ貧になるだけ

関羽が、というかが勝つの想像以上のスピードで一気に勝利を決める以外かった
曹操遷都を考えるほどの勢いだったと言われるが、そこで実際に曹操を都から叩き出すまで一気に行かないと死しかかった
248 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 16:50:39 ID: 1VMYCN+fIS
>>246
ただまあ結局荊州を失陥してしまったことを考えれば結果論的にはねえ……
249 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 21:01:40 ID: IobHArh6R2
>>245
一部で関羽は過小評価されすぎる
中とった勢いで曹仁をうたなきゃ、あほ
そもそも、関羽と敵対する権限は
(あるとすれば傅士仁やビホウの様な引き抜き)
であれば劉備の支持なしで押し込んでいた

結局のところ
周瑜亡き後荊州から北上する野心とを持ち合わせない
その割には防上の問題で荊州の地を強く欲した事が
良くも悪くも三立させた一番の要因だったと思う
それは関羽以前に中対戦略のアキレス腱だった
250 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 20:31:53 ID: Rs0U0+Ryv4
人形劇三国志では善玉として描かれ、時には相手を悪人化させてた(特に呂蒙は酷かった)けど
外交面はこの作品でも悪手打ってたし、油断で負傷したりなど
劉備孔明の届かないところでは結構ダメな人だったなぁ…。

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。