阪急3000系単語

ハンキュウサンゼンケイ

阪急3000系とは、阪急電鉄が所有する鉄道車両である。

なお、宝塚線仕様3100系能勢電鉄へ譲渡された能勢電鉄3100系についても記述する。

概要

阪急神戸線1967年に架線電圧が600Vから1500Vへ昇圧された。1963年には、この昇圧に対応するため、複電圧に対応した2021系が登場したが、構造が複雑で保守点検が難しいという欠点があった。これに対応するため、1500Vに対応し、かつ構造の単純な3000系が製造された。1964年から1969年にかけて114両が製造された。

3100系3000系宝塚線版として1964年から1967年にかけて40両が製造された(ちなみに宝塚線の昇圧は1969年)。宝塚線では神戸線ほどの高速運転は必要とされていなかったため、出の低い電動機を搭載した低速仕様となっている。

運用

2018年7月現在は、3000系伊丹線3100系能勢電鉄で運用されている。伊丹線能勢電鉄では4両編成。

かつては全て神戸本線宝塚本線で活躍していたが、1988年から支線転属が始まった。3100系1998年3000系2014年までに本線から撤退している。

改造

1975年から1985年にかけて3000系3100系の冷房化改造が行われた。一部の編成は冷房化と同時に中間に封じ込まれていた先頭を中間改造する工事も受けた。1982年以降(3100系1981年以降)の改造は、先頭前面に方向幕・種別幕を設置する改造が行われ、6000系の顔となった。側面の行列車種別表示器も方向・種別幕にめられた。前面の改造は冷房化改造了後の1988年まで行われた。

この前面改造は中間に封じ込まれていた先頭や一部の編成には行われておらず、支線(今北線・伊丹線箕面線)では前面に行き先方向をつけて走るという昔ながらの姿がつい最近まで見られた。

この記事では、前面未改造(行き先方向板車)を以後板車と表記する。

廃車・譲渡

1995年阪神淡路大震災により、3100系3159Fの3109が被災しとなったが、3000系3072Fの3022を電動機を交換の上3100系に編入し、2代目3109として番した。3022を抜き取られた3072Fには、直前だった2800系2842に3000系の電装機器を設置した車両を暫定的に組み込んだ。しかし、同年には2071系(旧2021系)の2171に3000系の電装機器を設置した上で3000系に編入し、2代目3022として番し、2842を置き換えた。

1996年には箕面線3156F(3156-3604-3653-3106)がとなり、能勢電鉄へ譲渡された。譲渡の際には、化粧・モケット・つり革の交換、前面の独自の顔への更新が行われ、3170F(3170-3620-3670-3120)に番された。

1998年には甲陽線・今南線のワンマン化に伴い、3161Fがとなった。

本格的な2008年から始まり、本線の8両編成は短編成化され、玉突きで今北線の6両編成看板車伊丹線箕面線の4両編成看板車を置き換えていった(最後まで宝塚本線に残った3064Fは短編成化することなく)。

これにより、神戸本線からは2012年6月3054Fが、宝塚本線からは2014年6月3064Fが引退した事により3000系は撤退した。看板車は、今北線からは2011年9月(3058F)、箕面線からは2013年6月(3080F)、伊丹線からは2014年2月(3077F)に消滅した。

本線から3000系が消えた後も、5000系7000系等の今北線への転属によってが進められる予定である。2014年8月には7003Fが今北線に転属となり、3076Fが3000系系列では初の表示幕改造された編成でのとなった。

2016年5月には5010Fが、6月には5004Fが今北線に転属した事により、今北線に残っていた3100系2編成がとなり、伊丹線3150Fも7034F+7035Fの伊丹線転属により2016年7月となったため、阪急線上から3100系の編成は消滅。この時点で残る3100系3052Fの中間3651と能勢電鉄3170Fの5両のみとなる。

さらには箕面線3000系も、2016年7月宝塚本線から転属した5132F・5134Fによって3066F・3074Fがされ、1編成残った3060Fも後日された。これに伴い箕面線、そして宝塚線系統から3000系は全となった。

2017年5月には能勢電鉄3170Fが前照改造を施され、LED化された。これに伴い、能勢電鉄から前照白熱灯の編成が消滅という形になった(6002Fを除く)。さらに同年8月には能勢電鉄1700系と同じくスカートが設置された。

2018年1月にはトップナンバーである伊丹線3050Fが、宝塚本線より転属した6012Fの玉突きでとなった。

2018年4月には今北線最後の1編成となった3056Fが、神戸本線より転属した5008Fの玉突きでとなり、今津線を永く支えた3000系系列は、これにより全引退。残りは伊丹線のみとなる。

その伊丹線も、2019年3月には3062Fが宝塚本線より転属した6008Fの玉突きでとなった。

また、阪急3100系としてただ1両残っていた3651も、2018年7月に組み込み先の3052Fが6004Fの転属によってとなったため、これを以て阪急線上から3100系は全。残る3100系能勢電鉄3170Fの4両のみとなった。

編成表

CP搭載の制御3050形3150形(Tc、中間改造To)、パンタグラフを装備した電動3500形・3600形(M)、付随3550形・3650形(T)、MG搭載の制御電動3000形3100形(M'c、中間改造M'o)が存在する。

阪急3路線ラインカラーに基づいて、神戸線所属を宝塚線所属をオレンジで、また能勢電鉄所属をで示す。引退前の編成表は、・短編成化前の所属を示す。

現在の編成表

2019年5月現在3100系太字で示す。前照の欄は前照LEDに交換された編成に○をつけている。

梅田
Tc M T M'c 前照 備考
3054 3502 3551 3003 伊丹線
←妙見口・日生中央
Tc M T M'c 前照 備考
3170 3620 3670 3120 能勢電鉄譲渡(番)
スカート装着

廃車前の編成表

3156F・3161F以外は2007年の編成を示す。一部列車2000系・2071系Tを組み込んでいた。3100系太字で示す。年は短編成化年ではなく、編成の全年を示す(短編成化は備考の欄に記述)。

8連を6連化する際にはT2両を抜いている。4連化の際には、梅田側の3両と三宮宝塚側の先頭連結して4両としている。短編成化によって余った車両3558を除きとなった。6連化された3050Fの4連化の際には、梅田側の2両、3078Fの6連化で捻出された3558、宝塚側の先頭連結した4両となった。

梅田 神戸三宮宝塚
Tc M T M'o To M T M'c 備考
3050 3500 2184 3000 3051 3529 2085 3001 2018年 2011年6連化(今北線転属)
2013年4連化(伊丹線転属)
3052 3501 3651 3002 3057 3518 2179 3007 2018年 2012年4連化(伊丹線転属)
3054 3502 3551 3004 3053 3530 3652 3003 - 2012年4連化(伊丹線転属)
3056 3503 2080 3006 3055 3517 2055 3005 2018年 2008年6連化(今北線転属)
3060 3505 3555 3010 3061 3532 2188 3011 2016年 2012年4連化(箕面線転属)
3062 3506 3556 3012 3063 3533 2175 3013 2019年 2014年4連化(伊丹線転属)
Tc M T M'c Tc M T M'c 備考
3064 3507 2190 3014 3065 3508 2090 3015 2014年
3066 3509 3559 3016 3067 3510 2093 3017 2016年 2013年4連化(箕面線転属)
3074 3519 3561 3024 3075 3520 2191 3025 2016年 2012年4連化(箕面線転属)
3078 3523 3558 3028 3079 3524 2075 3029 2017年 2011年6連化(今北線転属)
3082 3527 3560 3032 3083 3528 3550 3033 2017年 2012年6連化(今北線転属)
Tc M M'o Tc M M'c 備考
3068 3511 3008 3059 3531 3009 2011年 板車
Tc M M'c Tc M M'c 備考
3058 3504 3018 3069 3512 3019 2011年 板車
3070 3513 3020 3071 3514 3021 2011年 板車
3072 3515 3022 3073 3516 3023 2008年 板車3022は2代目(元2171)
3076 3521 3026 3151 3522 3027 2014年
3152 3601 3102 3153 3607 3103 2016年
3154 3602 3104 3155 3603 3105 2016年
Tc M T M'c 備考
3077 3611 2076 3100 2014年 板車
3080 3525 3557 3030 2013年 板車
3081 3526 2176 3031 2012年 板車
3150 3600 3650 3101 2016年
3157 3605 3554 3107 2012年 板車
3158 3606 3552 3108 2012年 板車
3159 3610 2079 3109 2013年 板車3109は2代目(元3022)
3160 3608 3553 3110 2014年 板車
Tc M T M'c 備考
3156 3604 3653 3106 1996年 板車(能勢電鉄へ譲渡)
Tc M M'c 備考
3161 3609 3111 1998年 板車

関連動画

関連商品

阪急3000系に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

阪急3000系に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

阪急電鉄電車(2000系列以降)
宝線 3000系 - 5000系 - 5100系 - 6000系 - 7000系 - 8000系・8200系 - 9000系 - 1000系
京都線 3300系 - 5300系 - 6300系 - 7300系 - 8300系 - 9300系 - 1300系
引退 宝線 2000系・2021系・2100系 - 5200系 - 2200系 - 3100系
京都線 2800系 - 2300系
能勢電鉄電車
現役 1700系 - 3100系 - 5100系 - 6000系7200系
引退 1500系

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%AA%E6%80%A53000%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

阪急3000系

1 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 00:17:36 ID: jq8kwqDyX8
もう数年もすれば、5100系7000系に全部置き換えられるんだろうか。
2 ななしのよっしん
2016/05/17(火) 19:04:42 ID: MRhK0fzBAJ
ほんとガンガンされていってるな
この間板車したような気分だったのに気が付くと幕も玉突きで着々と消えていってる
記録はめのほうがいいか…

急上昇ワード

2019/08/19(月)02時更新