阪急5000系単語

ハンキュウゴセンケイ
4.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

阪急5000系とは、阪急電鉄が所有する鉄道車両である。

なお、阪急初の新製冷房5200系についても記述する。

概要

5000系1968年に登場した神戸線通勤電車である。1969年までに47両が製造された。体構造などは先代の3000系に似ているが、1967年の架線昇圧(600V→1500V)による複電圧機の不要化を考慮した1500V専用の電動機・制御機器となっている。同時期に製造された京都線3300系同様、空気ばね台車を採用した。

5200系1970年阪急初の新製冷房として登場した。1971年までに25両が製造された。試作的な要素が強かったため、2000年までに全てとなっている。

2016年4月には中間のT(元5100系)を抜き取った6両に組み換えを行ったうえで、5010Fが今北線に転属した(代わりに3154Fがとなった)。本線在籍時代に一度大規模リニューアル工事を受けた車両が支線に転属する事、そして大規模リニューアルを受けた車両となるのは、阪急では初の事例である。以降、5000系ではトップナンバーの5000Fを除いた全編成が6両編成化された上で今北線へ転属となっている。

運用

5000系今津線(今北線)で使用されている。かつては神戸本線で使用されていたが、全短編成化・により撤退している。

5200系神戸本線今津線で使用されていた。

5100系編入・先頭車の中間車化

5000系には中間2000系が挟まれていたが、後述のリニューアル5100系17両と組み替えられ、同時に5100系番を番して5000系に編入されている。

編入された5100系のうち、5652,5653,5660~5670,5672の14両は数字から80を引いた5572,5573,5580~5590,5592に番された。残りの3両は5681が5591に、5680は5593に、5130は電装解除・中間改造の上5570に番された。

編成の中間に挟まっていた先頭も後述のリニューアルで16両が中間化され、5003,5005,5007,5009,5011,5013は数字に520を足した番に、5030,5031は数字に490を足した番に、5040,5041,5051,5054,5056,5058,5060,5062は数字に500を足した番に番された。なお、これらの改造は初期にリニューアルされた5008F・5010Fでは、他形式の中間改造と同様に先頭の形状が残っていたが、以降の編成においては全な中間化を施されている。

リニューアル

5000系2000年から2007年にかけて全編成で大規模更新が実施された。更新するにあたって、先述のように中間に組み込まれていた2000系・2071系を5100系に差し替え、中間にあった5000系先頭は中間改造された。この他、外観・内は以下のような大規模なリニューアルを受けた。

また、2014年には全ての編成で前照LED改造が行われている。

廃車

5000系リニューアル工事以降1両もが出ていなかったが、2016年4月に6両編成化・支線転属の際に、リニューアル時に5000系に編入された元5100系の中間Tが初めてされ、以降も6両編成化の度にが行われた。

落成時から5000系車両現在1両もされていなかったが、2019年4月に元5001Fの中間である5563がされ、純5000系では初のとなった。また、2020年3月には最後の8両編成となっていた5000Fが全となり、5000系として、そして阪急リニューアルでは初の編成単位でのとなった。
なお5000Fは、神戸本線では最後の営業運転に使用されたツーハンドルとなり、2019年10月梅田駅大阪梅田駅名以降、5000系では大阪梅田駅に乗り入れていた編成となっていた。

5200系1992年から2000年にかけて全となった。

保存車両

編成表

5000系(現在)

MGとCPを搭載した制御電動5000形(M'c)、パンタグラフを搭載した中間電動5500形・5540形(M)、5000形を中間改造した中間電動5520形(M'、中間化簡易改造M'o)、付随5550形(T、中間化簡易改造To)、制御5050形(Tc)が存在する。かつてはパンタグラフを搭載した制御電動5040形(Mc)があったが、中間電動5040形に改造されている。太字5100系からの編入5570形(T)である。編成表は2021年8月現在のもの。

西宮北口 宝塚
M'c M T M' M Tc 備考
5001 5501 5551 5523 5503 5053 (北)線用
5002 5502 5572 5521 5541 5052 (北)線用
5004 5504 5554 5525 5505 5055 (北)線用
5006 5506 5556 5527 5507 5057 (北)線用
5012 5512 5562 5533 5513 5063 (北)線用
M'c M To M'o M Tc 備考
5008 5508 5558 5529 5509 5059 (北)線用
5010 5510 5560 5531 5511 5061 (北)線用

5000系(支線転属前)

2007年2016年までの、全リニューアル済編成が神戸本線に所属していた時点の編成表を示す。

大阪梅田 神戸三宮
M'c M T T M' M T Tc 備考
5000 5500 5590 5593 5520 5540 5570 5050 2020年
5001 5501 5591 5551 5523 5503 5563 5053 2018年6連化(今北線転属)
5002 5502 5592 5572 5521 5541 5573 5052 2017年6連化(今北線転属)
5004 5504 5584 5554 5525 5505 5585 5055 2016年6連化(今北線転属)
5006 5506 5586 5556 5527 5507 5587 5057 2017年6連化(今北線転属)
5012 5512 5582 5568 5533 5513 5583 5063 2017年6連化(今北線転属)
M'c M T To M'o M T Tc 備考
5008 5508 5588 5558 5529 5509 5589 5059 2018年6連化(今北線転属)
5010 5510 5580 5560 5531 5511 5581 5061 2016年6連化(今北線転属)

5000系(更新前)

2000年リニューアル工事が始まる直前の編成表を示す。

大阪梅田 神戸三宮
M'c T T Mc M'c T M Tc 備考
5000 2184 2085 5040 5030 2083 5500 5050 伊丹線予備
5002 2181 2082 5041 5031 2182 5502 5052
M'c T M Tc M'c T M Tc 備考
5001 2081 5501 5051 5003 2183 5503 5053
5004 2084 5504 5054 5005 2185 5505 5055
5006 2086 5506 5056 5007 2186 5507 5057
5008 2066 5508 5058 5009 2069 5509 5059
5010 2090 5510 5060 5011 5563 5511 5061
5012 2172 5512 5062 5013 2174 5513 5063

5200系(廃車前)

1991年頃の編成表を以下に示す。現在は全済み。

西宮北口 宝塚
M'c M M' M T Tc 備考
5200 5700 5740 5710 5750 5250 1992年
5201 5701 5741 5711 5751 5251 2000年 1992年4連化(伊丹線転属)
M'c Mc M'c M T Tc 備考
5202 5242 5232 5702 2886 5252 1992年
M'c To Mc M'c To Mc 備考
5230 2091 5240 5231 2052 5241 1999年
M'c T T Mc M'c Mc 備考
5203 2881 2887 5243 5233 5244 1997年

関連動画

関連商品

阪急5000系に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

阪急電鉄電車(2000系列以降)
宝線 5000系 - 5100系 - 6000系 - 7000系 - 8000系・8200系 - 9000系 - 1000系
京都線 3300系 - 5300系 - 6300系 - 7300系 - 8300系 - 9300系 - 1300系
引退 宝線 2000系・2021系・2100系 - 5200系 - 2200系 - 3000系・3100系
京都線 2800系 - 2300系

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%AA%E6%80%A55000%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

阪急5000系

1 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 06:42:33 ID: PFRTD9XeSt
今津線転属って何がしたいんだろうか・・・中間の運転台潰したり5100系から中間ぶん取ってまで8両でリニューアルしてきたのは、終生本線運用に就かせるためだとばかり思ってたのに。
しかも、基本組み換えでの余剰は休かけてとりあえず何年か置いておく阪急が、今回は抜き取り次第速攻でしてるってどんだけ強い意志で本線から追い払ってるんだ・・・

素人には7000系で固定編成になってないやつとか移した方が効率良さそうに見えるんだけどね。くっついてる2連の方だって既に2本繋げて箕面線に入ってる例があるんだし。
2 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 19:01:12 ID: +q3YwTr5oF
>>1
5000系もああ見えて45年選手だから、いくらリニューアルしてても経年劣化は進んでいるから本線から撤退でもおかしくない頃だし、それよりも古い、製造から50年近く経った3000系3100系をなんとしても追っ払いたいんだろう
8000系+7000系の編成を移籍させないのは、嵐山への直通特急編成と今津線の予備と増結の予備を兼ねてるから、全部なくしたら運用面で困るからだと思う
3 ななしのよっしん
2016/06/24(金) 02:15:59 ID: PFRTD9XeSt
>>2
いや、それ(3000系列の後を追って支線落ち)はリニューアルの段階で見えてた問題じゃないのって。だから、そこを考慮した上での本線残留だと思ってたんだけど。

5000系なんて大半が6両編成で落成してたんだから、こんな手の込んだ改造しない方が今津線にすんなり送れてたわけだし、今津線には伊丹線予備と甲陽線予備が1本ずついるわけだから、運転台潰しちゃった今の5000系ではどのみち統一も不可能。いざとなれば今から回せばいい直通特急どころの騒ぎじゃない。
7000系7000系で既に今津線入りしちゃってる編成があるわけで、結果的に今津線が旧世代の動く博物館状態になるという相当意味不明な事になってる。

と言うか、編入が17両、その煽りでの余剰が3両で、それだけの5100系があったなら普通伊丹線箕面線のどちらか片方の3000系列を一掃できてたじゃんっていうね。どんな判断だこれ?
4 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 12:28:01 ID: +q3YwTr5oF
>>3
5000系リニューアルを始めた当時の阪急お金がなさすぎて新も導入できず、しかし編成内に多数残り台車も異なる2000系はにしたかったから、5100系を組み込んでリニューアルという不本意な苦の策に出たのかなと思う、余裕がなかったんだろう

あと箕面線はその5100系によってようやく3000系駆逐されたようだ
5 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 10:13:35 ID: +hGubYkQtv
いつの間にか本線が薄くなってしまった

急上昇ワード改