防護無線単語

ボウゴムセン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

防護無線とは、鉄道JR在来線)において非常時に使用される『列車防護無線装置』の略称である。

もしかして 防護無線(ユーザー)

概要

緊急時に乗務員が発報ボタンを押すなどにより、当該列車より特殊な電波を発信する(防護発報)。付近を走行する列車がこれを受信すると、直ちに停止することになっており、これによって二次事故を防止するためのシステム

が『危険を知らせる信号を受信』々いっている場合、ほぼ100%これにあたる。

なお、列車がこの線を受信すると、乗務員室の装置から「ピピピピピ…」といった断続ブザー音が発生する。自動でブレーキがかかるのではなく、この音を聞いた乗務員が手動ブレーキをかけている。停止距離に余裕がある場合など、非常ブレーキの必要のない時は常用ブレーキで停止する。

(なお、防護無線による停止には条件があるため、線が鳴ったままで電車を動かすことは許可が下りれば可である)

ただし、私鉄地下鉄ではJRで使っている防護無線とは若干仕組みが違ったりする
たとえば、防護無線を発報すると側にその列車番号が通知されたり、発報が出た場所が表示されたりする。
JRの防護無線は線機ごとに固有の番号が割り当てられるので、どの編成(T-○○編成とか)から出たのかが分かる。ただ、列車番号までは分からないため、発報した乗務員が申し出ないといけない(デジタル列車線であれば自動的に列車番号までに送信される)。

非常無線

変電所に対し送電を停止させる線で、付近の電車への送電は止まるため周辺の電車は停止する。地下鉄や一部の私鉄で導入されている。

列車防護措置

防護無線にも欠点はあり、発報した列車から半径数km以内に居る他の列車に対して停止示を与えているだけであるため、受報できない地帯を走行中の列車には停止示は届かない。
受報したところで、付近を走行中の列車の中には、貨物列車など重量級列車も存在するため、首都圏など閉塞区間が短い区間では追突や衝突の危険もある。
それらの事に対して、発報した列車運転士および機関士、機関助士やが行うのが列車防護措置である。

第一種列車防護 

列車停止後、直ちに発煙筒をたき、円形に振り回しながら列車の前方後方600m(かつては800m)に信号管と共に設置する。
発煙筒は不発防止の為、2本ずつ設置する。2012年現在、信号管は用いられない。 

現在列車最後尾より300m以上の地点で発煙筒による停止合図を行う。

第二種列車防護

列車の最後尾地点において、発煙筒ないし合図による停止合図を行う。

上記二種の防護措置は、自動信号区間と非自動信号区間が混在する路線、非自動信号区間のみの路線で行われる。
そのため、自動信号区間のみの路線では車輌損傷や機器故障などで発報不可能なときにしか行われない。 

関連動画

(4:20~)

(1:58~, 8:10~の2回)

(13:54~16:14)

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%B2%E8%AD%B7%E7%84%A1%E7%B7%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

防護無線

1 ななしのよっしん
2010/04/03(土) 17:06:14 ID: M4z3qKEJSG
ピピピピピピピピピピピピピ・・・・・・


orz
2 ななしのよっしん
2010/09/29(水) 22:03:02 ID: nidFcK+sT4
間もなくお茶お茶のみ・・・[ピピピピ]急停します
まじ焦った
3 ななしのよっしん
2011/09/23(金) 16:26:17 ID: kYZSi978vt
福知山線脱線事故のとき、脱線した電車が扱いに不慣れで線を発できなかった。(悪いのはに操作方法を熟知させなかった教育係だと思うけど)

通勤電車がマンションに突っ込んだ直後、事故発生を知らない特急電車が下り線に差し掛かっていたけど、偶然通行人が踏切非常停止ボタンを押して特急運転士が気付き非常停止、と言う出来事があった。

もしも非常ボタンが押されてなかったら特急が上り線にはみ出た通勤電車に突っ込んで、三河のようにさらに死傷者が増えていたかもしれないと考えると不幸中の幸いだったと思う。
http://img.pics.livedoor.com/001/5/9/59d62efc64ca1a1328d1-LL.jpgexit
4 ななしのよっしん
2016/03/07(月) 01:22:53 ID: 7LzrD9UNXk
最近の電車の、非常ブレーキ停止時に自動で警告放送をしてくれる機はありがたいと思う。