阿南姫単語

オナミヒメ

阿南姫(おなみひめ 1541年~1602年)とは、伊達輝宗であり、伊達政宗伯母であり、顔芸二階堂盛義の妻であり、須賀二階堂氏最後の砦である。号は大乗院。通称は阿南の方など。

伊達の長女、二階堂へ嫁す

1541伊達晴宗の長女として出生。久保姫岩城親隆

須賀二階堂照行の嫡男・二階堂盛義ぐ。
領土を隣接する二階堂田村は長年に渡って何度も干を交えており、伊達にとってはいずれも婚姻を結んだ縁戚のであった。
照行の妻は伊達稙宗)であり、この二代に渡る伊達との結びつきは結果的に阿南姫にとって波乱の幕開けとなる。

1561年嫡男・平四郎を産む。

1564年盛義が二階堂となる。

1565年蘆名盛氏・盛子が松山横田に侵攻を開始。長岩城親隆や次伊達輝宗名の背後を突いて協するも二階堂は合戦に敗れてしまった。
さらには敗戦の代償として平四郎を人質に取られ臣従させられるという悲劇に見舞われる。
この時伊達名間の和条件として伊達から名盛へ四いでいる。

1570年待望の次男・二階堂行親誕生。ひとまず跡継ぎの問題は安泰となった。
この他に岩城御前(長岩城親隆の嫡男・岩城室、死別後に伊達成実継室)を産んでいる。

1575年蘆名盛氏の後継・名盛世。
名盛の間に男子はなく、人質の身であった平四郎が隠居の蘆名盛氏と養子縁組を結んで当蘆名盛隆となった。未亡人となっていたは正室として蘆名盛隆に再度している。
二階堂にとってはまさしく幸運の出来事であり、実子とが治める大を最大限利用して勢拡大に成功している。

1581年夫・二階堂盛義が病により急逝。阿南姫は大乗院と号した。
次男・二階堂行親を嫡子に立て当とするが、まだ幼かったため行親実蘆名盛隆二階堂を取り仕切ることになり、にわかに暗が立ち込める。
同年末から翌年にかけて、五・宝寿院がいだ佐竹と大の援軍を得て田村に奪われていたを取り戻し、さらに多くの領土を攻め取る。

1582年不幸は続き、二階堂行親も世。
阿南姫は須賀として気丈に振る舞い、須田盛秀を始めとする臣団の助けもあって中の統制に成功している。

1584年長子・蘆名盛隆が痴情のもつれから童に刺殺される。二階堂寄りの政策が中の反発を招き、居黒川臣に占拠され鎮圧するなど混乱の直後に起きた事であった。

この頃既に二階堂は反伊達の意志を明らかにしている。
田村清顕と婚姻を結んで以降も侵攻を黙認し、あまつさえ裏で支援し続けてきた伊達より、戦ごとにたびたび援軍を差し向けてくれる佐竹の方へ恩義を感じたためである。

1585年次伊達輝宗畠山の処遇を巡って死去。前年より督を継いでいた伊達政宗の苛な軍略の前に南羽の諸侯は佐竹義重を盟として糾合して抗う。
この連合には伊達輝宗兄弟姉妹伊達の敵として参加しており、長岩城親隆の嫡男・岩城が治める岩城、長女・阿南姫の二階堂、四石川石川、四の嫡男・王丸を戴く、そして五・宝寿院の夫である佐竹義重率いる佐竹と、その急逝は羽に大混乱をもたらす結果となった。

1586年人取りの戦いにおいて須賀が連合軍の集合地となる。

1587年五・宝寿院の次男が名へ入嗣して当蘆名義広となり、四と先夫・名盛小杉山御台を正室とする。
佐竹護をめる二階堂にとっては佐竹義宣蘆名義広兄弟の結びつきは喜ばしいことではあったが、当のでは佐竹からの新参者を快く思わず、結果としてこのことが名滅亡の遠因となった。

1588年南連合として山合戦に兵。

須賀川の女城主

1589年摺上原の戦いでついにを滅ぼした伊達政宗は敵対し続ける二階堂を睨み侵攻の構えを見せた。
この時阿南姫は、前年逝去した四にあらかじめ懇願し養女としていた蘆名盛隆との遺児・岩瀬御台をようやく迎え入れたばかりであり、いずれ婿養子を娶わせて御を復しようと一縷の望みにかけていた。

伯母へ降伏を呼びかける伊達政宗に憤った須賀領民遅く松明を手に手に十日山へ集い、方へ決起を促す。
二階堂中は阿南姫が伊達の出身であるから辱めを受けることもないだろうと助命を願って降伏を進言した。
そこで「はかない女性の身でありながら思うところはある」として自身の思いを臣へ話して聞かせる。

「長年田村清顕の侵攻に耐え、今日までつつがなく暮らせているのはひとえに佐竹義重の恩によるもの。またやすやすと降伏しては仙筋の諸将に反抗する者がいなくなる。そうなれば愚か者の伊達政宗は嬉々として増長するでしょう。ここは一日でも抵抗し、佐竹の恩に報いる心としたい
もと思う者は私と命運を共にせよ。さにあらぬ者は今日を限りに暇を取らせるゆえ思い思い降参されるがよい。私は決して恨みには思うまいぞ」

この言葉に感涙した臣一同は籠を決心し、高らかに申し述べた。
「そこまでの御覚悟を前に年来の御恩を忘れて伊達に下る者がありましょうや。何程の軍勢が寄せて来ようともまず々が討ち果てて見せます。御身の上はその後と思し召し下され」
そして、誓書をしたためて焼いたに溶かして皆で酌み交わした。
その頼もしげな様を見た阿南姫は涙を拭って喜色を浮かべたという。
こうして名実ともに須賀となり、その御旗の下へ臣が一致団結したのである。

やがて侵攻してきた伊達軍は二階堂勢に襲い掛かったが、各の守りは堅く一進一退の戦が繰り広げられた。
須田盛秀のように股肱の臣のみで兵を構成し幾度となく寄せ手を押し返す隊もおり、方は頑強に抵抗し続けた。

ところが、日も暮れかかって今日は引き上げか、という頃にひそかに伊達へ内応していた二階堂臣が謀反を起こして郎党へ合図を送り、長寺の便所に火を放った。
猛火はをも焦がす勢いで、やがて本丸へと延焼したため落が決定的となってしまった。
火元を見定めた阿南姫は内応者の妻へ詰め寄り「(ようやく今日一日を堪えたところなのに)譜代の臣がなぜこのような情けないことをするのだ」と涙をこぼしたという。
妻は「愚かなるが身にも御方様のお恨みこれ以上くと思います。どうか如何ようにもご成敗なさって下さい」と泣いて詫びた。そこで襟首を掴んで懐を抜いたところ周囲の者が取りすがったため、を翻して自害しようとしたがまたも大勢の者に大慌てで制止された。

炎上の当たりにした佐竹岩城の援軍も敗れ去って落ち延びていったが、八幡の将兵は本丸後も抵抗を続け一兵残らず討ち死にしたという。伊達の諸将は二階堂勢を評して敵ながら晴れ剛なる振る舞いかな、実に稀代の事なり、などと口々に賞賛したと伝わる。

また後世にはこの時の阿南姫を評して「上古には、尼なる将軍だにおわしたりとはいえども、近代にかかる勇なる女性もたぐい少なくぞ聞えし」との記述が残されている。
会津合考巻之四(1662年成立)、須賀落つる事の項。

岩瀬御台を伴って焼け落ちたから出た後は伊達政宗の命によってへ移されたが、9人の女・従者を謀殺されるなどしたため甥で婿岩城を頼って落ち延びた。
須賀の地は一足先に伊達へ臣従していた四石川に与えられている。

1590年岩城が死去。五・宝寿院を頼って甥・佐竹義宣の下へ身を寄せている。

1602年佐竹秋田転封に従い北上の徒についていたが、故郷の須賀付近で病にり、先年再建された長寺にて療養に入るも癒することなく逝去。享年62
岩瀬御台は佐竹義宣の側室として秋田に入るが、二階堂の終焉を受け入れて横手にて旧臣とともに隠棲した。

名:大乗院殿

墓所の長寺には享年42と伝わるが生年と矛盾する。

松明あかし

亡き須賀と戦死した多くの人々を思った旧領民が、新しい領を憚るために「むじな狩り」と称して毎年10月に火りを持ち寄り、松明に火をともして死者の鎮魂を祈ったのが始まりという。

現在では新に合わせ毎年11月の第2土曜日に開催され、日本三大火祭りに数えられている。

補足

「ここは私の!もう決めたから!」

2012年10月11日より稼働中のアーケードカードゲーム 戦国大戦 -1582 日輪、本寺より出ずる- に参戦。
ボイスプレイアブルキャラクターとしてのゲーム登場は他の戦国ゲーを含めても史上初。

スペックは下記の通りかなり良い部類、撃滅の術も敵を倒すと効果が上がる長時間計略と優秀。
突撃ボイスの「行くわ!」が「イグわ!」に聞こえると評判。衣装サムスピいろはに似てる。
イラストレーターおっぱい定評のある小室和生氏。やったね! 

Ver No. レアリティ コスト 特技 統率 兵種 計略 必要士気 計略種 効果時間
2.0 083 R 2 7 5 撃滅の 4 強化 統率時間

信長の野望」(PCシリーズにおける阿南姫の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 -              政治  野望
武将風雲録(S1) 戦闘 -  政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 -   智謀  - 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 -    野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 -   武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治

携帯ゲーム100万人の信長の野望」に伊達阿南として登場。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%BF%E5%8D%97%E5%A7%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

阿南姫

8 ななしのよっしん
2015/03/31(火) 03:42:08 ID: BDN9fdVw7I
でもこいつって見方を変えたら
時勢を読めず己の強情だけで御を滅ぼしたバカ女だよな
悲劇の人でも何でもない、自業自得
9 ななしのよっしん
2015/04/13(月) 09:13:13 ID: 4PnxgFqVtJ
>>9
伊達氏に付いた結果没落した小大名が幾つあると思ってんだよ
だったら合戦で名を挙げるのも武門の名誉だろ
10 ななしのよっしん
2015/04/14(火) 01:31:39 ID: BDN9fdVw7I
伊達に降った
白河氏や石川氏は何だかんだで名を保ってるし、
二階堂の子孫は今どうなってるのかわからん状況だろ
11 ななしのよっしん
2015/04/22(水) 15:00:47 ID: 4PnxgFqVtJ
伊達氏に与して滅亡した和賀氏や嫡流は滅亡した葛西氏とかもいるでしょ
もし佐竹義宣岩瀬御前との間に産まれてたらなぁ
12 ななしのよっしん
2015/06/11(木) 02:27:43 ID: BDN9fdVw7I
政宗の伯母にあたる人物だから
政宗に降ったとしても邪険に扱われることはないと思うけどな
実際捕えられてに移された時は厚遇されたらしいし
それに9人の女・従者を謀殺されたってあるけど、
いくら政宗でもそんな意味に恨まれることするだろうか
阿南姫が政宗を嫌って岩城氏の元へ逃げたから報復を受けたってことじゃないか?
13 ななしのよっしん
2015/06/17(水) 18:24:05 ID: BDN9fdVw7I
あと松明あかしって、三大火祭りだか何だか知らんが
藁の塊が燃えてるのを眺めるだけで大して面くないぞ
ごみが嫌いな人は見に行っても何も得することはない
14 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 00:06:18 ID: fUijIcTfrn
松明あかしは今では須賀戦で死んだ伊達二階堂両方の兵を慰める祭りなのだが
実際、伊達直系の子孫も見に来て和解に至っているのに、
くないで済ませたら二階堂だけでなく伊達にも失礼だという事を
そろそろ伊達持ち上げたい軍勢は理解して欲しいわ
15 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 20:12:35 ID: BDN9fdVw7I
享年42と伝わるが生年と矛盾する。
ってあるけどそれだと
長男の盛と同年の生まれってなるのが一番の矛盾なんだが
16 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 02:13:51 ID: fUijIcTfrn
>>10
二階堂一族だった矢田野義正(籠戦後佐竹に仕えた)の子孫が
明治になって二階堂を復姓し
秋田二階堂氏として名を再してるのを知る者は少ない・・・

ま、矢田野の記事もいから仕方のいことだが
17 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 02:54:03 ID: BDN9fdVw7I
の一つに過ぎない矢田野が
二階堂を名乗られてもなぁ

>>14
伊達なんて知らん
何年か前に行ったときに
小学生くらいの女の子二人が燃えてる近くまで見に行って
つまんねぇって言ってた。それが現実