阿波野秀幸単語

アワノヒデユキ

阿波野秀幸(あわの ひでゆき、1964年7月28日-)とは、神奈川県出身の元プロ野球選手投手)である。

現役時代は日本ハムファイターズ西崎幸広とともに、好成績とオシャレさから「トレンディエース」と呼ばれた。

概要

亜細亜大学在籍中に東都大学リーグ通算32勝を挙げ、1986年ドラフト会議で3球団からドラフト1位名を受ける。競合の末、近鉄バファローズが交渉権を獲得。

1987年ルーキーながら両リーグ最多の201奪三振を記録。同じく新人の日本ハム西崎幸広とともに15勝を挙げ、勝率は西崎が上回った(波野の12敗に対し西崎は7敗)ものの波野が新人王を受賞した。

1988年プロ野球史に残る戦となったペナントレース終盤の「10.19」のダブルヘッダーに2試合とも登板。2連勝すれば西武ライオンズを抑え優勝という状況で、1試合勝利した(波野にセーブが付いた)が、2試合に同点ホームランを浴びる。規定時間をえたため延長10回引き分けとなり、西武の優勝を許した。

1989年、前年の終盤戦をなぞるように優勝争いがもつれる。「10.12」のダブルヘッダー第2戦に先発登板し、大量リードにも恵まれて勝利を挙げる。シーズン19勝を挙げ最多勝となり、二年ぶりのタイトルを獲得した。日本シリーズは3連勝から加藤哲郎の「巨人ロッテより弱い」発言をきっかけにまさかの4連敗で日本一を逃すも、波野は優秀選手に選ばれた。

1990年に2桁勝利(10勝)を挙げたのを最後に、以降は成績が低迷する。

1994年にはプロ入り初のシーズン勝利に終わり、シーズン後に読売ジャイアンツへの移籍が決定する。

巨人では中継ぎを担当し、長嶋監督からレフティーズと名付けられた左腕投手の一画にも位置づけられたが、3年間で勝ちなく横浜ベイスターズへ移籍。

1998年近鉄時代に投手コーチだった権藤博監督から中継ぎとして多用され、50試合に登板し復活を遂げる。日本シリーズにも登板し、優勝を決めた試合で勝利投手となった。

1999年40試合に登板するが防御率が6点台と振るわなかった。

2000年シーズン後に戦力外通告を受け現役引退

引退後は、2001年から2006年まで、巨人横浜コーチを歴任。2007年に解説業へ転じる傍ら、社会人野球の住友金属鹿島投手コーチにも就任した。

2012年より、巨人二軍投手コーチに復帰、2016年より巨人三軍の投手コーチをつとめる。2018年シーズン終了をもって退団。

巨人退団後、中日ドラゴンズの来季一軍投手コーチに招聘されたことが発表された。亜細亜大学の一年後輩にあたる新監督与田剛を支える役割を担うことになる。

通算投手成績

通算:14年 登板 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 305 70 11 75 68 5 0 .524 1260.0 410 985 563 519 3.71 1.28

タイトル・表彰

タイトル

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%BF%E6%B3%A2%E9%87%8E%E7%A7%80%E5%B9%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

阿波野秀幸

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 阿波野秀幸についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード