阿羅漢単語

アラハン

阿羅漢とは、仏教における者の事である。

概要

簡単に言うと「尊敬されてしかるべき者」の事。「あらはん」とは、サンスクリットでのアルハットの読み当て字にしたものである。

詳細はWikipedia並び詳細資料、または仏教学者にお願いするとして、元々はインド宗教において「尊敬される修行僧」の事を言うそうで、中国日本に伝わった際に、釈尊子の修行の姿を理想的な修行者、すものとしてこの言葉があてられたらしい。尚、釈尊の尊称でもあったそうな。

略称としては「羅(らかん)」が有名だが、なんだか強そうである。元を辿れば日本での仏教どがサンスクリット当て字のため(南~など)、漢字自体の意味とは別だけど。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%98%BF%E7%BE%85%E6%BC%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

阿羅漢

1 ななしのよっしん
2013/05/08(水) 00:12:49 ID: W40hgTdQpb
如来(悟りを開き、なおかつ他人を救える)

菩薩(悟りは開いたが、他人を救うまでは至らない)

(徳は高いが、悟りは開いていない)

こんなかんじじゃなかったか。
2 ななしのよっしん
2014/12/17(水) 17:15:01 ID: vOzDA35g49
阿羅漢菩薩も如来も宗によって細かい解釈が変わってきますので詳細はご自分のおの宗のお寺さんにお聞きになったほうが良いかと。