陳泰単語

チンタイ

陳泰(チンタイ)、字を玄伯は、三の人物。生年不明~260年没。後期の軍事政治分野において活躍した。

出自

の名臣である陳羣であり、その嫡子。も同じく名高い荀彧で、荀彧の外孫にあたる。
出身地は不詳だが、おそらくはと同じ頴県と思われる。
曽祖の陳寔、祖陳紀袁術配下とは別人)も名が高く、頴陳氏は名門として知られていた。

ちなみに陳寔は、南陳の建者である陳覇先や、玄奘三蔵(三蔵法師)の先祖といわれている。

中央から北へ、そしてまた中央へ

陳泰の名が史料にあらわれるのは曹叡の代からで、青龍年間(233237年)に散騎郎として曹叡近侍している。236年に陳羣が逝去しており、陳の当となっている。

正始年間(240249年)に遊撃将軍・并州刺史となって北方に転出。さらに振威将軍を加えられ、使持節・護匈奴中郎将となった。同地を威厳と恩をもって統治し、匈奴を手懐ける等の治績をあげた。
都の貴族達は匈奴婢を買いめる為、陳泰に代をことづけたが、陳泰はに引っ掛けて打ち捨てておいた。後に中央に戻る時に全て返却した。

中央では尚書となり、司馬懿曹爽との争いに関わった。陳泰は司馬懿一党に与し、曹爽への使者を務めた。

今度は西へ

249年から西方に配属され、刺史から都督に昇進した郭淮の後任として、雍州刺史となった。奮威将軍を加えられ、郭淮の補佐を行い、の北伐に対して防衛を行った。

252年頃、并州と連携して蛮族(族?)を討とうとしたが、徴兵を嫌った民による二の叛乱を招いてしまった。
しかし、司馬師は承認した自分が悪いと責任を問わなかった。

軍が麴を築いて頭堡となし、に侵攻してきた時、陳泰は軍の補給の脆弱さを見抜き郭淮に戦わずにして退ける作戦を提案する。自身は徐質鄧艾の二将を率いて補給線を断ち、援軍の姜維の帰路を郭淮に扼するよう献策した。結果、麴の兵は降伏し、姜維も追撃を恐れて逃走した。

255年、郭淮が亡くなるとその後を継ぎ、西征将軍・仮設・都督雍軍事となり、対戦線の第一人者となった。
後任の雍州刺史は王経となる。

姜維夏侯覇が攻め上って来た時には、別動部隊の王経が先立って軍に撃ち破られ、狄で包囲されてしまう。このままの攻勢が続けば隴西を失い、深刻な戦況となる。鄧艾ら諸将が慎重論を唱え、準備を万端にしてから反撃すべきとする中、陳泰は軍の失策(狄に構うべきではなかった)と、王経部隊の兵站がもう限界と見切った。そこで急速に援軍を率いて現地に駆けつけたところ、予想外の動きと速さ軍は混乱して逃走した。
救われた王経は、後10日遅ければ食料が尽き、ごと壊滅して一州を失っていたと嘆息した。

再び中央へ、そして南へ、3度目の中央へ

再びに中央に召されて尚書右射となり、官吏の選抜を担当する。さらに祿大夫が加えられた。

孫峻泗水地方に進出すると、鎮軍将軍・仮設・都督北諸軍事に任命されて南方に赴き、徐州監軍を揮下に収め、対の防備にあたった。孫峻が撤退すると中央に戻り、尚書左射となった。

諸葛誕が叛乱すると、司馬昭は全軍を上げて出した。大本営に臨時の尚書が設けられ、陳泰により取り仕切られた。

これらの諸功績により、領2,600戸にまで加増され。子たちも爵位を下賜された。
260年に亡くなり、穆侯と諡され司空を追贈された。後を息子の陳恂が継ぎ、その後は次子の陳温が後継した。
咸熙年間にめて陳泰の功績が評価され、陳温は慎子の爵位に封ぜられた。

評価

沈着勇武で決断がある、都督、大将はこうでなければならない。(司馬昭

陳羣べて正、理、寛容さをもって下を教化する任務では及ばないが、実務に練達し、簡にして要をおさえ、功績を打ち立てる点では以上である。(武陔)

累塊にして正あり(王羲之)

陳泰は広く世を救い、きわめて簡潔、まことに良く業を受け継いだ。(陳寿

人物

優れた将軍であり、兵法に通じ、敵の弱点を見破り、的確に突く事に長けていた。異民族政策にも優れ、州長官としての統治も問題なく行っていたが、民の叛乱を招いた事もあり、瑕い事もなかった。有能な方面軍官として北~西~南と重用された。

将軍としての功績だけでなく、中央政府に登ってからは大臣として重きをなした。

あまり物事を大げさにせず、軽く簡単に処理する事を心がけていた。との戦いで、中央に報告する時、駅伝を利用して早急に報告を行い、司馬昭を感心させた(普通に報告しようとすると3倍の時間がかかる)。適当に見えて状況を収拾できうる量に裏付けされたものである。
 
司馬師司馬昭と仲が良く親友であった。すぐれた見識を持ち、清廉な人格者であったが、宴会で、司馬師と一緒に鍾毓をからかうような一面もあった。また、司馬昭鍾会に寄った時、鍾会に一緒にに乗れと言っておきながら、すぐに発して置き去りにした時に、陳泰も司馬昭に同乗していたという。
 
傅嘏、武陔、陳騫、荀顗、鍾毓といった人々と親交があったという。
荀顗は荀彧の子で叔父にあたる。同世代であり、世間の論者は二人を同列にしたという。

高貴郷公(曹髦)殺害事件

260年の司馬氏の簒奪前皇帝である曹髦が反司馬の挙兵を行い、司馬昭心である賈充図により殺される事件が起きる。董卓ですらやらなかった現役の皇帝殺しの暴挙に、野は騒然となった。流石にやばいと思った司馬昭は、太常となっていた陳泰を呼び出し、フォローの方法がないかと相談した。

陳泰は賈充る事を勧めた。しかし、賈充司馬昭は却下して、それ以下の方法はないかと聞いた。
陳泰はそれ以上はあってもそれ以下はありません、賈充る事しか下に謝罪する方法はありません。と重ねて勧めた。結局、司馬昭は助言を受け入れず、実行犯とその関係者を処刑、賈充無罪放免にしてしまった。

また一説では、曹髦が死んだ時、深く悲しみ、司馬昭と共に号泣し、上記のように賈充の処断を説いて、血を吐いて亡くなったという。

ただ、裴松之は、この時の陳泰の言動が記された史書の信憑性について疑問を呈している。そもそも陳泰は太常の地位にあった事はい。また、陳泰の徳は、祖達には及ばないという評を引用しており、暗に陳泰がそこまで殊勝に振る舞えたかどうかを匂わせている。

三国志演義

おおまかな出番は史実と同じ。陳羣(演義では陳群と表記)の息子である事には触れられていない。
鄧艾の才に敬意を抱いて、「忘年の交わり」を結んだ事となっている。
時代の後期から活躍する人物なので、諸葛亮没後をいた作品では、出番は少ない、というかい。

補足

コーエー三國志シリーズにおける陳泰の力一覧。 当初から知勇兼備となっているが、魅があまり高くなかった。次第に評価が固まり、万の武将となっている。登場時期が遅めなので活躍の時期は限られる。

一覧 統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II 79 79 44
三國志III 79 78 69 69 72 70
三國志IV 67 80 78 69 69
三國志V 83 78 63 69
三國志VI 79 76 70 72 64
三國志VII 78 86 74 73
三國志VIII 79 84 75 78
三國志IX 87 78 87 77
三國志X 85 73 85 75 75
三國志11 84 73 86 78 77
三國志12 84 77 86 78

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%99%B3%E6%B3%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

陳泰

35 ななしのよっしん
2017/06/03(土) 16:50:24 ID: wYgMu2QRi9
「やつの心はでも知っている。座していても位の辱めを受けるだけだ」とまで曹髦を追い込んだのは司馬昭自身なのに、なんでそれで逆襲されたら曹髦のせいってことになるんだ。
皇帝をしてそこまで言わしめた司馬昭は、弑逆せずとも十分に逆臣認定だよ。曹親子なんか弑逆も位もしてないのに認定されてるし、それが士大夫の価値観ってもの。

陳泰が「穏便に済むならの閉幕自体には特に反対の意思はかった」というのは同感だが、だからこそ「その責任は実権がある司馬昭の側にあったのに、なんでそれを怠ったんだ」と怒るのは当然。
陳泰らは曹の「底的に弾圧して反抗の隙を与えず、よって弑逆も位もせず、一応のを持たせて譲を遂げた」のをみてるんだから、なおさら文句も言いたくなる。

史書を見ても、この件に関して曹髦の責任とする記述は全くない。最も司馬氏に配慮したはずの志ですら、「高が皇太后の命を狙ったので、兵士に阻まれてドサクサで殺されました」と隠蔽しかしてない。
当時この件に関して「向かわれた司馬昭責任はなく、曹髦のせいだ」なん
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
36 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 20:34:11 ID: GLQKPG6/5p
チンタ?(横スカ事変並感)
37 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 23:24:32 ID: jvqpuQLJhb
劉禅みたいなお気楽な人ならまだしも曹髦には不忠な野心を抱く司馬しし
38 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 23:30:00 ID: jvqpuQLJhb
劉禅みたいなお気楽な人ならまだしも曹髦には簒奪の野心を抱く司馬昭に恥をんで(笑)して「このまま司馬氏の下になるんだろうなー」なーんて考えてる不忠な輩の期待に応えるなんて下を憂う君子の行動は出来なかったんだろうよ
39 ななしのよっしん
2018/01/24(水) 06:10:30 ID: KEG/Hfu/Nz
曹髦は13歳直前で即位して18歳で没
後継人の立場の司馬昭責任うやむやはいかんだろ

曹髦は短命の割に絵画が唐代くらいまで結構多く残っていたり書やの評価や文章が残っていたりと割とみんなにされた人物だっただろうことはうかがえる
40 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 18:19:24 ID: kDIgtdsKwW
みんなにされてたなら何でそのみんなとやらは暴走自滅する前に止めなかったんだ
曹髦の学問のお仲間はみんな司馬氏の与党じゃないか
41 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 23:00:48 ID: 9kwJgwyZFF
ちゃんと止めたけど言葉で言っても止まらなかったんやで
まああれだ、される無能とか、残念な人とか、悪いじゃないけどどうしようもなくバカとか、そういうやつ
42 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 22:46:54 ID: KEG/Hfu/Nz
事件のソースこそ正統では僭するだよね
司馬氏が当時本当に支持されていてたら事件について詳しく書いても問題なかっただろうね
43 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 21:33:23 ID: kDIgtdsKwW
むしろ支持されていれば血生臭いことは隠され、と支持を失ったら貶められるものなんじゃないの
44 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 20:29:10 ID: XZTVu/ql9E
本文の引用、資料によっては「賈充を殺せ、それが出来るならその後は言わせるな(=司馬昭アンタが死んで詫びろ)」という過批判だから、ただの助言じゃなくて命賭けの決別宣言に近いのではないんだろうか、後は賈充司馬昭がそれを許すはずもなく...

まぁ曹髦殺事件は後々も司馬氏政権の道徳ネックになり続けるので間違った話ではないわな

急上昇ワード