陸抗単語

リクコウ

陸抗とは、三時代末期の武将である。

概要

字は幼節

名将陸遜の次男であり、斜陽を支えた忠臣。
孫皓によってが傾く中、を相手に八面六臂の活躍をする。
清廉な性格で、軍事政治両面に大きな功績を残した。
の最後の砦ともいうべき名将である。
の将・羊祜(ようこ)とは敵味方を越えた友情で結ばれ、良きライバルと言った関係であった。

245年、二宮の変による後継者問題で陸遜が荊州で憤死すると、世したに代わって督を継ぎ、建武校尉となった。この時、既に碌していた孫権陸遜に対する不信感を払拭しておらず、拝謁に訪れた陸抗を詰問する。しかし、堂々と実と忠心をり、信用を取り戻した。
その後、一度任地である荊州に戻るも、生来の体の弱さから首都建業に治療の為戻った事が有った。
治して建業を離れる時、孫権は「私は愚かにも讒言を信じ、君の忠心を裏切ってしまった。君にも本当に申し訳ない事をした。私が君に送った書簡は全て焼き捨てて、にも留まらない様にして貰えないか。」と涙を流して謝罪したという。
以降は重職を歴任し、270年、との最前線で有り、最終防衛ラインとも言うべき荊州総司令官となる。

272年、とのの重要地点である西陵(夷陵の事、名されていた)で、守備大将歩闡に寝返るという大事件が起こる。
陸抗は直ちに兵をまとめ討伐に向かった。これに呼応するように、将軍羊祜が西陵救援に向かう。
先に到着したのは陸抗だった。西陵の守備の高さを知っていた陸抗は強攻せず、を包囲する内向きのの救援部隊に対応する外向きのという二重を敷くという奇策をとる。しかし、広大を突貫工事で製作した為、諸将から不満が続出し速攻すべしとのが出た。それなら、と一度攻撃を許すも多大な被害を出し、以降不満はくなった。
これを見た羊祜軍の守りは堅いと判断、西陵でく江陵を攻め落とす陽動作戦に出る。配下が江陵を救援するべきと訴えると「江陵には持久戦に耐えるだけの防備と食糧が有る。仮に落せたとしても被害は甚大、取り返すのは苦ではい。しかし、西陵を奪われれば南方の異民族を刺し、その後の影は計り知れない。今は江陵よりも西陵だ。」とり動かなかった。
羊祜は陸抗が動かない事を知ると陽動でく本格的な江陵攻略を始める。これに対し陸抗は、江陵周辺の河に防を築き、あえて江陵を没させて攻められないようにしてしまった。
ならばと、羊祜はこのを利用し江陵への輸送作戦を決行する。すると陸抗は防を切り、羊祜輸送隊は大損を受けるのである。
その後も、の救援部隊が到着したり、謀叛者が出る等の危機を迎えるが、陸抗はこれに良く対応し、数カの対の末軍は撤退、西陵も陥落した。
この戦いでは両者の知略がぶつかり合う名勝負だったが、読みが一歩い陸抗有利のまま進んで行ったと言えるだろう。

羊祜との友情

前述した西陵の戦いの後、羊祜は荊州付近で善政を敷くという作戦に出る。
暴政に疲れ切っていたの民は、先にとへ移住していった。
これに対して陸抗も、自身の揮出来る範囲で善政を敷き対抗した。
こうして、両者が競って善政に努めた為、荊州は食糧が放置されてもも盗まず、畜が逃げてを越えても、相手に知らせれば返還される、という戦時中の前線とは思えぬ環境を作り出した。

そんなある日、陸抗が病にせた時に、羊祜を陸抗に送った。
陸抗の配下は「かも。」と諌めるも陸抗は構わずに飲んだのであった。
返礼に陸抗は自身で作った羊祜に送った。
羊祜の配下は「かも。」と諌めるも羊祜は構わず飲んだという。

演戯によると、このやり取りを知った孫皓は、陸抗に内通の疑惑を持ち、兵権を剥奪し司馬の位に降格した。
しかし、正史には「詰問をした」とだけあり、降格はされていない。
羊祜も信義を失っていると批判されるも274年に陸抗が病死するまでこの二人の友情は続いた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%99%B8%E6%8A%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

陸抗

24 ななしのよっしん
2014/07/01(火) 23:09:57 ID: V79PEKjVNC
正直、上があんなザマでよく裏切らなかったなって思うわ、父親孫権老害のせいで死んだってのに。の他の重臣の一族が次々に寝返ったのとべると本当に忠臣だと思う。
25 ななしのよっしん
2015/03/29(日) 21:05:17 ID: 3CVAJ9iDBc
死の直前の上奏文では「西陵に精鋭八万を配備してください」と言ってるんだけど、当時のにこれだけの動員ってあったのかな?という気が
なんか「理なのはわかっているがそれでも8万集めないとは滅びるぞ」というどうしようもない現実と、だからこそ今は死ねんという切羽詰った感を与える上奏文
26 ななしのよっしん
2015/05/27(水) 20:10:01 ID: 3CVAJ9iDBc
孫皓陸抗息子に、自分の(異)をがせているので
孫皓にとっても陸抗一門は最重要の一族であったんだろうと思う
27 ななしのよっしん
2015/07/15(水) 16:42:29 ID: uKSva26yGy
これは友情といって良いんだろうかとちょっと思った
本当になのに、なのにあいつ怯えて飲まなかったんだぜ
とか言われるの回避したんじゃね?
28 ななしのよっしん
2016/02/03(水) 22:32:48 ID: 2gVRw5/J1s
>>27
それも含めてじゃない?
なんというか、知略同士のレベルの高い友情と言うか
わかっててやり合ってる妙な信頼感と言うか

勝手な想像だけど
29 ななしのよっしん
2016/09/07(水) 05:39:42 ID: e5SpYtsAzJ
陸氏一族が代に入って八王の乱に巻き込まれてほぼ壊滅状態に陥った理由を、陸抗歩闡の叛乱を討伐した時に歩闡の三族を幼児に至るまで皆殺しにした事に対する報いみたいな記述をされて裴松之かれてるのはちょっと気の毒だなと思った
30 ななしのよっしん
2017/05/20(土) 12:19:19 ID: +Czym3PcHu
羊祜との件を孫皓に咎められたのは、本の人々がその件で陸抗を疑いだしてたんじゃないかな
孫皓が詰問の形で弁明の機会を与えて、陸抗はそれに応じて噂を打ち消したのではないかと
こう思ったのは諸葛瑾劉備への内通を疑われた時、孫権も似たことしたから。孫権の場合ははあいつを信頼してるという明を出し、陸遜が書状で補強して噂を打ち消したけど

陸抗とは逆で軍拡に反対した陸凱を、孫皓は同じ陸氏の陸抗に遠慮して政権から排除できなかったのは皮だよなあ
陸抗が亡くなって、遠慮する必要が亡くなった孫皓が陸凱を排除したことで軍拡に乗り出せたというのもまた
31 ななしのよっしん
2017/07/09(日) 21:26:20 ID: idUNvh/luB
無双8の新武将情報きてたけどまだ出てこなさそうだなぁ。でも程普さんが出るのはちょっと嬉しいな。イケジジになってた
もし猛将伝とかあるなら追加エピで羊コと一緒に出てきてほしい
親父の年齢問題があるんなら共演させなければいいだけの話だと思うんだ
もしくは>>22も言ってるけど司馬親子の例で開き直った感じでも別にいいと思うし
32 ななしのよっしん
2017/07/22(土) 08:38:09 ID: QsFzNvaq+H
羊祜征伐戦にうって出て陸抗を倒しを滅ぼしてれば二人はもっとく出れたんだろうけど
結局陸抗どうでもいい期間(より正確には、アホ共がメチャクチャやってるから無双的には正視したくない期間)の守護者でしかいので出しても活躍させにくい
33 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 13:53:06 ID: 3CVAJ9iDBc
>>29
正史だと「首謀者である歩闡の一族は処刑したが、それ以外の兵士や民衆数万は許した」といい文脈で書かれてるんだよね。
陳寿の時代(西期)には、陸抗のこの戦後処置は報いを受けるべきことではなくて、賞賛される振る舞いだったみたい。

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。