隆子女王出奔事件単語

タカコニョオウシュッポンジケン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

隆子女王出奔事件とは、江戸時代後期に起きた皇族二人の駆け落ち事件である。

隆子女王(幾佐宮)

女王(1818~1860)

世襲宮伏見第19代子沢山で有名な貞敬王の第11王女。通称は「幾佐宮(きさのみや)」。

貞敬王()─女王

済範入道親王

済範(さいはん)入王(1816~1898)

伏見20代子沢山で有名な王の第1王子

貞敬王(祖)─邦王()─済範

…だったのだが、なぜか生まれてすぐ、祖の貞敬王の子供ということにされた。

理由は不明だが、一説に、済範が生まれた時、の邦王は元前の数え15歳(満13歳)だったので、伏見が世間のを気にしたからだという。

1817年、勧修寺の門跡となる。上皇の猶子(形式上の養子)となり、1823年、王宣下。1824年、出。この時に済範入王と名乗る。

系図

(系図上では)

貞敬()┬邦

    ├済範

    └

従って、済範と子の関係は、系譜上では異兄妹だが、血統上は年上の甥と年下の伯母やっこしい

出奔事件

1841年(保12年)10月12日女王を連れて伏見宮邸から出奔。

同じ頃に、済範も出奔。

簡単にいえば、禁断の男女の駆け落ちである。伏見は大騒ぎとなり、京都代に捜索届が出された。

逃避行の間、二人にどんなドラマがあったのかは想像するしかない。17日後の10月29日、済範と子は明石で発見され京都に連れ戻される。

(同行したの消息は不明。)

その後

時の天皇、仁孝天皇の怒りはすさまじく、二人には重い処分が下された。

・済範

上皇猶子の停止。二品王及び勧修寺門跡の地位の停止。伏見から追放の上、東寺での厳重籠居。

女王

の上、瑞寺に預かり。

この時、二人の(済範の実)邦王も処罰を受けている。

1856年(安政3年)、済範の罪が許される。天皇孝明天皇に代わっていた。

女王は処分を解かれることのないまま、1860年(万延元年)に瑞寺で死去。

彼女の罪が許されたのは、死後5年後の1865年(元治2年)だった。

余談

済範はその後、還俗し「山階宮(あきら)王」を名乗り明治維新期の外交官として活躍する。

「山階鳥類研究所」の創設者、山階芳麿は彼の孫である。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

隆子女王出奔事件

1 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 14:51:19 ID: 0veL7L5bmm
こんな事件あるんすねぇ
👍
高評価
14
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 20:01:13 ID: jM9093v7ko
初めて知った
けどなんでこの記事作ったの?
👍
高評価
1
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 20:36:49 ID: pSdZd8S0jN
行方は、誰も知らない
👍
高評価
2
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 20:41:44 ID: k+ssLMviQD
次代の孝明天皇の御世にはペリーが来航することを考えると、平和な時代だったなと思う。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 21:50:45 ID: 1SEWUigQKa
この記事立てた人に清棲教の記事も作って欲しい
現時点で最後に皇籍復帰した皇族という事で「いずれ必ず」急上昇ワードに乗る時も来るだろうから
👍
高評価
1
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 22:10:03 ID: 35/PLiydi1
個人的には駆け落ちより王子の出生の方が衝撃的に思える
👍
高評価
1
👎
低評価
0