隣組単語

トナリグミ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

「隣組」とは、

  1. 隣組とは、第二次世界大戦の戦時体制の中で制度化された互助組織のこと。
  2. 1.を宣伝する為に作られた戦時歌謡のこと。

この稿では両方について解説する。

1.について

詳しく書くと物凄く難解な文章になってしまうので、簡単にまとめると、今で言う「町内会」のようなものである。
正確には町内会よりも更に細分化された、数軒のご近所が集まって出来た「班」に等しい。
配給物資の受給・物資の供出・襲による避難などを一つの隣組が一体となって行うための組織である。
というのは表向き(実際そうだが)で、本音は「相互監視」の意味合いが強かった。
例えば、戦争に否定的な家族が居たとしたら、それを密告して思想統制を計る等。
「結びつきと親を深めてお互いを監視する」ということである。悲しいけれど、戦時中はそんなもんです。

戦後は相互監視など軍義的な物は消滅し、単なる「親しいお隣さん」的な意味で隣組は残った。
今でも一部地域では隣組っぽいものがあったりする。もちろん監視・密告などそういった意味合いの物ではない。

2.について

作詞岡本作曲飯田信夫/1940年発表

1の互助組織としての隣組を広める為に作られた戦時歌謡である。
戦時歌謡というと軍歌としての意味合いが強くなり場合によっては民に嫌われてしまう可性もあるが、「隣組」はユーモアのある歌詞リズミカルな曲が大衆に受け、半ば愛唱歌のような形で長くされたという。
(ちなみに作詞者・岡本小説家甲子園球場アルプススタンドの命名者でもある。息子は画岡本太郎
隣組は戦後も大衆の間で歌い継がれ、ついには替え歌となって、戦時歌謡としては異例のテレビ進出を果たす。
それが、ドリフ大爆笑 オープニングテーマメガネドラッグ CMソングである。
この2つの名曲は、ドリフCMという武器を使って、隣組という元ネタすら知らない世代にも広く親しまれた。
今ではこのメロディを聴けば、隣組よりもドリフの名前の方が先に出てくるという人も多いはずである。

このうち大変なインパクトを残したドリフ大爆笑オープニングテーマは、放送開始から20年以上の時を経て、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスに所属したルイスロペス選手の応援歌として球場で歌われたり、サントリートリスハイボール」のCMソングに使われるに至った。
ハイボールCMアレンジがあからさまにドリフ大爆笑のそれであり、原曲カバーカバーという孫引きにあたる。

メガネドラッグCMソングは隣組を意識して作られているが、実際は微妙に変えて作られており、全く同一のものではない。このアレンジを行ったのは小林亜星である。
なお、メガネドラッグ自体が関東のみに出店するチェーン店であるため、この曲が使用されたテレビCM関東ローカルである。 そのため、関東地区以外での知名度はほぼ皆無と言って差し支えない。

隣組は、発表から60年が過ぎた今も替え歌替え歌として細々と、しかし着実に生き続けている。
現在でも大衆に歌い継がれている戦時歌謡・軍歌は、軍艦行進曲軍艦マーチ)と隣組の他にど類を見ない。

 

アニソンJ-POPもいいけれど、たまには隣組のことも、思い出してあげて下さいね。 

関連動画

ドリフ大爆笑OPそのものの動画はは削除になってしまうため、記載しません。ご了承ください。


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9A%A3%E7%B5%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

隣組

20 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 11:36:35 ID: do+ZhcPTxL
戦後作られただろ。
戦争のための制度だろうけど、この程度のことで監視が出来るとは思えない。
21 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 12:03:45 ID: 7vWuuioUrk
隣組連帯責任を負わせるようにすれば簡単にできる
22 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 20:46:43 ID: SYBcvtB/+J
>>21
江戸時代の五人組とやってることは同じだよね
23 ななしのよっしん
2017/03/27(月) 01:16:29 ID: L1JQheNwsN
この世界の片隅にで唐突に隣組流れて草生えた。そして、やっぱ隣組って戦時においては特に大事だったんだなぁと感じた。被災しても助け合えるし、スパイ発見の意味合いもあったんだろうが。
24 ななしのよっしん
2017/10/13(金) 00:22:58 ID: N5JUv9EG+7
>>1
2011年といえばパヨクが大暴れした時期だからお前みたいにバカレスするのがいてもおかしくないな
都民だがそんな気配全くないぞ

むしろ相互監視は田舎者が自然とやることじゃないか?
25 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 12:37:35 ID: mfu/N6njBU
>>23
むしろ時代背景的には隣組の歌が流れてるのが普通
戦後に戦時歌謡がどんどん忘れ去られていった中、隣組の歌だけはドリフ大爆笑メガネドラッグによって70年以上立った現在でも歌が生き続けているというのがまさに奇跡みたいなものだと思う
26 ななしのよっしん
2018/04/15(日) 18:58:44 ID: wWHoZ5VQLJ
>>19
>>20
と思うじゃない?
戦時中は配給制だったので隣組から逸脱する=ハブられるのは文字通りの死活問題なんです
27 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 22:48:22 ID: 6FeE+Sp35L
特高やゲシュタポやKGBなんかよりは全然生ぬるいけど
ある意味あんなのよりよほど生々しいわけだわね
28 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 05:06:01 ID: opIHhKFIp2
なおドイツソ連でも似たような組織が作られていたもよう。
ある意味の根運動だからね。仕方ないね
相互監視と密告は義務であり権利であり何よりクソみたいな日常最大の愉悦だった。

まあ、東ドイツとか合併後に密告者リスト開示されたおかげで逆に地域社会が崩壊したわけだが。
西の監視がかったらマジで内戦一直線だったんじゃなかろうか。
29 ななしのよっしん
2020/01/02(木) 18:34:37 ID: jMbunxLMbG
そういやドリフ大爆笑テーマの元歌がこれだと知らなかった時、嘉門達夫の「帰って来た替え唄メドレー4」の中の「唄が途中で変わるシリーズ」にて清浄寺の囃子からドリフ大爆笑テーマに変わるやつがあったのだけど、使用曲の欄には「隣組」と書いてあって「あれ?曲名間違ってね?」と思った記憶がある。

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色