編集  

雀ヶ森レン単語

テツコ

雀ヶ森レンすずがもり レンとは、TVアニメカードファイト!! ヴァンガードシリーズの登場人物である。
担当声優は、阿部敦日本語版) / Roger Rhodes(英語版)。


は徹子ではありません。貞子でもありません。

ヤンホモでもありません。
  

ネタバレ注意

この記事にはアニメネタバレが含まれています。
閲覧には注意してください。

 

これが概要になりそうだね…

圧倒的な実差を見せつけて前回の全大会優勝を果たしたフーファイターのリーダー
その次元の違う強さは見るものを強に惹きつける。つかみどころのない性格をしており、彼が心の内で何を考えているのか知る者はいない。

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード」公式サイトexitより引用

高校1年生(実際高校に通っているかどうかは不明)。誕生日12月12日射手座で、血液型A型
23話「運命の出会い」にて初登場。姿自体はOPで登場していたものの、本編に現れたのは2クール終盤となった。

「フーファイター」という組織の総帥であり、その中でもトップの実を持つメンバーで構成された「チームAL4(アペックスリミテッドフォー)」を率いるリーダー。普段はボーッとしているが、いざヴァンガードのこととなると雰囲気が一変し、挑発的な態度をとる。 その態度は物語が進むに連れ、徐々に尊大になっていく。

カードを聞き、ファイトの流れを読む「PSYサイクオリア」というを有している。
このを手に入れてからレンは今までのファイトで全戦全勝し、全大会でも圧倒的な強さで優勝を果たした。PSYクオリアに魅入られ、“こそ全て”という思想を持つ。

台詞回しが非常に痛々しい為、厨二病疑惑が持ち上がっている。全大会では、個室でどこぞの帝王様のようなポーズで座っていたり、女性同士のファイト百合を持ちながら観戦するなど、その疑惑は更に高まっている。なお、全大会での個室は「徹子の部屋」と呼ばれ、今日明日ゲストが来るのを待っている…らしい。

また、後述する櫂トシキおよび先導アイチとの三角関係のような様相はまるでドラのようであり、視聴者から厨二病に加えヤンホモの疑惑までかけられることとなった。更にレンが使用するヴァンガードファイトグローブの色は櫂と同じである。おそろい疑惑がたっている。

第2期 「アジアサーキット編」

チームQ4、チームカエサルらも参加している「VFサーキットアジア大会ソウルステージに、新メンバー櫂トシキを加えた「チームNAL4(ニューエーエルフォー)」として電撃参戦する。
大会決勝戦にて先導アイチ敗北し、PSYクオリアの闇から解放されたことで、かつてのように天然で純な性格に戻っている。けど少しあざとい また、気まぐれでデッキを変えたり、戸倉ミサキを「ミサッキー」とあだ名で呼んだりするなど、かなり自由な行動もとるようになっている。
装も、第1期で羽織っていたパッドコートを脱いで、カジュアルな微ジュアル系のものになった。萌え袖あざとい

ソウルステージにてアイチファイトした際、クソガムさん立凪タクトによって再びPSYクオリア覚めるが、以前ほどの人格変化は起こっていない……というより、ほとんど変わっていない。
アイチとは違い、PSYクオリアおよびシャドウパラディンに関する記憶は全て失くしており、使用クラン違和感は覚えていない。それどころか自身の使うゴールドパラディンに対して「すごいカードがいっぱい」「櫂の使ってるクランなるかみ)よりもかっこいい」と大変気に入っている様子。
しかし、PSYクオリアを再び手にしてからは「他に自分に相応しいクランがあるかもしれない」という感覚も抱き始めたようで、いろいろなクランデッキを使用してファイトするようになる。

第84話にて料理が得意であることが判明した。ただし櫂のような正統派料理上手ではなく、「食材のを聞いて料理する」という、ある意味レンらしい破天荒な方向性の料理上手である。彼の手に掛かれば、すべて下拵えなしで丸ごとへ放り込みさえ一切加えずに調理した野菜魚介絶品のハヤシライスへと姿を変える。

第3期 「リンクジョーカー編」

フーファイター下の学校法人が経営している私立校・福原高校の2年生。
上下ともにブレザースタイルホストっぽい制服を着用しており、髪型の後ろの束をに掛ける形で残したポニーテールに変更された。なお、ブレザーの下のカッターシャツは安定の萌え袖仕様である。やはりあざとい
また、同校ヴァンガード部の部長も務めている。しかし部長として行うべき業務は副部長である鳴海アサカが、導などは同校を卒業しOBとしてコーチを務める新城テツがそれぞれ行っており、レン自身の部長という立場もく「テツが理矢理押し付けた」形で就いたものである。ヴァンガード部の仲間であるテツやアサカ、スイコのことを大切に思っている。

福原高校をVF甲子園優勝に導いた本人であり、その功績は福原の名を世に知らしめるきっかけにもなり、後のシリーズキャラクターにも大きな影を与えている。

性格は、一言でいえば第1期と第2期の中間テイストとなっている。
本来のマイペースかつ天然で掴みどころのない性格が基本となってはいるのだが、PSYクオリアに溺れていた頃の記憶が戻っているためか、どちらかと言うと第1期寄りの雰囲気を醸しており、全体的に第2期の時よりも々しく落ち着いている。圧倒的な強さと、第1期を彷彿とさせる格や不敵さで以て、時には主人公よりも主人公らしい活躍を見せてくれることも。

第4期 「レギオンメイト編」

第3期と同様、福原高校の一生徒兼フーファイターの当として、アサカやテツと共に平和日常を送っているようだ。(ただし、第3期で同校へ編入してきたスイコの、福原高校および同校ヴァンガード部の在籍如何については不明。)

リンクジョーカーによる世界侵略騒動が収束した数日後、アイチの手掛かりをめて訪ねて来た櫂に対し、当初は他の人物と同じように、アイチに関する記憶がないらしい言動を取っていた。しかし、櫂がレンの態度を訝しんで再度訪れた時には「カトルナイツ」のことを知っているかのような反応を見せる。
かと何らかの“約束”をしており、アイチについても何か知っているものの“約束”の関係で口外できないようである。

アイチのことを聞き出そうと櫂が挑んできたファイトでは、アイチを探しめる櫂の決意・櫂が信じるアイチとのが本当に正しいのか、それを根拠に仲間を巻き込むのは櫂の独善ではないかと摘、そんな櫂の正義を断ち切ることこそ己の正義であるとして櫂を非難する。だが、石田ナオキ三和タイシアイチおよび櫂への強い思いと、そんな仲間達の思いに応えてこのままアイチの許へ行きたいという櫂の覚悟を聞いて認めるに至り、彼らに手掛かりを与えた。
余談だが、「手掛かりをありがとう」という櫂の礼を聞いて、レンは「イラッとするやらこそばゆいやら」とコメントしていた。櫂の変化については昔染として少々複雑な様子である。

後に、カトルナイツ内部の問題が発生した際に蒼龍レオンとともに馳せ参じる。
元々カトルナイツ入りをアイチに打診されていたが、アイチを封印するという事態に首を縦に振りきれず、不干渉の立場に落ち着いていた。しかし、先述の櫂の様子を見て考えをめたのか、櫂の味方としてその場に現れたのだった。
ただし、リアルファイトバトル)にて櫂達を救出した以外の活躍はなく、観客要員になってしまっている。

劇場版アニメパート 「ネオンメサイア」

本作でも登場。作中の大会「メサイアスクランブル」への招待状を受け取るが、大会前に登場した伊吹コウジの急襲を受ける。
ユニット「根絶者」のを受け、グレード2にライドした状態で敗北。《シャドウパラディン》というクランごと「デリート」されてしまうことになった。
その状態でカードキャピタルに現れ、伊吹コウジの存在を面々に知らせ警告する。

なお、彼の名誉のために付け加えておくが、伊吹の使用したカード威圧する根絶者 ヲクシズ
その効果はグレード2にデリートした場合非常に強パターンを形成できるため、レングレード3にライドできずに敗北するという状況も納得のいくものだった。正確なファイト状況は不明だが、少なくとも相手が伊吹コウジであれば実際戦術パターンとしてありうる事態である。

続編(第5期~) 「カードファイト!! ヴァンガードG」

G1期の時点でヴァンガード普及協会ドラゴンエンパイア支部のイベントに顔を出しているのが確認できる。
台詞はないが、主人公新導クロノ達の作った「ドラゴンエンパイア焼き」を購入して食べ歩いていた。
後にイブキー伊吹コウジ名により、神崎ユウイチロウの退した同協会のユナテッドサンクチュアリ支部の支部長に就任している。

本格的な登場はG2期「ギアースクライシス編」。フーファイターのノウハウを同支部の運営に流用し、同期ユナサン支部はヴァンガードに打ち込める場所として成功を収めている。とはいえ、支部長としての仕事をしているのはどテツだが・・・。
一方で、彼がユナサン支部長に就任したことで、彼のカリスマ性に惹かれた人間はユナサン支部に行ってしまい、校の福原高校ヴァンガード部の人材までついてきてしまったことで同部は結果を残せなくなり、フーファイター下にも関わらず部寸前になってしまうという事態をG4期「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」の裏設定にて招いていたことが明かされている。罪作り。

やはり他のレジェンドファイター同様伊吹コウジと繋がりがあったようだが、伊吹の思い通りに動くのは癪ということで、Gクエストの制覇基準点「ジェネレーションマスター」に王手を賭けたチームトライスリーに対し、「ユナサン支部のGクエストで優勝したらご褒美をあげる」と言い残し、同支部のGクエストで初めてレン本人が「チームAL4」の大将として参戦、予選を勝ち抜いたトライスリーに立ちはだかる。
チームトライスリーvsチームAL4」戦は特殊ルールリレーションファイト」で行われる。先鋒は5ダメージ中堅は3ダメージを受けると盤面と手札をそのまま後のファイターに引継ぎ交代し、デッキは各々のものに交代。交代したファイターは初期手札5枚に加えチームメイトの残した手札・盤面で戦うことになる。3Dバトルシステム「GIAS」を使用しているからこそ問題なく実現可な特殊ファイトである。その戦略により矢作キョウ鳴海アサカ両名が残した大量の手札を抱え、大将としてチームトライスリーの前に立ちはだかる。
以降も「Plan.G」を始めとした対明神リューズの頭の一人として動いているが、外遊調のためユナサン支部をテツに任せ外出していたため、支部長ユニット召喚による惨事に巻き込まれなかった。代わりにユナサン支部は破壊し尽くされ、テツが負傷したが・・・。

漫画版

漫画版においては、櫂との出会いの経緯がまた違うものとして描かれている。それについては後述。
アニメ同様フーファイターの首であり、義の父親家庭内暴力を受けていたという過去が描かれていた。

その後アジアサーキットにて好成績を収めている描写が存在し、アイチ高校生に進学した後の話では3期に準拠した様子が描かれている。
櫂とも良好(?)な関係を築くことができたようで、とある事態が起きた際、櫂の自宅に泊まり込んでいる。(最初櫂は拒否していたが)

ちなみに、アイチ高校生編で立凪タクトと相対した際、作中初めて一人称「オレ」を使用している。

特徴的なセリフ

(※回想(中学生時代)セリフは色を変えています)

  • は──店員ではありません。……ああ、お客でもありません。……ウルトラレアでもありません
  • ヴァンガードファイトはいいですよね。
     相手に怪をさせることもなく、粋がる必要もなく、ただただ勝ち続けることが出来るのです
  • 君が切り札になりそうだね…
  • いいですねぇ、その眼…
  • ね? 言ったとおりでしょう…には見えるんです──全てが…
  • 君もそこそこやるようですね。でも、には敵わない…絶対にね
  • 当然だよね、ウフッ
  • ようやく見つけましたよ、櫂。ずっと探していたんですよ、の前から消えた時からね。ずっと──ず~っと
  • そう、君はこのチームに──櫂にふさわしくない…
  • これからもどうぞ駄な努を頑ってください
  • 別に
  • イメージしたまえ
  • ん~…確か彼は“コイツ”なんて名前じゃなかったですよ
  • THE』かぁ…かっこいい!
  • 櫂…は…強くなったでしょう…?
  • は、“何してるの”さんではありません。“そうじゃなくて”さんでもありません
  • 「もったいないおばけが出ちゃいます~」
  • 「ンフッ、面い! ゾクゾクします…!!」
  • 「最高でしたよ! ハイっ、んべー!」(と言いながら、あっかんべーをする)
  • 「こうしてを閉じていると聞こえてくるんだ…食材がどう料理してほしいかって」(野PSYクオリア
  • うぃ~、むっしゅ♪」投げキッスの仕をしながら)
  • 「はーい、か~いさん(解散)
  • のすべてのを受けきれるのは──やはり君しかいないのだから」
  • は王じゃない。どこにでもいる、ただの普通カードファイターです」
  • け、憤怒哮! テツ幻想を打ち砕け!
  • オーバーロード──その名こそ、ディス イズ THE 櫂トシキ。魂のユニット!」
  • 「君と戦うことは、の最高の悦楽なんだ!!」
  • 「う~ん……考えすぎて頭が痛いです~」
  • 「その場所で君が何を見て、何を判断するのか──はそれを楽しみにしていますよ」
  • 「『メイト!』──だそうですよぉ」 アサカ「レン様、モノマネお上手~
  • 「ブシロ~ド(※『奈落の撃退者』『The Dark“Ren Suzugamori”』CMナレーション
  • 「見せてあげましょう。闇より深きの“Dark”を―」(『The Dark“Ren Suzugamori”』CMナレーション
  • PSYクオリアゾンビ・・・だっけ? そんなのどうでもいいよー! めんどくさ―――い!!」漫画版)

変態めいたねっとりとした痛々しい厨二病的な妖しい言い回し、もしくは電波天然あざとい爛漫な発言が全体的に立つ。
特に、初登場した第23話における「君が切り札になりそうだね…」「いいですねぇ、その眼…」などの発言は、アイドルイラストが描かれたカードや対戦相手の女性をニヤケ顔で眺めながら為されたものだった為、初登場にして即「コイツ変態キャラなのではないか?」と囁かれていた。

ちなみに「『THE』かぁ…かっこいい!」は、櫂が後江から引っ越した後の時期の回想(第49話)内で、スタンドアップ時に「THE」を付けてこの頃から既に厨二病を患いファイトする櫂にレンが感銘を受けて言った台詞である。その厨二病が伝染したなのか、レン自身もこれ以後「THE」を付けファイトするようになった。

爛漫な発言は、第1期ではほぼ回想シーンのみだが、第2期以降は割と普通に聞けるようになる。中でも第2期は天然発言の率が最も高く、PSYクオリアおよび櫂トシキレンに与える影の強さをめて思い知らされる。
なお、第3期終盤において、第1期でのヤンホモ闇堕ち時代を彷彿とさせるねっとりした言い回しが復活した。もちろん内容は櫂トシキに関わる発言である。
 

このデッキで世界を手に入れちゃいましょうか

23話にて≪バミューダ△≫と≪オラクルシンクタンク≫の混合デッキを使用。
アイドルシスター妖精などを集めた女性ユニットばかりのデッキで、本人く「プレイヤーの手腕が問われるデッキ」(1体だけクランには関係ないらしきカードが混ざっていたが、一応女性ユニットである)。ただし、このデッキウルトラレアにより貸し出されたもので本人のデッキではない。

本来使用するクランは、≪シャドウパラディン≫。
ロイヤルパラディン≫の一部に渦巻いていた負の感情を支配し、奈落竜が創設した、ユナテッドサンクチュアリの第3勢。かつては騎士団に所属していたユニットたちが多数を占めるため、ロイヤルパラディンと対になるユニットが多く存在する。
アイチが『ブラスター・ブレード』を「の分身」と呼ぶのに対し、レンは『ブラスター・ダーク』を「が分身」と呼ぶ。

ロイヤルパラディンと同じく、サーチやスペリオルコールできるを持ったユニットが多いため、安定性や展開に優れている。しかし、シャドウパラディンはその展開したユニット仲間)を犠牲にすることでを得る、ロイヤルパラディンとは逆の戦い方をするのが特徴である。

第2期 「アジアサーキット編」

封印された≪ロイヤルパラディン≫≪シャドウパラディン≫≪かげろう≫の英雄を解放するために立ち上がった騎士団≪ゴールドパラディン≫で構成されたデッキを使用。
所属しているユニットの中には、かつてロイヤルパラディン及びシャドウパラディンに属していたユニットも存在する。

第2期では使用するクラン先導アイチと同じになり、使用するカードもいくつかは同様だが、レンの使うユニット仲間を退却させることで効果を発動する、シャドウパラディン特性に似たものを多く使う。

また、第82話ではテツから≪ダークイレギュラーズ≫のデッキ、第85話では先導エミから≪バミューダ△デッキマケミ森川カツミからG3デッキを借りて使用。デッキを変える理由として、レンは「他に自分に相応しいクランがあるんじゃないか」「他人のデッキを使うことで自分のデッキが見えてくる」と持論をミサキっている。

第3期 「リンクジョーカー編」

使用クランは、第2期では虚無(ヴォイド)によって封印されていた≪シャドウパラディン≫に戻っている。
ただし、第1期では「ブラスター」を中核に据えたデッキだったのに対し、第3期では新たに「撃退者(リベンジャー)」の名を冠するユニットを中核に据えたデッキ構築となっている。構築基盤はトライアルデッキ奈落の撃退者』。

既存の≪シャドウパラディン≫と同様の動きをするが、「撃退者」は≪ゴールドパラディン≫の「解放者(リベレイター)」や≪なるかみ≫の「抹消者(イレイザー)」などと同じように発動の条件で名称を参照するものが非常に多く、基本的に構成は「撃退者」を名前に含むカードで固めることになる。
よって、デッキ構築の自由度は従来よりも低くなる一方、名称を中心とした構築にすることでの発動が容易となり、デッキの安定性も増す。

第4期 「レギオンメイト編」~劇場版「ネオンメサイア」

第3期から引き続き、「撃退者(リベンジャー)」の名を冠する≪シャドウパラディン≫で統一されたデッキを使用する。
ブラスター・ダーク』を己の分身としてデッキに加えている点も以前と同様。第4期以降は新双闘」も駆使して戦う。

G2期(通算第6期) 「カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編」

本作では既に「レジェンドデッキ」という形で登場していた“Diablo”名称中心の≪シャドウパラディン≫を使用。『ブラスター・ダーク』が初めてグレード3となった『ブラスター・ダークDiablo”』を所持している。

 

よく使用するカード・切り札

見せてあげます…この素晴らしい戦績を

アニメ本編で勝敗がはっきり描かれている対戦成績のみを挙げる。
通算戦績は、15戦10勝5敗(第175現在)。

対戦相手 勝敗数 話数
コーリン 1勝0敗 第23話
光定ケンジ 1勝1敗 第33話
第82話
新城テツ 2勝0敗   ○第49話 ※1
第133話-第134話
櫂トシキ 1勝2敗 第57話-第58話
第158話-第159話
第175話
先導アイチ 2勝1敗 第63話-第64話-第65話
第80話-第81話
第123話-第124話
戸倉ミサキ 0勝1敗   第85話 ※2
立凪スイコ 1勝0敗 第129話-第130話
鳴海アサカ 1勝0敗 第131-第132話
蒼龍レオン 1勝0敗 第139話

(※1 第49話の対新城テツ戦は回想シーンでの対戦。)
(※2 第85話の対戸倉ミサキ戦は、借り物のデッキを使ってレン彼女の特訓に付き合った際の練習試合である。)
 

『余談』かぁ…かっこいい!

櫂トシキとの関連性とPSYクオリアについて

チームフーファイターは元々雀ヶ森レン新城テツの2人しかいないチームで、彼らはヴァンガードチャンピオンシップに出場するために、ずっと3人ファイターを探していた。そんな時、同じクラスに転入してきた櫂トシキと出会う。レンは櫂を気に入り、実も確かなことから彼を勧誘した。
櫂と出会ってからは、彼がファイトする時に使う「THE」や「ファイナルターン」等の台詞真似して使うようになる。

過去レンは初登場した時のようにのほほんとしていて、どこか抜けた性格だった。まだPSYクオリアが発現していなかったことと、顔立ちに幼さが残る頃だったこともあり、徹子ではなく天使であった。

しかしある日突然PSYクオリア覚め、雰囲気も言動も尊大で挑発的なものに様変わりしてしまう。天使から現在の徹子へと変貌である。どうしてこうなった
このレンの変わりように櫂は反発し、チームフーファイターを抜けることとなる。

また、この頃からブシロード本社フーファイター本部のビルの建設も始まった。その大な資はいったいどこから出たのか考えてはいけない。

元々レンは、櫂やテツとずっと一緒に入られるのなら実がないままでもいいと思っていたが、櫂の強くなろうする想いに応えるため、自分も強さをめるようになる。
“自分が強くなれば、3人でずっとファイトできる。全大会にも行ける。”
──そう信じて強くなろうとした結果、 PSYクオリア覚醒してしまうことになった。

櫂がチームから去った後は、自分を捨てたと思い込み、櫂を強く憎むようになる。そしてレンPSYクオリアを振るい、自分の正しさを明するためにひたすらファイトに明け暮れた。その結果、レンに魅せられた者たちが集まり、フーファイターは総勢500人をえる組織となる。(このことがられた第57話にて、一立凪タクトが映っているのが確認できるが、詳細は不明)

日が経ち、の全大会にてチームQ4の予選敗退後に櫂と再会。「もしも君がに謝ると言うのなら、は──」と櫂に話を持ちかけるが、拒否される。

の全大会決勝トーナメント初日を終えたレンを救うためにフーファイター本部へ乗り込んできた櫂とファイト
櫂は新たな切り札『ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド』にライドし勝負を決めようとするが、レンはこれを防ぎ、次のターンファイナルターンを宣言。スイコから貰い受けた『ファントム・ブラスター・オーバーロード』のペルソナブラストによって勝負がつく。ファイト後、レンは「達の関係はあの日終わった。もう戻ることは…ジ・エンド」と櫂との関係に終わりを告げた。

ちなみに先導アイチに対しては、全大会でこそ八つ当たりから暴言(敗北したアイチに「何もかも、君のせいです」等)を吐いていたが、アイチPSYクオリア覚めてからは、彼のの更なる増長を促すためにカードショップPSY構築のために相当出費したと思われる自身のシャドウパラディンデッキを渡したり、(おそらくPSYクオリアで)離れた場所から呼びかけるなど、逆にアイチをこちら側に引き入れようとするかのような行動を取っている。
これも恐らく、自分のの正しさを明するがために行ったと思われる。(しかし、アイチは櫂とのファイトによって自分がやりたかったファイトを思い出し、PSYクオリアを使わないことを決意したため、レンとは違うを進むこととなった)

大会決勝戦にてアイチファイト。お互いの分身である『ブラスター・ダーク』と『ブラスター・ブレード』にライドし、序盤からしい攻防を繰り広げる。
レンは自分のPSYクオリアが更に強くなっていることに高揚するが、アイチに溺れたレンのようにはなりたくないと、PSYクオリアを使わないことを宣言。そんなアイチレンは「君が最も忌み嫌う存在、君自身を変えてあげよう」とイメージの中で彼をいたぶり、櫂を貶し、彼のPSYクオリアを発動させようとする。昂したアイチPSYクオリアを発動させ、再びに飲まれかけるが、櫂の必死の叫びによって何とかを押さえ込む。それを見たレンは面くないとファイナルターンを宣言。櫂を打ち破った『ファントム・ブラスター・オーバーロード』のペルソナブラスト勝利を確信するが、ギリギリのところで耐えられてしまう。そして次のターンアイチがライドしたと影の戦士マジェスティ・ロードブラスター』の一撃によってレンは遂に敗北する。
イメージの中、アイチレンの手を取る。そのアイチレンは昔の櫂を見た。自ら櫂との関係に結末をつけたが、雀ヶ森レンにとって櫂トシキという存在は大きなものであり、忘れられないものであった。ファイト後は、アイチや櫂との再戦を望みながら、晴れやかな表情で会場を去った。

ちなみに漫画版においては、櫂と仲間でいた描写はなく、櫂を倒すべき標にしていた節がある。

「徹子ォ!」と「貞子ォ!」と「ホストォ!」について

彼が登場する度に流れる弾幕「徹子ォ!」とは、OP『Vanguardサビ手前の歌詞「3・2・1 Let’s Go!」の部分が空耳で「徹子ォ!」と聞こえ、そのタイミングレンが登場することに由来される。

34話でOPが変更され、ようやく「徹子」と呼ばれることもくなる……かと思われていたが、そんなことはかった。
新OPBelieve in my existence』で彼が登場するカット歌詞である「きっとらは (Stand up So) 負けない」の英語の部分が、空耳で「貞子ォ!」と聞こえてしまうのである。

更に、第3期「リンクジョーカー編」へ突入した第105話以降では、レンは上述の通りブレザー制服を着用しており、ニコニコ生放送内にてレンの出で立ちを見たアイチの中の人が「帰りのホストみたい」と評した。
そして案の定、それを見た視聴者らの手によってまたしても、第3期OP『Vanguard Fight』でレンが登場するカットに、今までの「徹子ォ!」「貞子ォ!」に倣った新たな弾幕ホストォ!」がつけられることになってしまったのだった……。

彼が登場するたびに「徹子ォ!」「貞子ォ!」「ホストォ!」と弾幕が流れるのはもはや恒例となっている。

……余談だが、第3期でレンが率いるヴァンガード部の面々がアサカ・スイコ・テツと作中でも屈BBAもしくはおじさん大人びている顔触れであり、を基調としたお落な制服効果も相俟ってレン福原高校ヴァンガード部はぶっちゃけホスト部にしか見えない。(※ヴァンガード部です)
 

この関連動画もカッコかわいいと思いません?

THE 公式配信

その他


 

僕には見えるんですよ、関連商品が…

※画像はイメージです。
 

いいですねぇ、この関連チャンネル…


 

君達と話し合いたいものだね、関連コミュニティについて


 

THE 関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%80%E3%83%B6%E6%A3%AE%E3%83%AC%E3%83%B3
ページ番号: 4691355 リビジョン番号: 2421255
読み:テツコ
初版作成日: 11/08/04 20:22 ◆ 最終更新日: 16/10/26 01:10
編集内容についての説明/コメント: GNEXTの裏設定に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


流し眼ホストォ!

沢尻徹子さん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雀ヶ森レンについて語るスレ

216 : ななしのよっしん :2015/10/01(木) 21:32:10 ID: YKUJEZDaIy
ユナサン支部長の後任らしいけど、どうもこの人が支部長になると間違いなく苦労しそう
行動とかがあのドラエンのおっさんに近いというかなんというか
217 :   :2015/11/10(火) 08:47:19 ID: eVcJDd9VSr
テ、テツさんがいるから大丈夫・・・
218 : ななしのよっしん :2016/02/07(日) 10:47:46 ID: 4xga67+UZE
来週ユナサンだけど、トライスリーに負けんのかなぁ…
作中最強格だしあんまりあの3人のかに負ける姿を想像できない
219 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 10:39:01 ID: hlqrKjNZgn
リレーションファイトって形式にしたということは、作中最強格のレンを相手に3人でかかってこいって感じなんだろうね
トコハは相当消耗したからこれ以上は厳しいとして、それでもシオンクロノの二人がかり、しかもキョさんアーちゃんが残した潤沢な手札を削りきらなきゃいけない
互いに格を落とさず、ファイトとしての性も保ちながら戦うという意味では悪くない落としどころだと思う
220 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 12:14:22 ID: POqBdQuSh7
久しぶりに見たら、ますます禁書クロスさせたくなった
ALの4人は全員禁書声優(あーちゃん超電磁砲キャラだけど)だから声優ネタもできるし

話的にはレンユナサン支部の支部長としてアサカ、キョウを連れて学園としにいくとか……
姫神と吹寄あたりかな?関わりを見るとしたら
221 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 22:16:32 ID: BFg0NbL/Hs
おお!更新サンクス
レンも伸びて、性格もほんの少し落ち着いた感じだったし、よりいっそうカリスマ度増したような気がする
相変わらずなところは相変わらずだがw
しかしトコハ、不思議な人って的確すぎてワロタ
ファイトでの活躍がく見たいなあ…来週が来い
222 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 14:17:35 ID: 2Tb3zlteAo
最初からGB2を達成してる&手札が大量にあるシャドパラの越にこぎつければ何でもできるって面を恐ろしいぐらいに示したファイトだったよね…
223 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 09:30:12 ID: ci0obWxR6Q
破壊されたユナサンの再建と引き続きのリューズ捜索で手一杯になりそうだし
今期は出番なしかもしれんね
224 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 11:08:39 ID: BFg0NbL/Hs
すごく今更だけど、AL4でラインしてるの可かったし、あのスタンプほしい
225 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 02:54:36 ID: pYSHwGsADF
一般的に不評と言われてるレギオンメイト編ですがレンファイトした回はファイト内容がいつもより練られ、だるだるだったテンポや演出が引き締まるというの補正がかかっていたから色々怖い
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス