雁木囲い単語

ガンギガコイ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

雁木囲いとは、将棋の戦の一つである。ハチワンダイバーで有名なアレ

後手 先手

雁木の基本戦術:右四間飛

概要

江戸時代棋士、桧垣是安(ひがき これやす 生没年不詳 五~六段格)が創案したと伝えられている。
囲い名の由来は地帯の建築様式「雁木造り」から。
避けのために長く突き出した屋根が雁の連なり飛ぶ形に似ていたため「雁木」と命名されたという。

この囲いは歩が連なって長い屋根ができることから上記の造りが連想されて雁木囲いの名称が付けられた。

雁木は飛で一気呵成に攻めきる抜群の破壊が魅の戦法である。
ただし横からの攻めには滅法弱く、攻め駒を切って相手に渡しただけでも自をあっという間に食い破られるため終盤まで攻め・受けともに間違いは許されない。

現代ではより強な囲いや戦法がたくさんあるため、プロ棋士の間でされることはごくまれとなっていた。渡辺明竜王の見解では雁木勝率は3割程度だという。
しかし近年コンピューターによる定跡の解析が進み、それまでの評判以上に柔軟で強形である事が判明した。最新の流行であるため一般向けの解説や研究はまだ少ないが、矢倉の動く余地があることがキモとなっている様子。そのためプロ同士の対局では矢倉が減少し、代わりに雁木が積極的にされることが多くなっている。

初心者が扱うにはシビアな面が多いが、その分雁木好者はこだわりを持って今日も盤面に挑み続けている。

主な戦い方

※説明上の都合により受けを視した盤面となっております。
実戦では手抜きせず(飛先を切る、端歩の受け、寄り、玉を7九~8八へ囲う等)適切な駒組みを行ってください。

  • 右四間飛
    4五歩の突き捨てから3七と跳ねるのが定跡
    相手のが止まっていたり、相手玉が自筋に入っているならば6五歩と上げてを通す。
    歩で飛先が重くなりがちなので好形が作れたら一気に捌いて相手に食い込みたい。
    6、7、8筋あたりにちょっかいをかけられた後6六と打たれるのはもはやパターン損は確実なので視できる攻めを作ろう。
 

  • 三手
    6筋の位を取られが開けにくい場合の展開方法。
    1筋の端歩は必ず前もって突いておくこと。
    手損のリスクを背負ってまで持ってきたが追っかけ回される悲劇ったらない。端歩居飛車の税
    攻めは右四間飛とほぼ同じ。の通りが反対な点だけ注意。
    がいなくなった8、9筋は脆い。7七と跳ねて守りを整えておくと良い。
 
 

  • 盛り上がる雁木 ※この駒組みだけが定跡という訳ではない
    相手にうまく展開され、こちらの飛は抑えられ、と右辺から攻めづらいなーという場合の策。
    6、7筋あたりから歩を突いて金銀でガシガシ上がっていく。
    それだけだと効果は薄いので三手、右四間飛をのぞかせながら攻めよう。
    相手の飛をうまくいじめ回して狭いところに追いやれば勝ったも同然。
 
 

  • 雁木右玉
    雁木の弱点である居棒銀から自玉を予め遠ざけておく戦法。
    4七から3八玉と囲うことでより防御が増す。
    下段飛は守りに活用し、相手の飛成りを防いだり終盤の打ち駒を払ったりする役となる。
    左辺から乱戦を起こして相手の攻め駒を逆に追い立てていくことができるのが強み。
    とは言え全体的に駒が浮いているので過信は禁物。
 
 

  • 振り飛車雁木
    相手が振ってきた飛から自玉を守る戦法。
    通常の雁木よりも金銀の連携が良く、横からの攻めにも一定の強さを発揮する。
    好形を作って振り飛車の意味をなくしてしまえば単純に相手の手損となるので作戦勝ちと言える。
    弱点は左辺全て。
    特に玉とが接近しているため非常に危険な受けを強いられる。
 
 

関連動画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%81%E6%9C%A8%E5%9B%B2%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雁木囲い

18 ななしのよっしん
2017/10/28(土) 11:46:11 ID: Z5VcWPuxHI
竜王戦第二局で羽生さんが雁木を採用。
19 ななしのよっしん
2017/10/29(日) 21:33:27 ID: Ohi39jmLF0
>>18
ちゃんと勝ち切ったね
20 ななしのよっしん
2017/10/29(日) 22:10:04 ID: 2yFtX5V8Cw
雁木の時代が来るとはが予想できただろうか
21 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 02:29:38 ID: JhslFLK655
そろそろ本文にツノ雁木追記が必要そうだな
22 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 10:01:25 ID: MDPpfJiHzY
雁木が勝った!
二こさん,歓喜!
23 ななしのよっしん
2018/01/29(月) 22:09:20 ID: NYYV8/EvoO
プロ読みしすぎだろ
24 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 05:42:11 ID: l344zvtLNP
ハチワンでしか知らなかったのに
25 ななしのよっしん
2018/04/02(月) 14:26:44 ID: WE+kDzODmE
近年コンピュータ将棋が多用すると共に、2017年からプロ間でも相矢倉減と共に頻繁にされるようになった~的なことを書いてもいい気がする。
26 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 00:29:51 ID: 6U7SVRrm7L
地球代表と将棋人の対局も相雁木だったし
雁木もっと増えそう
27 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 00:28:55 ID: XvyrFyMu6U
2017年全盛期で、2018年以降は選択肢の一つ程度の扱いだね
下火になりつつあるけどこのまま数年後も有戦法の一つとして定着出来てるのかどうか
矢倉矢倉で形を変えつつ復活してるしね