雌阿寒岳単語

メアカンダケ
あかんだけ
雌阿寒岳
Mt. Meakan
標高 1,499m
所在 北海道
    釧路市
    足寄町
山系 カルデラ火山
種類 成層火山
火山ランク ランクB
噴火警レベル 1(活火山であることに留意)
登山適期 5月中旬~10月中旬
特記事項
日本国:山一覧

雌阿寒岳とは、北海道にある山。日本110座ある活火山の1つである。

概要

カルデラの外輪山にあたる活火山で、約5万年前から活動を続けている。最新の噴火は2006年(小規模噴火)に発生した。

寒岳」といえば、一般的にはこの雌阿寒岳のことをす。古くはアイヌ語で「マチネシリ(女の山)」と呼ばれており、北東に聳える寒岳(ピンネシリ=男の山、1,371m)とは対になっている。また雌阿寒岳の南麓には富士(1,476m)があり、雌阿寒岳に登る途中に寄りできる。

ここ1万年間は大規模な噴火が起こっておらず、付近に住民が入植した1900年代以前は噴火の記録もい。しかし、火山活動は依然として活発であり、気象庁は雌阿寒岳を常時観測火山定し、24時間体制で監視を続けている。

阿寒カルデラと阿寒湖

マリモで有名なは、約17~15万年前の巨大カルデラ噴火によって生まれたと推測されている。

雌阿寒岳の噴火活動で一時的に埋め立てられたが、中央火口丘にあたる雄寒岳の噴火によって再び形成される。なおも雄寒岳の噴火は続き、の一部が分断されてペンケトー(アイヌ語で「上の」)とパンケトー(「下の」)となった。

この他にも雌阿寒岳の噴火によって生まれた堰止があり、こちらはオンネトー(「年老いた」)と呼ばれている。

登山コース

雌阿寒岳の登山はよく整備されており、標高差も少ないことから初心者家族連れでも登りやすい。

ただし、雌阿寒岳は活火山であることに留意しなければならない。日帰りでも登山届は必ず提出すること。

登山 起点 距離 時間(安) 難易度 備考
温泉コース 温泉 3.0km 登り:2時間
下り:1.5時間
初級 一番人気ルート
頂上付近はガレ場
オンネトーコース オンネトー野営場 4.3km 登り:2.5時間
下り:1.5時間
初級 温泉コースより傾斜が緩い
富士へ寄りできる
フレベツコース フレベツ林道登山 5.5km 登り:3時間
下り:2時間
初級 較的いているルート
難所も特になく登りやすい

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%8C%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雌阿寒岳

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 雌阿寒岳についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!