雛鶴あい単語

ヒナツルアイ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

雛鶴あいとは、白鳥士郎による小説りゅうおうのおしごと!」の登場人物である。
担当声優アニメ版、ドラマCD版共に日高里菜

概要

初登場は小説版第一巻から。
漫画版は第一巻、第一譜「クズの恩返し」から登場する。

登場時点での年齢は9歳。2007年10月7日生まれ。
同作の主人公九頭竜八一竜王戦第七局の舞台となった温泉宿「ひな」の一人
八一のタイトル戦を見て将棋覚める。

この時、八一が「タイトルを獲ったら何でも言うこと聞いてあげる」という、やっぱりロリコン何じゃないかと思える約束をしてしまったために、将棋子となるために八一の元へとやってきた。

性格は普段は温厚で明るく、料理上手。
しかし、八一に対して異常な程の情を持っており、作中でも飛び抜けて嫉妬深く、ヤンデレっぽい言動が多々見える。
原作者がツイート(linkexit)にて「好きなものには異常なほど執着する…そういった性格が、勝負師としての才に繋がっているのです。」とのこと。それ故に八一と同居という望みがかなった際に、棋が落ちることがあった。空銀子く「弱くなっているわよ。アイツ」。え?それってつまり、あいが強くなり続けるにはゴニョゴニョ・・・

また、棋士として重要な「負けず嫌い」な面も持っている。

棋風

詰将棋を中心に勉強を行っていた影があってか、非常に終盤が高い。

その反面、定跡の勉強が不十分で、序盤や時間の使い方に難あり。
定跡だけでなく、盤外戦術にも弱く精的に未熟な面が大きい。

肩書・段位

竜王子→研修会D1(3巻)→研修会C1(5巻)→女流2級(6巻)→女流1級(10巻)→女流初段(10巻)

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%9B%E9%B6%B4%E3%81%82%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雛鶴あい

54 ななしのよっしん
2019/02/17(日) 12:42:44 ID: cqRzKmx8vX
10巻でようやく強キャラっぽい活躍出来たが、
衣にべて棋に明確な差がある」「衣がいる以上、あいがタイトル挑戦者になるのは極めて難しい」
ついに八一からられてしまったか、そりゃそうだよな。
しかも大半のタイトルホルダーとの相性も悪いとは…。

今回で強さが頭抜けたっぽいからこれで衣と互になれるんだろうかね。
55 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 00:42:06 ID: 0RIFhfMgzt
いや将棋そろそろさせ
に存在意義がなくなりかけてるぞお前
56 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 02:42:52 ID: 3XMwlFoVHe
>>54
とりあえずどっちのあいもこれで奨励会2級相当に勝ったとは言えるけど
その後1級に上がってるのほうがさんより強そう
あいが衣を追い越すにはやっぱ釈迦先生に勝たないとだめかなあ

そして3段という場所にいる姉弟子がどれだけ別格か
57 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 07:23:48 ID: 8qCuDC3M6i
さすがに人すぎて感情移入しずらい。
はしてるのだろうけど他の人がかなり時間かけてたどり着いた
ほんの少しの時間でたどり着いてる感じがしてな。
58 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 12:05:51 ID: qV8j8HbuCR
>>57
そういう部分は八一と共通しているよね。中学生プロになって1年竜王
今回の逆転劇も展開的には3巻の山伐さんとの対局と被る部分があるよね。
圧倒的劣勢を驚異的な終盤でひっくり返した。
59 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 17:58:40 ID: DKTkL9XFdN
いってみりゃその才の片鱗をようやく顕著に示すことができただけであって、本格的な覚醒は未だにしていない…ともいえる
感情移入し難いのは、まぁ作者の狙い通りなんだろうな
「人としては魅的(青天井の優しさ等)だが棋士としては非情」
その点、確かに八一と全く同じで、主人公ながら絶対的才を持つむしろ共感を著しく排したキャラとしては、作中一貫している
そこがこの作品の面いところでもあるわけで
10巻はどちらかというとJS研が中心だったわけだが、以前にも書いたように次にあいにスポットライトが当たる時は作品のクライマックスになる可性が高いので
今回のあいのキャラ描写は、順当な持って行き方なのだと感じる
60 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 18:44:53 ID: xB4Tse0iZV
対局相手、新しいJSではなかったけど新キャラではあったな
そしてその新キャラの煮詰め方もさすがの白鳥クオリティーであった
現実では「AIえた一手」と称された7六天使に例えられるあいの」に絡めて「を飛ぶ一手」であることを強調した描写なんかも、工夫を感じたね
次の相手はクイーンか、楽しみだな
61 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 22:29:11 ID: cqRzKmx8vX
ヒロインとしての格がどんどん離されてるんだけど…
というか、普通に考えたらもうあいちゃんと結婚エンドはもう理‥‥いや、まぁ最初からいだろうなとは思ってたけどさ。
もう将棋姉弟子にリベンジするくらいしかいのでは。
その姉弟子も今回でめっちゃ強くなったっぽいから容易じゃなさそうだが。
62 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 01:55:08 ID: CVaIXx8OxL
JSが内子になるってのは小説を売るためのキャッチーな設定であって、師が結ばれるENDというのはあまり想像できないな。
姉弟子と結ばれたのなら、ここからんでも上手く折り合いをつけてあいが独り立ちする展開になるんじゃないかと予想。
女流タイトル獲得ぐらいで物語完結しそうだけど、プロ棋士になって師対決で師匠を打ち負かすのもあるのかな。

は巣立ち、は恩返しをするものだから。
63 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 22:08:26 ID: CVaIXx8OxL
11巻までで地の文が雛鶴あい一人称られてる場面ってどないな。他の清九頭竜門下は全員一人称視点の文章が出っているが、
あいの一人称視点なのは4章プロローグぐらいで、自問自答の内心描写があるのも10巻の岳滅と対決しているときぐらい。
基本的にあいの描写は他の一人称視点三人称視点(いわゆる視点)になってる。

他人視点では天才、優しい、独占欲の強いストーカー気質という評価はされてるけど、
自己評価や八一、子、衣らのことをどう思っているのかがあまり分からない。

アニメコミックオリジナルの内心描写があったけど、原作でもそのうち書かれるのかな?